ダコニールの効果・特長と使い方!使用が推奨される野菜や症状も解説!

ダコニールの効果・特長と使い方!使用が推奨される野菜や症状も解説!

野菜や植物の農薬・ダコニールは、農業・園芸の分野でも人気がある殺菌剤です。厄介な病気の治療だけでなく、病気になりにくい野菜づくりにも農業用の殺菌剤は重要な役割を持っています。そこで人気の高いダコニールの効果・特徴や使い方、使用が推奨される野菜などを解説します。

記事の目次

  1. 1.ダコニールとは?
  2. 2.ダコニールの特長
  3. 3.ダコニールの使い方
  4. 4.ダコニールを使う注意点
  5. 5.ダニコールの効果が期待できる野菜の種類
  6. 6.おすすめのダコニール商品3選
  7. 7.まとめ

ダコニールとは?

Photo byemersonbegnini

園芸・農業の分野で農薬としてよく知られているダコニールは、野菜や植物に多い病気の症状改善に効果がある農業用殺菌剤です。ダコニールは殺菌効果が高いため農薬として使われることが多いのですが、カビ菌に対する効果も強いので、建築や工事現場などでは工業用防カビ剤としても使われています。

ダコニールは商品名

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

「ダコニール」という名前は、あくまでも商品名です。正しくは「クロロタロニル」という有機塩素化合物で、系統名「テトラクロロイソフタニトリル」の頭字語(アクロニム)でもあります。ちなみにアクロニムを正式に表記すると非常に長いので、一般的に「TPN」と表記します。

「ダコニール」がつかない農薬の方が多い

Photo byfancycrave1

ダコニールは商品名ですから、同じ効果を持つ農薬の中には商品名に「ダコニール」とつかないものもたくさんあります。そのため通販サイトなどでダコニールを検索してみると「ダコニールに関する商品」というカテゴリーで多くの商品が紹介されますが、商品名にダコニールがつくのは全体のほんの1部にすぎません。

農薬である

Photo bywuzefe

消毒効果が高いのが特長のダコニールは、園芸・農業分野で農薬として使われます。特に細菌に対する有効成分を多く含むため、野菜やブドウに多い「べと病」やバラに多い「黒星病」に効果が高いのが特長です。ちなみにコウジカビ菌なら1ppm~3ppm、緑膿菌なら30ppmで効果がでます。

「べと病」とは?病気の概要や予防・治療に使える薬剤をご紹介!のイメージ
「べと病」とは?病気の概要や予防・治療に使える薬剤をご紹介!
きゅうりやかぼちゃ、ゴーヤを育てるときに、葉にモザイクタイルような模様が出たことはありませんか?それはべと病かもしれません。べと病とはどのような病気なのでしょうか?予防や治療方法、おすすめの農薬などを含めた対策方法を詳しくご紹介します。

薬害に注意

Photo byHans

強い殺菌効果を持つダコニールは、使い方に注意しなければ薬害を引き起こします。例えば散布中に高濃度のダコニールが皮膚につくと、激しいかゆみやかぶれが起こります。さらにこのような症状が出た場合は抗ヒスタミン薬などの投薬治療が必要になるので、薬害を防ぐためにも使い方を正しく理解することが重要です。

経口すると発がん性のリスクも

Photo byFree-Photos

厄介な病気に効果が高い農薬では、薬害を起こすリスクが高いのも特長です。特にダコニールは水和剤タイプが多いため、散布中に誤って経口してしまうと発がん性のリスクにつながる可能性もあります。なお国際がん研究機関の研究では「ダコニールの経口投与は人に対する発がん性が疑われる」としています。

ダコニールの特長

Photo byFree-Photos

経口投与などが起こると人体に悪影響を及ぼすダコニールですが、安全に正しく使えば野菜や植物を枯らす厄介な病気の治療や予防に役立つ便利なの栽培アイテムです。そこでダコニールの使い方を説明する前に、ダコニールの特長についても紹介しておきましょう。

登録農薬である

Photo byjarmoluk

ダコニールは農薬に分類されているため、農薬取締法によって使い方の指定があります。なお農薬には「登録農薬」「特定農薬」の2種類があり、ダコニールのように病気に対して効果がある農薬は「登録農薬」に分類され、病気への効果だけでなく作物や人体への安全性が国の定める基準をクリアしなければ登録されません。

病気予防にも効果あり

Photo bykkolosov

ダコニールを病気の症状が出た後で使用すると病気の回復に効果が見られますが、消毒効果もあるため、病気の予防にも使える殺菌剤です。なおダコニールは消毒効果のほかに病気発生の原因となる胞子の発芽防止成分が含まれているので、プロの間では「予防効果が高い殺菌剤」として人気があります。

再発防止にもおすすめ

Photo byJerzyGorecki

ダコニールは病気予防の効果が高いのが特長なのですが、病気が治った後の再発予防にも高い効果を発揮します。もちろんダコニールにも病気の治療効果はありますが、症状が深刻な場合はダコニールよりも治療剤の方がおすすめです。なお治療後にダコニールで消毒すると、再発防止効果が高まります。

次のページ

ダコニールの使い方

関連記事

  • 癒合剤のおすすめ5選!剪定後に必要?塗り方や注意すべき点を解説!
    殺菌剤

    「癒合剤(ゆごうざい)」は植物の治癒力を高める、ガーデニング アイテムのひとつです。農薬として登録されているものと、そうで...

    2020年4月3日
  • カリグリーンの特長と使い方!殺菌剤としての効果的な使用方法など解説
    殺菌剤

    野菜や植物の病気に効果があると注目されている殺菌剤が「カリグリーン」です。カリグリーンは農薬ですが、自然界に存在する栄養素...

    2020年4月7日
  • アーリーセーフの効果とは?害虫対策に効果的な使い方をご紹介!
    殺虫剤

    アーリーセーフはガーデニングや家庭菜園の殺虫殺菌剤として、注目されています。安全性や使い勝手に優れたアーリーセーフは、使い...

    2021年1月12日
  • ズッキーニの上手な受粉方法を解説!タイミングは?やり方の手順を詳しく
    ズッキーニ

    近年、食卓に取り入れられることが多くなったことから、ズッキーニの家庭菜園が注目を集めています。ズッキーニを大きく結実させる...

    2021年3月3日

Article Ranking