ナス(千両二号)の育て方!摘心のタイミングや剪定方法を詳しく解説!

ナス(千両二号)の育て方!摘心のタイミングや剪定方法を詳しく解説!

ナスは、古来より親しまれてきた夏野菜です。今回は、育て方の比較的簡単な「千両二号」を、家庭菜園で栽培してみました。ナス(千両二号)の植え方、育て方を写真と共に解説します。仕立て方や肥料(追肥)のタイミングなどもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ナス栽培の概要
  2. 2.ナス(千両二号)を栽培してみました
  3. 3.ナス栽培(千両二号)①準備
  4. 4.ナス栽培(千両二号)②苗の植え付け【4月中旬 ※1日目】
  5. 5.ナス栽培(千両二号)③仕立て方
  6. 6.ナス栽培(千両二号)④一番果収穫【5月上旬 ※20日目】
  7. 7.ナス栽培(千両二号)⑤追肥と水やりのタイミング
  8. 8.ナス栽培(千両二号)⑥摘心のタイミングと方法
  9. 9.ナス栽培(千両二号)⑦収穫【6月中旬】
  10. 10.ナス栽培(千両二号)⑧更新剪定【7月末】
  11. 11.ナス栽培(千両二号)⑨秋ナス収穫【9月下旬】
  12. 12.ナス栽培(千両二号)⑩栽培終了【11月初旬】
  13. 13.ナス(千両二号)を実食してみました
  14. 14.まとめ

ナス栽培の概要

育て方の概要と難易度

筆者撮影

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ナス ナス科 6.0~6.5 あり。4年以上空ける

ナスは育てやすい野菜

ナスは身近な夏の野菜で、日本では奈良時代から栽培されてきました。加茂ナス、水ナス、アカナスなど、さまざまな種類が各地に伝わっています。「なすび」と呼ぶ地域もありますね。日本の風土によく合って育てやすく、植え方も難しくはありません。

ナスの栄養素

ほとんどが水分ですが、ナスニンというポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用があります。ナスニンは、皮の部分に多く含まれているアントシアニン系の色素で、目の疲れにも効きます。

育て方のポイント

筆者撮影

①植え方は浅植え

植え方は浅めに植えます。根を広げて育ちますので、幅広の畝か大きなプランターが適しています。

②水やりと追肥を欠かさない

水切れ、肥料切れを嫌います。水やりと適期的な追肥を忘れなければ元気に育ち、秋まで収穫を楽しめます。

③整枝する

収穫をよくするために脇芽掻きや摘心をして整枝していきます。3本仕立などの仕立て方は、コツをつかめば難しくありません。

④連作障害に気を付ける

連作障害には気をつけましょう。同じ場所に植え続けると土地が痩せ、その作物特有の病原菌が発生しやすくなります。ナス科は連作障害を起こしやすいので、4年間はナス科の野菜を植えていない土に植えます。病気や連作障害に強い接ぎ木苗をおすすめします。

ボタニ子

ボタニ子

ナス科の野菜にはどんなものがありますか?

ナス科の野菜は、ナス、トマト、ピーマン、パプリカ、シシトウ、トウガラシ、じゃがいもなど。家庭菜園でも人気の野菜ばかりですね。数年間の作付けプランを立て、複数の畝で輪作するなど工夫しましょう。

ナス栽培の時期

ナスの栽培カレンダー

ナスはインド原産で、高温多湿な日本の気候に合った作物です。遅霜の心配がなくなる4月末から5月頃に苗を買って植え付ければ、秋まで長く収穫できます。2月~4月初旬の種まきは、温室(トンネル)で育苗します。

ナスの種まきの仕方

種まき:ナスの発芽
筆者撮影

種まきの時期

種まきには適切な温度が必要となります。種から育てる場合は、温室やトンネルで種まきして苗を育て、植え付けの時期に合わせます。または、初収穫時期は遅くなりますが、暖かくなった4月頃に種まきします。その頃なら畑に直播してもいいでしょう。

種まきの方法

  1. 用土は市販の種まき用土か赤玉土。
  2. 育苗ポットに土を入れて湿らせてから1ポットに2~3粒種まきする。
  3. 発芽まで乾かさないように管理する。
  4. 寒い時期なら、ビニールでプチトンネルを作って保温する。
  5. 双葉が出たら、間引きして1本にする。
  • 4月中旬~5月上旬に植えつけます。

鉢植え栽培もできる

(種まきから育てた苗をプランター栽培)筆者撮影

大きなプランターに植える

プランター栽培は、できれば大きなプランターに植え付けましょう。9号鉢以上がいいですね。上の写真の後ろ2つの鉢は少し小さいです。これでも十分収穫はできますが、同時期に同じ植え方をした他の株と比べると、成長の違いがよくわかりますね。収穫量も違ってきます。植え方は、浅植えにします。

ナス(千両二号)を栽培してみました

(植え付けから40日目)筆者撮影

千両二号を露地栽培

植えるのは「千両二号」です。この品種は、丸ナスと長ナスの中間くらいの大きさで、中長ナス(長卵形ナス)と呼ばれ人気もあります。種まきして育てた苗ではなく、市販の接ぎ木苗を庭の家庭菜園に植え付けていきます。(ここからは、栽培日記風にご紹介します。)

栽培者のプロフィール

  • 家庭菜園歴:10数年
  • ナス栽培経験:あり
  • 栽培地:四国。家庭菜園は、やや砂質の土地
  • ひとこと:野菜・花き園芸を営んでいた亡き祖母に教わりましたが、最近はなんちゃって栽培になりつつあるので、基本を思い出しながら育てようと思います!

では、早速、実際に植えてみた様子を見ていきましょう。

次のページ

ナス栽培(千両二号)①準備

関連記事

Article Ranking