木酢液で虫除け対策をしよう!効果的な散布頻度や希釈率も詳しく解説!

木酢液で虫除け対策をしよう!効果的な散布頻度や希釈率も詳しく解説!

木酢液を使えば農薬を最低限に抑えながら虫除け対策ができます。家庭菜園をいきいきと育てるために、木酢液の適切な使い方、スプレーのやり方などをチェックしましょう。効果的な虫除け対策をするための品質チェック方法もご紹介します。

記事の目次

  1. 1.家庭菜園で活躍する木酢液
  2. 2.木酢液は家庭菜園の虫除け対策に効果抜群
  3. 3.虫除けに効果的な木酢液の使い方
  4. 4.木酢液の選び方
  5. 5.木酢液の使い方の注意
  6. 6.まとめ

木酢液と虫除け剤を混ぜる

Photo byskeeze

木酢液は浸透力が高いため、虫除け剤などの薬品と混合して使うと、より虫除け剤を浸透させ防虫効果を高めます。希釈率は木酢液が400~1,000倍になるように混ぜましょう。虫除け剤の指定頻度を守り、それぞれの濃度が濃くなり過ぎないように注意してください。木酢液と虫除け剤を混ぜる場合は、虫除け剤の量を通常より減らしてもよいです。

木酢液の選び方

木酢液の品質を確かめて選ぶ

市販されている木酢液の中には、きちんとろ過されずに不純物を残したまま製造されているものや、粗悪な製法で作られているものもあります。環境や植物に安心して使える木酢液を選びましょう。木酢液の品質は見た目や香りなどで判断できます。以下のポイントを参考にしてください。

①黄褐色または赤褐色である

質のよい木酢液は澄んでいて透明感のある褐色です。紅茶やワイン、ビールのようにきれいな色合いをしています。ただし、初めから薄めてあるものや木の種類などによっても色合いは違うので、見た目だけで判断しないようにしましょう。木酢液の色に濁りのあるものや浮遊物があるものは避けます。

②pH値が3前後である

出典:写真AC

木酢液の原液はpH値1.5~3.7が一般的です。pH値が高い場合、何かが添加されている可能性があります。また、原料となる木材にアルカリ性の塗料が使われていたり、廃材が使われている場合もpH値が高くなるので注意が必要です。ただし初めから薄めてある木酢液の場合は、pH5.5やpH6.0になることもあります。

③燻製のような香りである

フリー写真素材ぱくたそ

質のよい木酢液は、木をいぶしたような燻製の香りがします。しかし、つーんとする香りや酢のような強い刺激臭がするものは、pH値を調整するために化学合成酢酸を混ぜている可能性があるため気を付けましょう。質のよい木酢液のポイントは、余計なものが入っていない純正であることが大切です。

④原料が明瞭である

フリー写真素材ぱくたそ

原料の樹木がしっかりと明記された木酢液を選びましょう。ナラ類、ブナ類、カシ類は質のよい木酢液をつくるために優れた原料です。しかし、樹木が明記されていない場合、クスの木やアセビの木など人や動物に有害な樹木が使われていることや、樹木とは呼べないような有害な廃材が使われていることがあります。

園芸用の木酢液を選ぶ

木酢液の殺菌性をいかして、水虫の治療やアトピーの治療などにも使える木酢液が販売されています。しかし、皮膚に使う木酢液と園芸用の木酢液では酸性度などが異なるため、虫除け対策のためには必ず園芸用の木酢液を使いましょう。また、園芸用の木酢液を皮膚に使うことも避けます。

ボタニ子

ボタニ子

次ページからは木酢液を使用するときの注意点を紹介します。

次のページ

木酢液の使い方の注意

関連記事

  • 木酢液で虫除けできる?木酢液で期待できる8つの効果と自作手順を紹介!
    忌避剤

    ガーデニングとは切り離せない虫除け対策や、オーガニックな家庭菜園など、木酢液は園芸シーンにおいてとても重要な役割を果たして...

    2020年3月27日
  • 自宅にねずみの糞があった場合の対処法!忌避剤など効果的な駆除方法を解説
    忌避剤

    自宅でねずみの糞を発見したら驚いてしまいますね。なにをどうしたらよいのかわからなくなるでしょう。ねずみとばったり鉢合わせは...

    2020年5月11日
  • ナメクジの忌避剤・駆除剤おすすめ10選!ランキング形式でご紹介!
    忌避剤

    大切な植物を食い荒らしてしまう害虫の代表、ナメクジ。困っている方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなナメクジの駆除方...

    2020年9月25日
  • 「ニームオイル」とは?虫除け剤としての使い方や効果をご紹介!
    忌避剤

    ニームオイルをご存知でしょうか。天然由来の虫よけ剤として、農業やガーデニングで注目を集めている資材です。虫よけ剤だけではな...

    2020年9月30日

Article Ranking