花の日本代表5選!「日本の花」と呼ぶに相応しい品種と花言葉をご紹介!

花の日本代表5選!「日本の花」と呼ぶに相応しい品種と花言葉をご紹介!

日本の花と聞いて、皆さんはどんな花を思い浮かべますか?日本は四季折々いろいろな花が咲き、思い浮かべるだけで、心が癒やされますよね。これだけたくさんの花を育てたり、見る楽しみが古くからある日本で、「日本の花」と呼ぶに相応しい花の品種や、花言葉を紹介します。

    記事の目次

    1. 1.日本の花、「国花」ってあるの?
    2. 2.日本らしい国の花 花の日本代表5選!品種と花言葉を紹介
    3. 3.花の日本代表5位
    4. 4. 花の日本代表4位
    5. 5.花の日本代表3位
    6. 6.花の日本代表2位
    7. 7.花の日本代表1位
    8. 8.そもそも花言葉って何?
    9. 9.まとめ

    花の日本代表1位

    花の日本代表1位・・・桜(サクラ)

    日本人に最も馴染み深い花

    日本にしかない桜にまつわる文化

    やはり、日本といえば「桜」でしょう。桜の季節になると、店頭にも多くの桜モチーフの商品が並べられ、淡いピンクの可愛らしい花びらのモチーフは人々の心をくすぐります。桜が満開時期になると、昼夜問わず花見をする文化も日本にしかない文化です。この時期限定のさくらを使った和菓子が食べられたりと、正に目で見る、香りを楽しむ、食べて楽しむ事のできる日本の花です。

    多くの学校には桜が植えられており、入学・卒業シーズンになると花びら舞う桜を背景に記念写真を撮ったりしますよね。桜を見ると、これから新生活が始まるワクワクとした「期待」や、友人らや家族と離れ離れになり未来への一歩を踏み出す「新鮮な気持ち」を連想される方も多いのではないでしょうか。

    桜の花言葉

    桜の花言葉は、「精神美」「優美な女性」「純潔」です。春といえば桜と言っても過言でない、春の訪れを感じさせる、日本にとって無くてはならない花ですね。夜も夜桜として花見を親しむ人も多く、日本の花の象徴といえるでしょう。

    桜は育てるのが大変!?

    桜の木は、それなりに広いところであれば庭にも植えることが可能ですが、開花時期は短く、害虫が多いことでも知られています。葉桜の時期には毛虫が大量に発生するため、害虫駆除が大変でとても手がかかります。

    日本の花として愛されている「桜」

    観賞用として多く用いられている品種は「ソメイヨシノ」

    日本において観賞用として多く用いられている品種は「ソメイヨシノ」です。ソメイヨシノは、青森県で日本最古の樹齢130年を超える古い株があります。桜は、江戸時代までに栽培品種も含めて300種類以上もの品種があったといわれていますが、現在では分類によっては600種類もの品種があるといわれています。

    また、桜は様々なシンボルにも用いられており、旧日本軍(海軍・陸軍)が桜の意匠を徽章などに使っており、自衛隊も同様に使っています。

    桜の歴史

    奈良時代は花といえば「梅」でした。しかし、平安時代になると、国風文化が育つにつれて桜の人気が出てきたようです。また、豊臣秀吉は、醍醐寺に700本もの桜を植えさせ、慶長3年に身内を呼んで盛大な花見をしたそうです。花見という日本らしい文化はこんなに昔からあり、今も日本各地では花見シーズンになると昼夜賑わいますね。

    そもそも花言葉って何?

    Photo byToniaD

    ここまで、花言葉を紹介してきましたが、花言葉って、そもそも誰が決めていて、どういうものなのでしょうか?最後に、こちらもご紹介します。

    日本の花言葉の発祥

    花言葉は、17世紀のトルコで、花と言葉を一緒に送ろう、という取り組みが発祥といわれているようです。なんだかとてもロマンチックですよね。日本で花言葉を楽しむ習慣が始まったのは、明治初期と言われています。当時は他国の花言葉を翻訳して使っていたそうですが徐々に、日本独自の花言葉に変わっていったと言われています。

    新しい花言葉

    現在は、新品種が改良されれば開発者が命名したり、一般公募で消費者が命名する、販売会社が命名するという色んなケースがあるそうです。花言葉を添えて相手への思いも花と共に贈るわけですから、とてもロマンチックで、素敵ですよね。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?何気なく、日常で当たり前のように見慣れている花でも、歴史や背景に触れてみると興味深い内容がたくさんありますよね。日本にしかない花や、日本古来から縁のある花など、それぞれの花言葉を見ると、日本国の花として誇りを持てるものばかりでしたね。こういった背景を思い浮かべたり、花言葉を思い浮かべながら、改めて花を見ると、四季折々の花をより楽しめるのではないでしょうか。

    関連記事

    Article Ranking