苦土石灰とは?肥料としての成分・効果・使い方をわかりやすく解説!

苦土石灰とは?肥料としての成分・効果・使い方をわかりやすく解説!

苦土石灰(読み方は「くどせっかい」です)は、pHコントロールや土壌改良だけでなくミネラル補給もできる、優秀な園芸肥料です。見た目の印象から化成肥料と間違われることも多い、自然由来の苦土石灰の成分や効果、さらに使い方までわかりやすく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.苦土石灰とは
  2. 2.苦土石灰の肥料成分とは?
  3. 3.苦土石灰の3つの効果とは?
  4. 4.上手な苦土石灰の使い方
  5. 5.苦土石灰を使用したい植物
  6. 6.他の石灰との違いは?
  7. 7.石灰肥料の種類
  8. 8.まとめ

苦土石灰とは

石灰湖
Photo byLoggaWiggler

こちらは石灰湖、結晶が白く固まっていますね!

読み方は「くどせっかい」といい園芸では肥料に分類されますが、土壌改良やpH調整にも役立つとても優秀な園芸資材です。元肥としても追肥としても使え、草花だけでなく野菜や果物を元気に育てる園芸肥料、苦土石灰についてわかりやすく解説していきます。

苦土石灰の肥料成分とは?

土壌改良剤 粒状 苦土石灰 5kg

参考価格: 551円

出典: 楽天
出典: 楽天
楽天551円

苦土石灰の成分は、炭酸マグネシウムと炭酸カルシウムです。原料は天然の鉱物ドロマイトで、粉砕し熱処理したものが苦土石灰になります。苦土石灰には細かい粉状のものと、コロコロとした粒状の2種類があります。色や形が似ているため化成肥料と誤解されがちですが、オーガニック栽培にも使える自然由来の肥料です。

炭酸カルシウムと炭酸マグネシウム

草花イメージ画像
Photo bybiancamentil

カルシウムとマグネシウムは、根を丈夫にして葉の色ツヤをよくする、植物の必須栄養素のひとつです。植物の肥料成分として、NPK=窒素・リン酸塩・カリウムはよく知られています。それ以外にもカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類は、植物が自ら作り出すことのできない大切な栄養素となっています。

苦土石灰の3つの効果とは?

園芸イメージ画像

出典 写真AC

畑や花壇の土作りに、優秀な園芸肥料が苦土石灰です。実際に苦土石灰を土に混ぜ込むことで、土や植物にはどんな効果が得られるのでしょう。他の肥料とは違う苦土石灰の働きと、土壌改良の効果を3つのポイントにまとめて、わかりやすく解説していきます。

pHコントロール

土壌のpHチェック画像

出典 写真AC

苦土石灰のアルカリ分は約50%で、酸性土壌を中性から弱アルカリ性にする働きがあります。普段私たちが接している畑や花壇の土のpHは弱酸性で、さらには雨も弱酸性です。草花や野菜には中性を好む植物が多くあり、雨の影響で酸性に傾きがちな土壌のpHを調整する苦土石灰が欠かせません。

土壌改良で雑菌や害虫をおさえる

畑のイメージ画像
Photo bymeganelford0

苦土石灰でpHが上がると、雑菌の繁殖や害虫の働きを抑える効果が期待できます。苦土石灰を混ぜ込むと水分と反応して熱を発して、地熱が上がり土の中の有機物の分解が進みます。土壌改良で土質がよくなると根の張りもよくなって、植物が丈夫に育ちます。

ミネラル補給

ほうれん草畑画像
Photo byMSphotos

苦土石灰の成分であるカルシウムとマグネシウムは、植物の根を丈夫にして葉色を鮮やかにするという効果があります。苦土石灰の肥料成分は、葉物野菜だけでなく果樹や花木にも効果的です。土の中のミネラルは雨や水やりで流れ出てしまうことが多いので、追肥で適度に補給できるのが苦土石灰です。

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、上手な苦土石灰の使い方をレクチャーしますね!

次のページ

上手な苦土石灰の使い方

関連記事

Article Ranking