世界の国花(40ヶ国)まとめ!日本や世界各国の国花・国樹を一覧でご紹介!

世界の国花(40ヶ国)まとめ!日本や世界各国の国花・国樹を一覧でご紹介!

「世界の国花」にはどんな花があるのかご存じでしょうか。アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアの各国の国花を、こちらの記事でご紹介いたします。あわせて「世界の国樹(国木)」がある世界の国々についても書きたいと思います。

記事の目次

  1. 1.国花とは?
  2. 2.日本の国花は?
  3. 3.世界の国花① アジアの国花
  4. 4.世界の国花② ヨーロッパの国花
  5. 5.世界の国花③ アメリカの国花
  6. 6.世界の国花④ アフリカの国花
  7. 7.世界の国花⑤ オセアニアの国花
  8. 8.世界の国花をご紹介しました

国花とは?

Photo byjohnhain

国花とは何かご存じでしょうか。「その国を象徴する草花や花木のこと」で、コインの裏に描かれたり、エンブレムになったりと国民に広く知られているものであるにもかかわらず、その多くの国花は公的に制定されておらず、いまだ検討中というものが多く存在します。公的に決められていなくても、古くから国の象徴として「国花」として親しまれています。

日本の国花は?

Photo by Katsujiro Maekawa

では、質問です。日本の国花は何でしょうか?すぐに思い浮かぶのは「桜の花」でしょう。「梅花」も日本的な印象ですね。それとも「菊」の御紋でしょうか?正解は、なんと「日本に国花はない」です。実は公的に国花は決められていないのです。しかし昔からの慣習で「桜」と「菊」が日本を代表する花として広く国民に愛されています。

ボタニ子

ボタニ子

日本は国花が制定されていないこと、TVのクイズ番組でも取り上げられていたので私は知っていたわ!

日本を代表する花①「桜」

Photo byHans

桜は、バラ科サクラ属の落葉樹です。交配種のソメイヨシノ、原種の山桜などが有名です。桜は日本の春を代表する花木で、日本人の心の象徴ともいえるでしょう。春になれば、古くからの日本人の慣習として「お花見」が行われます。桜は日本の硬貨、百円玉のデザインになっていたり、受験シーズンには「桜咲く」「桜散る」といった隠語に使われたり、桜は私たちの生活に根付いています。

日本を代表する花②「菊」

Photo by 泰瑞之眼

菊は、キク科キク属の一年草または多年草です。野菊のような素朴な菊から、菊の愛好家の展示会で見るようなボリューム満点のものまで幅広く愛されています。菊は、夜が長くなると開花する短日植物の代表ともいえる花で、菊の栽培農家が菊を通年出荷できるように日照を調整する「電照菊」が有名です。

ボタニ子

ボタニ子

日本の国花は古くからの慣わしで「桜」と「菊」なのね。では、世界の国花はどんな花があるのかしら?まずはアジアの国々を調べてみよう。

次のページ

世界の国花① アジアの国花

関連記事

友だち追加

Article Ranking