マンゴーの育て方!南国フルーツを日本で栽培するための条件・方法は?

マンゴーの育て方!南国フルーツを日本で栽培するための条件・方法は?

濃厚な甘味が特徴のマンゴー。トロピカルフルーツの王様ともいえるマンゴーですが、気温や環境など育て方のポイントを押えれば沖縄や九州でなくても枯れることなく栽培が可能です。マンゴー栽培の環境条件や挿し木での増やし方、特徴などマンゴーの育て方についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.マンゴーについて
  2. 2.マンゴーの種類
  3. 3.マンゴーの栽培環境
  4. 4.マンゴーの育て方
  5. 5.挿し木での増やし方
  6. 6.マンゴーの収穫
  7. 7.まとめ

マンゴーについて

Photo byGoPlaces

マンゴー栽培をより楽しむために、まずはマンゴーの基本的な情報や歴史、特徴、種類についてご紹介します。さまざまな特徴に注目して育てると、より栽培が楽しくなります。

マンゴーの基本情報

ムクロジ目
ウルシ科
マンゴー属
マンゴー
原産地 インド

マンゴーの歴史

マンゴーの栽培は、紀元前のインドでスタートしたといわれています。仏教やヒンドゥー教でも大変重要な樹とされていることから、古くから人々に親しまれ大切にされてきた果樹であることがうかがえます。

マンゴーの特徴

花の特徴

マンゴーは枝の先端に花を咲かせます。マンゴーは柄のついた小さな黄色の花が、軸に房のようにつく「総状花序(そうじょうかじょ)」と呼ばれる花の形をしています。開花時期は生育環境や地域によって異なりますが、4~5月頃です。

香りの特徴

マンゴーの花の香りは非常に特徴的です。開花すると非常に強い腐敗臭を発することで知られています。植物はよく受粉の際にミツバチの力を借りますが、マンゴーが育つ熱帯の環境ではミツバチはあまり存在しません。そこでミツバチの代わりにハエに受粉を補助してもらうため、腐敗臭を放っているといわれています。室内での栽培は、開花時期に要注意です。

葉の特徴

マンゴーは、細長く緑色の葉を茂らせます。近年の研究で、マンゴーの葉に老化予防に役立つ成分があることが発見されました。今後の食品や化粧品への活用に期待が高まっています。

マンゴーの葉に皮膚の老化防止作用を発見 廃棄されているマンゴーの葉の有効活用に期待 -- 近畿大学 - 大学プレスセンター
【本件のポイント】 ●マンゴーの葉に皮膚の老化予防につながるAGEs産生抑制作用を発見 ●多量に廃棄される未利用農産資源であるマンゴーの葉の有効活用に期待 ●今後は、機能性食品や化粧品の素材として、企業との連携を通じて応用研究を進める 【本件の概要】  近年高齢化が進み、アンチエイジングに対する意識が高まっています。皮膚の老化はAGEs(Advanced Glycation End Produc...

樹の特徴

マンゴーは放任で育てると20m~40mほどにもなる、たいへん大きな植物です。剪定するとよく枝分かれするので、自宅で育てる場合は、高さや形など自宅のスペースや好みにあわせて剪定するとよいでしょう。また、マンゴーは剪定した枝先を使って挿し木をし、樹を増やすこともできます。増やし方の手順についてはのちほどご紹介します。

成分の特徴

マンゴーはウルシ科の植物です。ウルシ科の植物の多くにはウルシオールという物質が含まれており、この物質はかぶれの原因になるといわれています。マンゴーにはこのウルシオールに似た「マンゴール」という物質が含まれているため、扱うときは注意が必要です。

マンゴーの種類

Photo byShutterbug75

マンゴーにはさまざまな種類があり、色も形もさまざまです。それぞれの種類の種や苗を入手し、育ち方の違いを比べるのも楽しいでしょう。種類によっては発芽しにくかったり、挿し木では発根しづらかったりというものもあります。

種類①アルフォンソマンゴー

マンゴーは世界三大フルーツにも数えられていますが、中でも「キングオブマンゴー」と呼ばれているのがアルフォンソマンゴーです。インドでさかんに栽培されており、高級品として知られています。

種類②アップルマンゴー

果実が赤く色づく品種を総じてアップルマンゴーと呼びますが、中でもアーウィン種と呼ばれる種類が代表的です。日本で栽培されるマンゴーの95%以上がこのアーウィン種であるといわれています。丸くてかわいらしいフォルムと強い果実の香りが特徴的なマンゴーです。

種類③メキシカンマンゴー

メキシコでは、アップルマンゴーの一種「ケント種」がよく栽培されています。見た目は他のアップルマンゴーと同様ですが、なめらかで繊維の少ない果肉が人気です。

種類④グリーンマンゴ―

グリーンマンゴ―は、その名の通り熟しても果皮が緑色のマンゴーです。一見すると熟していないように見えますが、手触りや芳香で食べごろを見極めましょう。十分に熟したものは非常に濃厚な味わいで、強い甘味が特徴的です。

種類⑤ペリカンマンゴー

マンゴーの中では淡泊でバランスのよい味わいと評されるペリカンマンゴー。果皮は黄色く、ペリカンのくちばしに似た見た目をしています。イエローマンゴーやゴールデンマンゴーと呼ばれることもあり、フィリピン産が多く出回っています。

ボタニ子

ボタニ子

次のページから、マンゴー栽培に適した環境条件や育て方について、詳細を紹介していきますよ。

次のページ

マンゴーの栽培環境

関連記事

  • アップルマンゴーとは?アップルといわれる由来や美味しい食べ方を紹介
    マンゴー

    アップルマンゴーはリンゴのように真っ赤に色付いた皮が魅力的なマンゴーで、糖度が高く濃厚な甘さが特徴です。日本では宮崎県や沖...

    2020年3月6日
  • キーツマンゴーとは?気になる味や栄養価を紹介!おすすめの食べ方は?
    マンゴー

    キーツマンゴーをご存知ですか?沖縄以外にはあまり流通していないマンゴーで「幻のマンゴー」とも呼ばれています。皮が緑色で野菜...

    2020年3月16日
  • マンゴーの食べ方!食べ頃の見分け方や上手なむき方・切り方をご紹介!
    マンゴー

    マンゴーを自宅で食べたことはありますか?マンゴーはそのまま食べても、スイーツの材料にしても美味しい南国のフルーツです。しか...

    2020年9月16日

Article Ranking