緑の花は珍しい?グリーン系の花の品種と、アレンジ方法を一挙ご紹介!

緑の花は珍しい?グリーン系の花の品種と、アレンジ方法を一挙ご紹介!

四季を通してお花が楽しめますが、緑色のお花がすぐ名前が出てくるのは何種類くらいあるでしょうか。グリーンの代わりや、緑色ばかりで爽やかにアレンジしたり、切り花や花木の緑色のお花を、ご家庭で楽しんだり、贈り物としてのアレンジ方法や名前をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.緑色の花は珍しい?
  2. 2.緑色の花の種類
  3. 3.①花束の主役となる緑色のメインの花
  4. 4.②添え花としてメインを引き立てる緑色の花
  5. 5.③グリーンの代わりとなる緑色の花
  6. 6.④変わり種の緑色の花
  7. 7.⑤花木で楽しめる緑色の花
  8. 8.緑色のお花を種類別のアレンジメントで楽しむ
  9. 9.①オーソドックスなメンテナンスが楽なアレンジメント
  10. 10.②流行りのボックスを使ったスタイリッシュなアレンジメント
  11. 11.③オーソドックスからちょっと珍しいリースアレンジメント
  12. 12.④色んなブーケで楽しむアレンジメント
  13. 13.⑤花瓶で長さや動きを楽しむアレンジメント
  14. 14.まとめ

緑色の花は珍しい?

お花屋さんや、種や球根を買う時に、赤、ピンク、オレンジ、黄色などはよく見ることがあっても、緑色のお花というのはあまり見ることが少ないと思いませんか?葉物でグリーンとして使う他に、緑色のお花を使ってグリーンの代わりにしたり、爽やかに緑色のお花だけなどでまとめるアレンジにしたりと、あると便利な珍しい緑色のお花をご紹介します。

緑色の花の種類

トルコキキョウや、チューリップ、ガーベラなど、お花と聞かれてすぐ思いつく名前のお花も、年々品種改良されているお花業界ではどんどん新しいカラーが出てきているので、今まで作られていなかったお花でも品種改良によって緑や、黄緑のカラーが楽しめるようになってきています。

珍しい緑色のお花の用途別一覧

一年を通して緑色のお花は生産されており、さまざまな品種がありますが、この記事ではまず、最初に以下のカテゴリに分けて緑のお花を紹介していきます。

  1. 花束の主役となる緑色のメインの花
  2. 添え花としてメインを引き立てる緑色の花
  3. グリーンの代わりとなる緑色の花
  4. 変わり種の緑の花
  5. 花木で楽しめる緑色の花

①花束の主役となる緑色のメインの花

花束やアレンジメントを見たときに中心にくる大きめだったり、目を引く存在のお花が珍しい緑色だと、和花を多く使えば仏花としてお供えにも活用できますし、洋花でまとめた時にはすっきりとした涼し気な印象を与えてくれるアレンジになります。そんなメインとして使われているお花を洋花と和花に分けてご紹介します。

緑の洋花の名前や特徴の一覧

トルコキキョウ

出典:写真AC

年中栽培されて多色品種がありますが、おススメは初夏の時期です。涼やかな緑や、シックな黄緑のカラーもあり、大輪の八重咲タイプや、スプレー咲きなど色んな種類があります。【貴公子】という品種は豪華なフリルの花びらで柔らかく優しい印象を与えてくれます、他にも緑色で花持ちが良く長く楽しめる種類もあり幅広く活用出来るお花です。

スイートピー

冬の寒い時期から出回り春の訪れを感じる2月から4月のお花で、小さいお花なのに、とても香りが甘く寒い時期にもうすぐ春を感じることができる貴重なお花です。マメ科の植物なので独特の曲がり方などをしている姿は、花瓶などに飾る時に動きが出せて面白いですよね。多色あるので、カラフルに合わせてもいいですが、緑色だけでまとめて一つに飾るのもすてきです。

クリスマスローズ

出典:写真AC

地植え、鉢植えでもよく目にし、冬にかけて咲く花が少ない時期に彩りをそえてくれる貴重な花の一つです。シックな緑に紫の縁取りがある【グリーンピコティダブル】や【グリーンカクテル】という品種や、淡い黄緑の【パーディドレスライムイエロー】など緑色の種類が多いのもクリスマスローズの特徴です。品種改良され形や色がどんどん増えているお花です。

カラー

出典:写真AC

和名が海芋(かいう)と面白い名前がついている、とても長い茎とすっきりしたスタイルがロングブーケや長手の花瓶にもぴったりのお花です。【グリーンカラー】という品種で緑色が存在する春の季節のお花でもあります。ウエディングフラワーとしてもよく活用されるお花で、茎が太く手でしごけば曲がりやすく花瓶や花束で楽しむことができますが、ハサミではなくナイフで切ると断面の繊維を壊しにくいのでおすすめです。

カーネーション

出典:写真AC

一年を通して手に入りやすく、色も多色ありメインにも添え花にも使えるとても優秀なお花です。種類によっては大輪タイプや小花タイプなど分かれていて、とくに緑色は仏花としても洋花としても活用できます。【グリーンマジック】はきれいな黄緑色で、花弁が厚みのあるものは花持ちもよく切り詰めて長い間楽しめます。

アルストロメリア

出典:写真AC

一年を通して手に入りやすく寒さにも暑さにも強い、一本入れるだけで花がたくさんついているので、映えるお花です。斑点模様が特徴的なお花ですが、品種改良により斑点がない種類も出てきています。和にも洋にも使えて花持ちも良いお花で、ボリュームもでやすく扱いやすいです。枝分かれした部分で切り、短めで活けてもかわいく飾れます。

ガーベラ

一年を通してお花屋さんへ行ったときにも目に入りやすい、誰もが知っているお花ですが、個性的な緑の【ポコロコ】という品種は、全く異なる見た目の緑色のガーベラです。【カーミット】は八重咲で中心になるほど緑色の存在感があるタイプで、咲き方や色の種類も多いのが特徴のお花で、アレンジメントにも向いているお花です。首が垂れやすいことと、水に浸かっている部分の茎は傷みやすいので注意が必要です。

グラジオラス

出典:写真AC

下からどんどん咲いてくる姿は長さを出したいときに便利ですが、花のすぐ下で切って短くすると小さいアレンジメントでも使えます。夏に出回り暑さに負けないすらっとしたと大振りの花姿が特徴的なお花と、小ぶりの品種改良された春に咲くタイプがあります。【グリーンアイル】は黄緑の豪華なタイプで一本あるだけでも映えるお花です。【トリステス】は春先の小ぶりなタイプでまた雰囲気が違う黄緑色です。

チューリップ

出典:写真AC

春のお花代表的なイメージですが、冬からシーズンが始まり多色ありカラフルで緑や黄緑の種類もあります。【スプリンググリーン】は縞模様が入った緑色のお花です。【グリーンジェイ】は黄緑色で、縁がフリルのようになったタイプで華やかなチューリップです。チューリップの特性は日の当たる時間は開き、夜になると閉じるを繰り返しながら、さらに伸びて成長を繰り返すお花です。また日の方向を向いて咲くのでアレンジの際は注意が必要です。

デンファレ

出典:写真AC

輸入がほとんどのデンファレですが、花持ちの良さとアレンジのしやすさもありとても人気のあるお花です。黄緑色の【パロロ サンシャイン】は爽やかなカラーで夏にぴったりのアレンジができる種類でおすすめです。【ブラナグリーン】はリップ部分が紫のアクセントがあります。短く切りお皿や平たいプレートに並べたり、長さをいかしたアレンジで垂れ下がる姿もすてきです。

バラ

多色あるバラの中には大輪やスプレー咲きのものがあり、【エクレール】は鮮やかな緑で、どんなアレンジでも華やかにしてくれます。【グリーンローズ】は春に出回る花が葉状になった珍しい鮮やかな緑色のバラで、メインにもグリーンにもなる珍しいバラです。【グリーンアロー】は丸い花びらがかわいらしいスプレー咲きの黄緑色なので、同じ緑のバラとも相性ぴったりです。

ラナンキュラス

薄い花びらが幾重にも重なった見た目が、やわらかく優しい印象のラナンキュラスは春先のお花で人気のお花です。【エムグリーン】は珍しい緑色のラナンキュラスで、なんだか他のお花に見える程印象が違って見えますが、幾重にも重なる花びらが開いてくる様子ははなかくも、とても美しいお花です。短めに切って水揚げをよくしてかざるのもお花が最後まで開きやすくなるポイントです。

シンビジウム

出典:写真AC

鉢物でよく見るお花ですが、切り花で楽しむときには短く切り分けてもスタイリッシュに見せることができます。ラン科の花持ちの良いお花なので、アレンジメントや花先で切り分けてお皿に並べてみたりと応用がききやすいのがメリットです。【マリポエンセ】や【タイガーテール】緑色の品種が多めで、緑色のシンビジウムだけをまとめて飾るのもすてきです。

次のページ

②添え花としてメインを引き立てる緑色の花

関連記事

友だち追加

Article Ranking