世界の国花(40ヶ国)まとめ!日本や世界各国の国花・国樹を一覧でご紹介!

世界の国花(40ヶ国)まとめ!日本や世界各国の国花・国樹を一覧でご紹介!

「世界の国花」にはどんな花があるのかご存じでしょうか。アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアの各国の国花を、こちらの記事でご紹介いたします。あわせて「世界の国樹(国木)」がある世界の国々についても書きたいと思います。

記事の目次

  1. 1.国花とは?
  2. 2.日本の国花は?
  3. 3.世界の国花① アジアの国花
  4. 4.世界の国花② ヨーロッパの国花
  5. 5.世界の国花③ アメリカの国花
  6. 6.世界の国花④ アフリカの国花
  7. 7.世界の国花⑤ オセアニアの国花
  8. 8.世界の国花をご紹介しました

トルコの国花は?

フリー写真素材ぱくたそ

トルコの国花はチューリップです。チューリップの原産地はオランダではなく実はトルコです。トルコから欧州各地に球根が渡り、希少種は投機目的で高額で取引されました。チューリップの語源はトルコ人のくちびるだそうです。トルコの首都はアンカラ。

チューリップの花束を作る方法!ギフト用におしゃれなアレンジ術もご紹介!のイメージ
チューリップの花束を作る方法!ギフト用におしゃれなアレンジ術もご紹介!
チューリップの花束をプレゼントされると女子ならみんな嬉しいものですよね。学生でも絵が描けるほどメジャーなお花、チューリップ。おしゃれな花束やアレンジメント、値段の相場やラッピング、ギフトについてもご紹介します。誰かに贈りたいときにぜひご一読ください。

イギリスの国花は?

Photo byJosch13

イギリスの国花はバラ、アザミ、水仙です。イギリスと言えばデビッドオースチンのイングリッシュローズが有名ですが、国花となったのはもっと以前。「ばら戦争」で勝利したランカスター家のシンボルだった赤いバラが国花になりました。イギリスの正式名称はイングランド。イギリスの首都はロンドン。

イングリッシュローズのおすすめ品種を色別にご紹介!人気の色はどれ?のイメージ
イングリッシュローズのおすすめ品種を色別にご紹介!人気の色はどれ?
イングリッシュローズの人気は年々高まる一方です。花の美しさや育てやすさはもちろん、色や特徴など種類の多さもその魅力の一つと言えます。おすすめのイングリッシュローズとはどんなバラか、ここでは色別のおすすめ品種とその魅力をご紹介します。
殿堂入りのバラ17種!世界バラ会議で選出された品種を一覧でご紹介!のイメージ
殿堂入りのバラ17種!世界バラ会議で選出された品種を一覧でご紹介!
世界バラ会議で選ばれる「殿堂入りのバラ」をご存知でしょうか。1976年から2018年までに選出された「殿堂入りのバラ」17品種すべての一覧と、それぞれのバラの画像と特徴、そして「殿堂入りのバラ」すべてを見られるガーデンをご紹介します。

ウェールズの国花は?

Photo bycongerdesign

ウェールズの国花はダフォディル。いわゆるラッパ水仙です。ウェールズの国民が象徴として選んだ黄色の水仙は、ウェールズの春の野に咲く代表的な花です。ちなみに、イングランドはバラ、スコットランドはアザミ、アイルランドはクローバーを国家の象徴としています。ウェールズの首都はカーディエフ。

フランスの国花は?

Photo byCouleur

フランスの国花はヒナゲシ、矢車菊、ヒナギクの3つです。フランスの国花はよく「ユリ」と「アイリス」と書かれていますが、それは昔のフランス王家の紋章に描かれているからです。現在のフランス国花ではトリコロールカラーの赤青白の花が象徴になっています。フランスの首都はパリ。

ヤグルマギク(矢車菊)とは?特徴や育て方をご紹介!種まきはいつ頃?のイメージ
ヤグルマギク(矢車菊)とは?特徴や育て方をご紹介!種まきはいつ頃?
ヤグルマギクは端午の節句の頃に、よく見かけられるキク科の植物です。さまざまな花色のなかで、ひと際目立つ青は、目の覚めるような青色で爽やかです。マリー・アントワネットも好んだといわれ、ドライフラワーにも利用できるヤグルマギクの特徴や育て方をご紹介します。
ボタニ子

ボタニ子

フランスの国花はユリでもアイリスでもないのですね。

オランダの国花は?

Photo byAlbenheim

オランダの国花はチューリップ。イメージ通りですね。しかし原産地はオランダではありません。かつてトルコから球根がもたらされ、爆発的な人気になり、球根ひとつで職人の年収10年分の価格がついたそうです。ブームが去った今でもオランダはチューリップの生産量一位です。オランダの首都はアムステルダム。

「チューリップ」の花言葉は?赤・白・黄色など色別・種類別に紹介!のイメージ
「チューリップ」の花言葉は?赤・白・黄色など色別・種類別に紹介!
童謡で有名なチューリップの花は、今では色も増え、花びらの形もさまざまなものが出てきました。チューリップの花言葉は色ごとにそれぞれ異なった花言葉をもっているのをご存じでしょうか。今回は色ごとでのチューリップの花言葉を詳しくご紹介します。

スウェーデンの国花は?

Photo by kahvikisu

スウェーデンの国花はドイツスズランです。スウェーデンの象徴として国民に愛される可憐な白い花。スウェーデンのスズランは日本のよりも一回り大きな花がつきます。国樹(国木)はセイヨウトリネコです。首都はストックホルム。

デンマークの国花は?

Photo byCouleur

デンマークの国花はムラサキツメクサ。別名レッドクローバーです。クローバーは根粒菌と共生して窒素を固定し、その土地は肥沃になり、農業に重要な役割をします。またクローバーは家畜の飼料にもなります。デンマークの国家繁栄の象徴として国花が選ばれました。デンマークの首都はコペンハーゲン。

ムラサキツメクサとは?特徴や花言葉をご紹介!アカツメクサとの違いは?のイメージ
ムラサキツメクサとは?特徴や花言葉をご紹介!アカツメクサとの違いは?
まるくてピンク色の花を咲かせる、ムラサキツメクサの特徴をご存知ですか。アカツメクサとの違いはなんでしょうか?切ない由来の花言葉を持ち、ハーブとしても利用できるムラサキツメクサの特徴や花言葉、効能についてくわしくご説明します。

ノルウェーの国花は?

Photo byDidgeman

ノルウェーの国花はヒースです。元来ヒースとは平野の荒れ地のことを指します。耐寒性もありノルウェーの荒野に咲く逞しいハーブです。そこから北欧ノルウェーの国民の心を代表する花になりました。またヒースは美白成分のアルブチンを含み化粧品にも利用されます。ノルウェーの首都はオスロ。

フィンランドの国花は?

Photo byKIMDAEJEUNG

フィンランドの国花はドイツスズランです。フィンランド語では「キエロ」といいます。フィンランドの国土のいたる所でドイツスズランが見られます。フィンランドの夏に市場でスズランが売られ、夏の風物詩になっています。フィンランドの首都はヘルシンキ。

ボタニ子

ボタニ子

続いて、アメリカ・アフリカ・オセアニアの国花をご紹介します。

次のページ

世界の国花③ アメリカの国花

関連記事

Article Ranking