レモンの木の剪定方法!剪定が必要なケース・時期・やり方をご紹介!

レモンの木の剪定方法!剪定が必要なケース・時期・やり方をご紹介!

白くてかわいい花を咲かせるレモン。収穫したレモンは、さわやかな香りと酸味が特徴で、さまざまな料理によく合います。レモンは苗木から、プランターで手軽に栽培できることをご存じでしょうか?レモンの育て方や、剪定のやり方と剪定時期などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.レモンってどんな花?
  2. 2.レモンの種類
  3. 3.レモンの育て方
  4. 4.レモンの剪定
  5. 5.レモンの病気と害虫
  6. 6.レモンの花言葉
  7. 7.まとめ

レモンってどんな花?

Photo byPexels

ほどよい酸味が人気のレモン。実はかわいらしいピンクのつぼみをつけ、真っ白で小さな花を咲かせることをご存じでしょうか?おいしいレモンを実らせるための育て方や、レモンを枯らさないコツ、レモンの剪定方法や剪定時期などをご紹介します。

レモンの基本情報

Photo by 張簡旭笙

科名 ミカン科
属名 カンキツ属
収穫期 10月から4月
形態 高木
特性 常緑性
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い

レモンの特徴

Photo byOpenClipart-Vectors

さわやかな香りが魅力的なレモンですが、その酸味はクエン酸が多量に含まれているためです。枝にはとげのあるものが多く、葉が厚くしっかりとしているのが特徴です。レモンの実がなる前に、小さな白い花を咲かせます。

レモンの歴史

Photo byMareefe

レモンは明治時代に日本に持ち込まれたとされています。発祥の地は北インドや中国といわれ、初期のレモンは苦いものが多く薬味や調味料として使われていました。12世紀に入ると地中海地方でも栽培するようになり、カリフォルニアやオーストラリアにも伝わっていったのです。

レモンの種類

Photo byHans

レモンといっても、とげのないものや酸味の少ないレモンなどたくさんの品種があります。生産地もさまざまで、初心者向けの育てやすいレモンから、防寒対策をしなければならないレモンまで種類豊富です。いくつか代表的なレモンをご紹介します。

とげなしレモン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

はじめてでも育てやすいのが、とげなしレモンです。レモンは、葉や実がこすれあってできた傷から感染して枯れてしまうことがあります。とげのない品種はその心配が少ないため、風を避ける世話を省けます。はじめてレモンを育てたい方におすすめの品種です。

グランドレモン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

酸味がやわらかく、表面もつるっとしていて、料理に向いているのがグランドレモンです。レモンケーキやレモンジャムなど、いろいろな料理に使われています。とげも少ないので育てやすく、あまり木が大きくならず、実がたくさんなることから人気の品種です。

マイヤーレモン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

マイヤーレモンは酸味が控えめなレモンです。マイヤーをローマ字で読み「メイヤーレモン」とも呼ばれます。主な生産地はニュージーランドで、暖かい地域で非常に生産性が高いのが特徴です。マイヤーレモンもとげがないため、栽培が簡単で人気があります。

リスボン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

リスボンの主な生産地はカリフォルニア州です。とげの多いリスボンを苗木から栽培するときには、風で葉や実が傷つかないよう注意してください。寒さに弱いので、防寒対策が必要です。葉が厚く、太陽からレモンの実を守ってくれる特徴があります。

レモンの育て方

出典:写真AC

レモンは地植えよりもプランター栽培のほうが手入れが簡単で、初心者に向いています。苗木からおいしいレモンを結実させるための土づくりや水やり方法、肥料の与え方などもご紹介します。

プランター栽培

出典:写真AC

レモンはプランターで育てると、防寒対策や防風対策がしやすいでしょう。直径30cm以上のプランターの鉢底に鉢底石をひき、鉢底ネットを入れます。水はけをよくすることで、レモンが根腐れするのを防ぐ役割がありますよ。
 

用土

Photo byTanuj_handa

レモンの苗木には、弱酸性から中性の土が適しています。ホームセンターでレモン専用の土を購入するか、腐葉土と赤玉土を混合して手作りした土でもOKです。有機質を根より下に入れ、砂と少々の粘土質があるとレモンに最適の土になります。

水やり

Photo by sorarium

レモンは加湿を嫌うので、冬場の水やりは1週間に1度あげれば十分です。乾燥に強いといわれていますが、夏場は水がすぐに乾いてしまうので、過度の乾燥を防ぐために毎日水やりをします。春や秋は3日に1回程度、土の様子を見ながら水やりをしてください。

肥料

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

おいしいレモンを実らせるために、肥料は必ず必要です。年に4回与えるのが基本で、3月、6月、9月、11月に有機質肥料の油かすを与えます。ほかにも緩行性の化成肥料で、レモンにゆっくりと栄養を与えるやり方もおすすめです。

間引き

Photo by yoppy

レモンの枝がたくさん伸びていたり、葉が茂りすぎていたりする場合は間引きが必要です。間引きすることで、風通しがよくなり害虫の被害を減らせます。また、間引きにより日当たりもよくなります。間引きはレモンを実らせるための大切な作業といえるでしょう。

レモンを枯らさないコツ

Photo by PYONKO

レモンの育て方で重要なのは、葉を大事にすることです。害虫の被害や、寒さによる落葉で葉がなくなってしまうと、結実させるのがむずかしくなります。葉を落とさないように育てることが、おいしいレモンを結実させる重要な条件です。

レモンの剪定

Photo byHans

レモンの剪定には、風通しをよくするためや害虫を予防するためだけでなく、おいしいレモンを結実させる目的があります。レモンの剪定は、花つきや実つきをよくする大切な作業です。正しいレモンの剪定方法を紹介します。

剪定が必要なケース

Photo byblickpixel

レモンは葉が落ちやすいため、自然と風通りがよくなります。そのため、ほかの植物に比べると剪定の必要性は低いでしょう。ただし、3年ほど育てたレモンは葉が茂りすぎてしまい、風通しが悪くなることがあります。このような場合は虫の被害を受けやすくなるため、剪定が必要になります。

剪定時期

Photo byMaklay62

初心者におすすめのレモンの剪定時期は5月中旬です。暖かくなってきたころに剪定するのがポイントで、寒い時期に剪定すると枯れてしまいます…。また、1年以内に植えたばかりのレモンの場合は葉が少ないため、剪定の必要はありません。

剪定方法

Photo byjackmac34

レモンは強剪定する必要はありません。全体的に見て、ほかの枝よりも伸びている部分を剪定します。混み合っている枝は成長のさまたげになる恐れがあるので、根元から切り落としてください。結実させたい枝は切らないよう注意が必要です。

剪定不要期間

Photo byPexels

半落葉性のレモンは葉が自然に落ちていきます。そのため、植えはじめてから3年ほどは、剪定の必要はありません。また、葉の枚数はレモンの結実とつながっているため、あまり葉を減らしてしまうと収穫数が少なくなってしまう恐れもあります。

レモンの病気と害虫

Photo byRi_Ya

レモンを育てていくうえで、注意したいのは病気と害虫の被害です。葉が落ちやすい特徴のあるレモンなので、葉を守るためにも病気や害虫の対策をしっかり行いましょう。レモンのかかりやすい病気や、害虫の被害を紹介します。

アオムシ

Photo by "KIUKO"

アゲハチョウのアオムシがレモンの葉によくつきます。気がつかず放っておくと、あっという間に葉が食べられてしまうので注意が必要です。殺虫剤を散布して駆除や予防することで、被害を防ぐことができます。アオムシをレモンから直接引き剥がすやり方でも大丈夫です。

カイヨウ病

Photo by JIRCAS

レモンの大敵であるカイヨウ病は、レモンの葉や実がこすれあうことでかかってしまう病気です。こすれた傷から感染し、葉に黒い斑点がでたり、葉が落ちてしまったりします。強風にさらさないよう注意するか、殺菌剤で予防することが大切です。

レモンの花言葉

Photo byulleo

レモンは薄いピンクのつぼみから白くてかわいらしい花を咲かせます。一言で花言葉といっても、レモンは花と実でそれぞれ花言葉が違うのをご存じでしょうか。最後に白いレモンの花と、酸味が魅力的なレモンの実の花言葉を紹介します。

レモンの花の花言葉

Photo byulleo

レモンの花には「誠実な愛」「思慮分別」という花言葉がつけられています。「誠実な愛」はレモンの白い花にぴったりな花言葉です。物事をよく考え善悪を判断するという意味の思慮分別も、白色のイメージがよく合う花言葉でしょう。

レモンの実の花言葉

Photo byFruitnMore

レモンの実には「情熱」という花言葉がつけられています。黄色のイメージが強いレモンには、少し意外な花言葉かもしれません。これは、収穫したレモンの酸味がしっかりしていることからつけられたといわれています。

まとめ

Photo byJillWellington

レモンの種類や育て方、剪定方法をご紹介しました。収穫したレモンは、はちみつレモンやレモネードなどさまざまな料理に使えます。自分で作ったレモンだと、一段とおいしく感じそうですね。ぜひおいしいレモンを育ててみてはいかがでしょうか。

Alisa.
ライター

Alisa.

イングリッシュガーデンに魅了され、おとぎ話のような庭造りに挑戦中です。ガーデニング経験を活かして、読みやすく面白い記事作成を心がけています。庭で子供たちとイチゴ摘みができたら素敵だなと思い、小さな家庭菜園も始めました。

関連記事

Article Ranking