春植えにおすすめの多年草・宿根草12選!ほったらかしでも毎年咲くのは?

春植えにおすすめの多年草・宿根草12選!ほったらかしでも毎年咲くのは?

多年草・宿根草は、地植えにすると放任でも増える手入れのいらない草花です。ガーデニング初心者にもかんたんで育てやすいためおすすめです。まずは庭の花壇に春植えの花を植えてみませんか?春植えにおすすめの多年草・宿根草、ほったらかしでも毎年咲く花をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.多年草と宿根草とは?
  2. 2.春植えにおすすめの多年草・宿根草12選
  3. 3.春植え多年草・宿根草の魅力
  4. 4.春植え多年草・宿根草の手入れのポイント
  5. 5.まとめ

春植え多年草・宿根草の魅力

パンジーやペチュニアなど一年草の多くは、開花時期が長く華やかな花ですが、開花時期をすぎると枯れてしまいます。苦手な季節を越せないため、枯れた苗を処分し毎年新しい苗や種を植える必要があります。しかし、多年草・宿根草は新しい苗や種を買って植える必要がなく、手間と経費がかかりません。一度植え付けると数年間も枯れずに育ち、ほったらかしにできるのが多年草・宿根草の魅力です。

ボタニ子

ボタニ子

ガーデニングは肥料や土にもお金がかかります。多年草・宿根草は苗を買う経費を節約ができるのがいいですね。

春植え多年草・宿根草の手入れのポイント

草花が1年中咲く花壇に憧れませんか?多年草・宿根草は、植えっぱなしでも毎年咲く丈夫な植物が多いです。特に春植えの草花は、暖かな日差しを受けて大きく育ち過ぎてしまうことがあります。育て方がかんたんでガーデニング初心者におすすめですが、少し手入れをして魅力的に育てましょう。そこで春植え多年草・宿根草の手入れのポイントと植え付けの注意点をご紹介します。

手入れのポイント

  1. 鉢植えの場合は、根詰まりを起こすため2~3年に1度植え替えをしましょう。
  2. 繁殖力が旺盛なため、増えすぎたところは剪定をしましょう。
  3. 密集して蒸れているところは、すいて風通しをよくしましょう。
  4. こまめに花がらを摘み、見た目をきれいにしましょう。

多年草・宿根草を植える時の注意点

毎年芽を出す宿根草ですが、宿根草ばかり植えてしまうと、冬は殺風景で寂しい花壇になってしまいます。一年草や二年草を組み合わせ開花時期の異なる草花を植えると1年中咲く花壇になりますよ。常緑のローズマリーのように草丈の高いものを奥に植え、手前に草丈の低い花を植えるとバランスよく仕上がるでしょう。宿根草を植えたところには園芸用ラベルを立てておくと冬の間も管理しやすいです。

まとめ

Photo byPublicDomainPictures

ほとんど手入れのいらない多年草・宿根草は、初心者にガーデニングの楽しさを教えてくれる草花ではないでしょうか?初心者にとって、水やりや肥料のタイミング、剪定の有無など難しい点を省けて、ほったらかしにしても毎年咲いてくれるとうれしいですね。日差しの暖かくなる春はガーデニングを始めるチャンスです。まずは春植えの多年草・宿根草で玄関前に小さな花壇をつくってみてはいかがでしょうか?

sacchi
ライター

sacchi

たくさんの植物に囲まれて育ちました。香りや味、手触りなど植物の様子を細かく伝えられるように頑張ります。

関連記事

Article Ranking