パクチーの育て方!室内栽培のコツと露地栽培のコツをそれぞれ解説!

パクチーの育て方!室内栽培のコツと露地栽培のコツをそれぞれ解説!

パクチーには特有の香りがあり、エスニック料理には欠かせない存在です。比較的手軽に育てられ、露地栽培や室内栽培にも向いています。この記事では、パクチーの室内栽培・露地栽培の手順やコツをそれぞれ紹介します。上手に育てて、料理の彩りに添えましょう。

記事の目次

  1. 1.パクチーとは?
  2. 2.パクチーの種類
  3. 3.パクチー栽培をする前に
  4. 4.室内でのパクチーの栽培方法
  5. 5.畑・露地でのパクチーの栽培方法
  6. 6.パクチーの収穫
  7. 7.パクチーの増やし方
  8. 8.パクチーの管理方法
  9. 9.まとめ

パクチーとは?

出典:写真ac

パクチーは、香辛料・野菜に分類される植物です。パクチーはタイ語を由来とし、特有の香りをもちます。ハーブの一種で、その香りは「カメムシの匂い」にも例えられ、好みが分かれることでも有名です。英語では「コリアンダー」、中国語では「シャンツァイ」とよばれます。英名のコリアンダーは、主に実を乾燥させたものを指し、スパイスとして知られています。

基本情報

植物名 パクチー/コリアンダー/シャンツァイ
科目/属名 セリ科/コエンドロ属
分類 一年草/ハーブ
原産地 地中海沿岸
栄養成分 葉:ビタミンC・B1・B2・E、βカロテン
耐寒/耐暑/耐陰 普通/やや弱い(耐暑/耐陰)

パクチーの利用法

出典:写真ac

パクチーは、主に中国料理・タイ料理・ベトナム料理・インド料理・メキシコ料理・ポルトガル料理に薬味やスパイスとして使われます。日本ではエスニック料理ブームを機に広まり、トムヤムクンや生春巻き、フォーなどで親しまれています。

パクチーの種類

出典:写真ac

パクチーには種類があります。日本国内では馴染みの薄いものもありますが、どれもエスニック料理に欠かせない存在です。

パクチー・ラー

出典:写真ac

「パクチー・ラー」は、日本でも馴染み深いパクチーです。中国語では「シャンツァイ」といいます。レモンにセロリを混ぜたような特有の香りで、いわゆる「カメムシの匂い」を放ち、エスニック料理のトムヤムクンや生春巻きに使われます。

パクチー・ファラン

「パクチー・ファン」は、熱帯アメリカを原産とするパクチーです。縦に長い葉はギザギザしており、「ノコギリコリアンダー」ともいわれています。葉は少々硬く、サラダやスープによく使われます。

パクチー・ラオ

「パクチー・ラオ」は、地中海や西南アジアを原産とするパクチーです。繊細な葉をもち、香りはパクチー・ラーよりも強めです。主に付け合わせなどに使われます。

パクチー栽培をする前に

室内栽培か露地栽培か選ぶ

Photo byAnnRos

パクチーの栽培には、家庭菜園などの「畑・露地栽培」、プランターや鉢を使った「室内栽培」の2つの方法があります。畑・露地栽培は、すでに家庭菜園やガーデニングを楽しまれている方には取りいれやすい方法です。一方室内栽培は、庭のない家庭でも手軽に取りいれられることから人気があります。栽培する環境にあわせて選びましょう。

種か苗を選ぶ

Photo byPDPics

パクチー栽培には種から育てる方法と、苗から育てる方法の2つがあります。種から育てた場合、少々時間はかかりますが、発芽の時期から収穫までの長い時間を楽しめることが魅力です。また苗から育てる場合は、すでにある程度の大きさに成長しているため、購入後すぐに収穫できる点も人気です。

春栽培か秋栽培か選ぶ

Photo bygastoninaui

パクチーは地中海沿岸原産のため、極端な暑さ寒さは苦手です。安定して栽培するなら、季節は春と秋が適しています。春栽培は比較的成長が早く、その分収穫までの時間は短いですが、一方で花芽の分化による「とう立ち」が早いです。とう立ちすると葉は硬くなり、味が落ちてしまいます。秋栽培は成長が緩やかで、栽培そのものを長期間楽しめます。

パクチーの発芽温度や時期の目安

発芽温度 20℃前後
生育適温 18~25℃
種まき・苗植え付け(春) 3月~5月上旬
種まき・苗植え付け(秋) 9月~10月

ここで紹介している季節は、主に関東地方を基準としています。寒冷地や温暖な地域では気温が前後するため、生育適温18~25℃を基準にしましょう。

次のページ

室内でのパクチーの栽培方法

関連記事

Article Ranking