ラナンキュラスの育て方!上手な植え方から増やし方まで詳しく解説!

ラナンキュラスの育て方!上手な植え方から増やし方まで詳しく解説!

華麗な美しさが目を惹くラナンキュラスは、結婚式のブーケや贈り物の花束としても人気が高いです。ガーデニングでも育て方が比較的簡単であることから人気を集めています。今回はラナンキュラスの基礎知識や育て方のポイント、増やし方などをまとめました。

記事の目次

  1. 1.ラナンキュラスの概要
  2. 2.ラナンキュラスの特徴
  3. 3.ラナンキュラスの花言葉
  4. 4.ラナンキュラスの種類・品種
  5. 5.ラナンキュラスの育て方
  6. 6.育て方のポイント①:栽培環境
  7. 7.育て方のポイント②:植え付け・植え替え
  8. 8.育て方のポイント③:水やり
  9. 9.育て方のポイント④:肥料
  10. 10.育て方のポイント⑤:花がら摘み
  11. 11.育て方のポイント⑥:球根の掘り上げ
  12. 12.育て方のポイント⑦:病害虫対策
  13. 13.ラナンキュラスの増やし方
  14. 14.まとめ

育て方のポイント③:水やり

Photo by sorarium

鉢植えも地植えも、土の表面が乾いたら水やりするのが基本です。ラナンキュラスは過湿を嫌います。土が湿ったままだと根腐れを起こしてしまうため注意しましょう。ラナンキュラスは夏が休眠期です。5月下旬に入り、葉が黄色くなってきたら水やりの頻度を減らします。すべての葉が黄色くなったら水やりを止めて、土を完全に乾かしましょう。

育て方のポイント④:肥料

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

元肥の施し方は植え方によって少し違います。地植えの場合は植え付け前に土を耕し、堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。鉢植え・プランター栽培の場合は、鉢やプランターの下部に緩効性化成肥料を施します。追肥は地植えも鉢・プランターも、葉が増え始めたタイミングで、株元に緩効性化成肥料を置き肥すればOKです。

緩効性化成肥料はにおいもないから、室内栽培にもおすすめだよ。施肥するときは、ちゃんと用法・用量を守ってね。

開花時期は液肥も施す

ラナンキュラスは開花時期に最もエネルギーを消費します。芽が出て花が咲き終わるまでの間、薄めの液体肥料を10日から2週間に1回のペースで施しましょう。

育て方のポイント⑤:花がら摘み

咲き終わったら早急に花がら摘み

花が咲き終わったら、できるだけ早く花がら摘みを行いましょう。花びらの縁が枯れ始めたときが、花がら摘みのタイミングです。また、花がら摘みの際は、葉の付け根部分、つまり次の花芽の手前で切ると、次の花が咲きやすくなりますよ。花がら摘みのついでに、枯れた葉や黄色くなった葉も取り除いておきましょう。日当たりも風通しもよくなり、病気の発生も防げます。

枯れた花びらや葉を放置していると、病気の原因になってしまいます。花がら摘みや枯れた葉の除去は迅速に、丁寧に行ってくださいね。

育て方のポイント⑥:球根の掘り上げ

開花時期が終わり、葉が枯れてきたら6月頃に球根を掘り上げます。地植えの場合は晴天が続き、土が完全に乾いたときに掘り上げましょう。掘り上げた球根は葉や土をきれいに取り除き、日陰の風通しのよい場所で1週間ほど乾燥させます。その後はネット袋などに入れて、風通しのよい日陰で保存しましょう。

掘り上げた球根は完全に乾燥させないと、夏に腐ってしまうことがあるから気をつけてね。

育て方のポイント⑦:病害虫対策

Photo by t-mizo

ラナンキュラスの栽培で、最も警戒すべき病気と害虫を紹介します。

注意すべき病気:灰色カビ病

灰色カビ病は、多湿な環境で発生しやすい病気です。まずは風通しのよい環境を確保・維持しましょう。枯れた花や葉が原因になることがあるため、花が咲き終わったら、花がら摘みを早急に行ってくださいね。発生してしまった場合は、病気にかかった箇所を除去し、殺菌剤を散布しておきましょう。

注意すべき害虫:アブラムシ

春から秋の高温期に発生するアブラムシも厄介です。新芽や葉の栄養分を吸い取るだけでなく、ウイルス病の媒介になったり、排泄物がスス病の原因になったりするなど、病気の発生原因にもなります。発見次第、殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ラナンキュラスの増やし方

ここではラナンキュラスの増やし方をチェックしましょう。植物の増やし方には種まき・挿し木・挿し芽・株分け・接ぎ木・分球など、いろいろな方法があります。ラナンキュラスは、主に種まきと分球が用いられています。上手に増やして、大好きな花をたくさん咲かせましょうね。

種まき

ラナンキュラスの種は、開花時期から1~2カ月後に採取できます。種まきの適期は10月です。採取した種は乾燥させてから密閉容器に入れて、適期まで冷暗所で保存しておきましょう。種をまき終わったら、発芽まで2~3週間かかるため、それまで乾燥させないように管理します。

分球

分球は大きい球根を分割して増やす方法です。適期は5~6月で、掘り上げ後に行うと効率的ですよ。ラナンキュラスの芽は、球根の付け根にある白い短毛が生えている箇所から生えます。この部分を付けて球根を分割します。後はしっかり乾燥させて、植え付けの適期まで保存しておきましょう。

まとめ

よい意味の花言葉の多いラナンキュラスは、華やかで贈り物にも最適です。鉢植えにも向いており、室内栽培もできます。お部屋に飾って自分で楽しんだり、大切な人への贈り物にしたりするなど、いろいろな楽しみ方がありますよ。美しいラナンキュラスで、日常生活をより華やかに彩ってくださいね。

チューリップ球根の正しい保存方法を紹介!翌年も花を咲かせるコツは? | BOTANICA
今年もきれいに咲いたチューリップ。この記事は翌年もきれいに咲かせるための方法を紹介します。球根の掘り上げから保存方法、植え付けまでチューリップをきれいに咲かせるコツをまとめました。正しい方法で球根を育成、保存する事で翌年もきれいな花を咲かせましょう。
サギソウの育て方!球根の植え付けから季節別の管理のコツまで徹底解説! | BOTANICA
こちらでは、サギソウの特徴やサギソウに似た花、品種についてご紹介していきます。また、初めて栽培する方にも分かりやすく、サギソウの球根と種の違い、植え付けや植え替え時の注意点、冬越しの方法等を季節の流れに沿ってご説明していきます。
Laylah
ライター

Laylah

バラや百合のような美しくて香り高い花も好きですが、スミレやタンポポのような野に咲く可憐で強い花も好きです。

関連記事

Article Ranking