切り花・生け花を長持ちさせる方法!花瓶で日持ちを伸ばすコツは何?

切り花・生け花を長持ちさせる方法!花瓶で日持ちを伸ばすコツは何?

美しい花束をいただいたり、部屋に飾ろうと切り花を購入したけれど長持ちせずにすぐ枯れてしまいがっかり…その生け花、長持ちさせる方法があります!何気なく入れている水の量から大切な水切り方法、漂白剤、砂糖、サイダーの使い方まで。一輪挿しのご紹介も!

記事の目次

  1. 1.切り花、生け花はなぜ長持ちしないのか
  2. 2.切り花、生け花を長持ちさせる方法
  3. 3.花瓶で切り花を長持ちさせるコツは?
  4. 4.生け花のバラを花瓶で長持ちさせる方法
  5. 5.切り花、生け花を身近なアイテムで長持ちさせる方法と使い方
  6. 6.長持ちの方法がわかったら楽しみ方を考える
  7. 7.まとめ

切り花、生け花はなぜ長持ちしないのか

Photo byBru-nO

みなさんは花のある暮らし、されていますか?空間に花があるだけで生活にいろどりがでて、心が豊かになるような気がしてきますね。そんな美しい、かわいい花を「少しでも長持ちさせたい」と思う反面「気づいたら枯れていた…まだ飾ったばかりだったのに…」などということも多々あるのではないでしょうか。できるだけ花を日持ちさせ、長く楽しめるように、まずは原因をみていきましょう。

切り花が長持ちしない理由は水を十分に吸えていないから

Photo byNietjuh

命に欠かせない水。花もまた当然水が必要です。そして枯れずに、より長く花を咲かせて生きつづけるには、その大切な水がきちんと花の方まで行きわたる必要があります。しかし切り花、生け花は十分水を吸えなくなってしまう環境になることが多いのです。水が十分吸えなくなってしまうのには、いくつかの理由があります。

水が十分に吸えなくなる理由①バクテリアの繁殖

Photo byonepicnowords

花が枯れてしまう原因のひとつがバクテリアの繁殖です。なんとなく水を清潔にするのがよいということはわかるけれど、菌が原因と聞いて驚かれる方もいるのではないでしょうか。この繁殖したバクテリアが茎の内部、水が通る部分(導管)を傷つけて詰まらせてしまうため、十分な水を吸えなくなってしまうのです。

水が十分に吸えなくなる理由②導管に入ってしまう空気

Photo byMartinStr

切り花を飾るための花瓶を用意したら、長さを合わせて切って生ける。その際、ただ切ってしまうと導管に空気が入り、日持ちしない原因につながることがあります。花を日持ちさせるには、切り方にも工夫が必要です。

切り花、生け花を長持ちさせる方法

フリー写真素材ぱくたそ

切り花や生け花がすぐに枯れてしまう原因は、水の吸いにくさにあることがわかりました。では、具体的な対策法はあるのでしょうか?切り花、生け花をすぐに枯らさず、長持ちさせる方法を、枯れてしまう原因からみてみましょう。

水切り・水揚げをする

Photo bystux

前述のとおり、普通に花をカットしたのでは導管に空気が入り、日持ちはしてくれません。そこで行うのが水切りです。水切りをおこなうことにより、導管に空気が入るのを防ぎ、水を吸い上げる力を保ってくれます。この際、吸い上げる面積を大きくするため、切り口は斜めになるようにカットするのが日持ちをよくする大切な方法のひとつです。

水切り・水揚げの方法

Photo byulleo

  1. 深めの容器(切り口から3cm以上はカットした方がよいため、それ以上が水につかる状態を保てる大きさ・深さのもの)を用意する。
  2. 容器に水をたっぷりはる。
  3. 茎をカットする部分より上まで水につけ、切り口から3cm以上のところで水中でカットする。
  4. そのまま少し水につけておく。(2~3秒目安)
  5. 葉の下くらいまで入る水の入った容器を用意し、切り口が空気にふれる時間を短くするように、手早くそちらに移し換える。
  6. 1時間以上おくと水揚げができる。

水に浸かる部分の葉をおとす

Photo bynastya_gepp

花瓶に生けたときに、水に浸かってしまった葉は花瓶内の水を腐らせてしまう原因になります。そのため、水の量を決めたら、浸かってしまう部分に葉がある場合は落としてしまいましょう。めんどうと感じたり、気が引けてしまう方もいるかもしれませんが、切り花を日持ちさせ、元気な時間をのばしてあげるための大切な工程です。

清潔な花瓶に飾る

Photo bymedienluemmel

花を日持ちさせるには、水の状態をきれいに保つことが重要です。そのためには、花と水を入れる花瓶・花器は、スポンジなどできれいに洗ったものをつかうこと。食器用洗剤などをつかって洗うとなおよいでしょう。花束などをいただいた際には、その美しさからすぐにでも飾りたいところではありますが、丁寧に洗った花瓶に飾ることでより長持ちさせることができます。

次のページ

花瓶で切り花を長持ちさせるコツは?

Article Ranking

記事はありません。