キーツマンゴーとは?気になる味や栄養価を紹介!おすすめの食べ方は?

キーツマンゴーとは?気になる味や栄養価を紹介!おすすめの食べ方は?

キーツマンゴーをご存知ですか?沖縄以外にはあまり流通していないマンゴーで「幻のマンゴー」とも呼ばれています。皮が緑色で野菜のような見た目をしていますが、果肉はとても甘くて濃厚な味が魅力的なマンゴーです。そんなキーツマンゴーの味や特徴、栄養価などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.キーツマンゴーとは
  2. 2.キーツマンゴーの特徴
  3. 3.キーツマンゴーのおすすめの食べ方
  4. 4.キーツマンゴーの入手方法
  5. 5.まとめ

キーツマンゴーとは

キーツマンゴーをご存知ですか?沖縄で生産されているマンゴーで、栽培面積がとても少ないため「幻のマンゴー」とも呼ばれています。糖度が高く、濃厚でなめらかな食感が魅力的で沖縄土産としても人気です。そんなキーツマンゴーの栄養や特徴、おすすめの食べ方や販売価格などをご紹介します。

キーツマンゴーの基本情報

生産地 沖縄
旬の時期 8月上旬〜9月上旬
販売価格 1玉約1,000円〜4,000円
糖度 15%〜20%
皮の色 緑色
果肉の色 濃いオレンジ色

キーツマンゴーの栄養価

キーツマンゴーはビタミンCやカロテンを多く含みます。また、熟してくるとβカロテンが増える性質をもっているのが特徴です。βカロテンは体内で必要なビタミンAへと変換されるため、成人病予防の効果も期待できます。他にも消化酵素を含んでいるので、消化を助けてくれるといわれています。

ウルシオールに注意しましょう

キーツマンゴーの皮や果肉には「ウルシオール」という成分が含まれています。このウルシオールは「漆」が語源になっており、触ると痒く感じたり赤くかぶれたりする場合があるので注意が必要です。

キーツマンゴーの特徴

沖縄が主な産地で「幻のマンゴー」や「青いマンゴー 」とも呼ばれています。そんなキーツマンゴーのサイズや見た目、味などの特徴をご紹介します。

サイズ

一般的なマンゴーに比べてとても大きいのが特徴です。通常のマンゴーは50gほどの重さで、特大サイズでも500gほどが平均的な重さといわれています。それに比べてキーツマンゴーは400g〜2kgほどの重さがあり20cmを超えるものがほとんどで、赤ちゃんの頭くらいの大きさをしています。

見た目

マンゴーといえばお店に並んでいるときに、黄色の皮や、熟して真っ赤に色づいている皮のイメージが強いのではないでしょうか?しかしキーツマンゴーの場合は、皮が緑色をしているため「青いマンゴー」とも呼ばれており、野菜のような見た目をしています。

キーツマンゴーは糖度が15%〜20%もあり、とても甘くて濃厚な味がします。一般的なマンゴーの糖度は完熟したものでも10%ほどといわれています。また、繊維質が少ないためプリンのようななめらかさが特徴で、口に入れるととろけてしまうような高級感のあるマンゴーです。

食べごろを見極める方法

お土産でいただいたり、通販で購入したりしたキーツマンゴーは傷むのを防ぐために収穫してすぐの状態の場合が多いです。そのため常温で完熟させて食べごろまで待ちましょう。はじめは皮の表面に「ブルーム」という白い粉が付いています。熟してくると徐々に中から油分が出てきてブルームが見えなくなりツヤが出てきます。そのあと、ヘタの部分にシワが入ったらキーツマンゴーの食べごろです。

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、おすすめの食べ方や入手方法をご紹介します。

次のページ

キーツマンゴーのおすすめの食べ方

関連記事

  • アップルマンゴーとは?アップルといわれる由来や美味しい食べ方を紹介
    マンゴー

    アップルマンゴーはリンゴのように真っ赤に色付いた皮が魅力的なマンゴーで、糖度が高く濃厚な甘さが特徴です。日本では宮崎県や沖...

    2020年3月6日
  • マンゴーの育て方!南国フルーツを日本で栽培するための条件・方法は?
    マンゴー

    濃厚な甘味が特徴のマンゴー。トロピカルフルーツの王様ともいえるマンゴーですが、気温や環境など育て方のポイントを押えれば沖縄...

    2020年4月8日
  • マンゴーの食べ方!食べ頃の見分け方や上手なむき方・切り方をご紹介!
    マンゴー

    マンゴーを自宅で食べたことはありますか?マンゴーはそのまま食べても、スイーツの材料にしても美味しい南国のフルーツです。しか...

    2020年9月16日

Article Ranking