セダム・ドラゴンズブラッドとは?多肉植物としての特徴や育て方!

セダム・ドラゴンズブラッドとは?多肉植物としての特徴や育て方!

セダム属・ドラゴンズブラッドは、赤系(ワインレッド)の葉っぱが特徴の多肉植物です。その特徴や植え方、水やりの仕方や育てる時の注意などご紹介します。寄せ植え、単植、地植えなどいろいろな楽しみ方ができ、挿し木での増殖も容易なおすすめのセダム属の多肉植物です。

記事の目次

  1. 1.セダム・ドラゴンズブラッドとは?
  2. 2.セダム・ドラゴンズブラッドの特徴
  3. 3.セダム・ドラゴンズブラッドの育て方
  4. 4.セダム・ドラゴンズブラッドの増やし方
  5. 5.セダム・ドラゴンズブラッドの仲間
  6. 6.セダム・ドラゴンズブラッドまとめ

セダム・ドラゴンズブラッドの増やし方

増やし方は「挿し木」がおすすめ

多肉は葉挿しが有名ですが、ドラゴンズブラッドの場合は挿し木で増やすのがおすすめです。普段使っている水はけの良い用土に軽く差しておくだけでよく、じきに発根してきます。葉がしおれない限り、水は控えめに管理しましょう。

挿し木が成功しやすい時期

挿し木は成長期にあたる春と秋がおすすめです。梅雨に入ってしまうと過湿で枯れる場合があるため、春は涼しい時期から始めるとよいでしょう。また、真冬になると活動が止まるため、秋の初めの頃に始めたほうが良い結果が得られやすいです。

葉挿しはできる?

多肉植物は葉挿しで増やす方法も有名です。しかしドラゴンズブラッドの場合、葉挿しの難易度はかなり高くおすすめできません。挿し木での増殖を試しましょう。

セダム・ドラゴンズブラッドの仲間

セダム・コーカサスキリンソウにはドラゴンズブラッド以外にもたくさんの品種があり、世界中で育てられています。日本で入手できる品種は数種類ですが、いずれも魅力的です。

トリカラー

流通量も多く、人気の品種が「トリカラー」です。白や赤の縁取りの入り方に個体差が大きいため、気に入った株を見つけたらぜひ手元に置いておきたい品種です。増やし方や剪定など、ドラゴンズブラッドと同じ管理で育てられます。

コッキネウム

「コッキネウム」は流通量は少なめですが、販売店の多肉コーナーなどで時折目にすることがあります。ドラゴンズブラッドより少し華奢なフォルムと明るめの色が特徴です。植え方、増やし方などはドラゴンズブラッドに準じます。

ステファニーゴールド

「ステファニーゴールド」は切れ込みが大きめな平たい葉っぱが特徴の品種です。色は真冬に多少赤みを帯びる程度で、ほぼ周年緑のままです。剪定や植え方、管理などはドラゴンズブラッドと同じで問題ありません。

セダム・ドラゴンズブラッドまとめ

ドラゴンズブラッドは、地植えでも鉢植えでも楽しめるとても魅力的な多肉植物です。挿し木で簡単に増やせ、徒長しても切り戻しで復活できます。入手も容易ですので、見かけたらぜひ一度手にとってみてください。

ohsaka_c
ライター

ohsaka_c

素朴な野の花や菌類をゆるく愛しています

関連記事

Article Ranking