豆苗の再生栽培での育て方!2・3回と収穫を楽しむためのコツは?

豆苗の再生栽培での育て方!2・3回と収穫を楽しむためのコツは?

豆苗(とうみょう)という野菜をご存知ですか?スーパーで見かけられる野菜で、食べた後に再生栽培できる節約野菜として知られています。この記事では、実際に豆苗の再生栽培に挑戦して、再収穫を楽しむコツや収穫量を増やすポイントなどについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.豆苗とは
  2. 2.豆苗の再生栽培日記
  3. 3.豆苗の再生栽培のコツ
  4. 4.収穫した豆苗の食べ方
  5. 5.まとめ

豆苗とは

出典:写真AC

豆苗(とうみょう)は、マメ科エンドウ属のエンドウの若芽です。もともとは中国で高級食材として扱われていましたが、主にスプラウト状のものが出回っています。一般的な葉野菜より安くて栄養価が高く、さらに食べやすいことから、近年では節約野菜として人気が高まってきました。

基本情報

 
学名 Pisum sativum L.
和名 エンドウ
原産地 ウズベキスタン
草丈 80cm~150cm

成長するとグリンピースになる

出典:写真AC

豆苗は、エンドウの若芽です。多くの場合は根が付いた状態で売られていて、そのまま畑に植えてグリンピースの収穫もできます。秋の終わりが定植の時期で、挑戦してみるのも楽しいでしょう。ただしエンドウは病気や害虫に弱いため、きちんと対策を行ってください。

絹さや(サヤエンドウ)の育て方!家庭菜園で上手に育てるコツをご紹介!のイメージ
絹さや(サヤエンドウ)の育て方!家庭菜園で上手に育てるコツをご紹介!
ちょっと摘んできて料理に使えたらとても便利な絹さや(サヤエンドウ)。そんな絹さやの家庭菜園やプランターでの育て方のコツを初心者向けに紹介します。絹さや栽培で最も大切な苗の植え付けを中心に、越冬の注意点、春からの育て方や収穫の要領を順に説明します。

ビタミンKをはじめ栄養豊富

出典:写真AC

豆苗は栄養豊富で、特に骨づくりに役立つビタミンKが非常に多く含まれています。また、ビタミンAやビタミンC・葉酸なども多く含まれているため、妊娠中の女性はおかずに積極的に食べていきたい野菜に挙げられます。さらに、葉野菜でありながら豆類であるため、タンパク質も非常に豊富です。

枝豆は「タンパク質」が豊富って本当?効果や上手な摂取方法を紹介!のイメージ
枝豆は「タンパク質」が豊富って本当?効果や上手な摂取方法を紹介!
枝豆はタンパク質豊富な大豆の実を未成熟なうちに収穫した作物です。豆類でありながら、カロテンが豊富なため農産物としては野菜に分類されています。本記事はビタミンもタンパク質もとれてさまざまな健康効果がある枝豆について詳しくご紹介します。

再生栽培できる野菜

豆苗の一番の特徴は、なんといっても再生栽培ができるということです。何回も再収穫できて、家計の節約にぴったりです。また、肥料がいらず水だけで育つため、プランターの置き場や虫害に悩まされる心配もありません。2回目・3回目と、再収穫を目指すこともできます。

再生野菜(リボベジ)おすすめ6選!再生野菜の魅力や育てやすい野菜をご紹介!のイメージ
再生野菜(リボベジ)おすすめ6選!再生野菜の魅力や育てやすい野菜をご紹介!
「再生野菜」という言葉を聞いたことはありますか?普通であれば捨ててしまう野菜の根やヘタを再利用して育てるという、家計が気になる人におすすめの節約術です。今回は、そんな再生野菜の魅力や、おすすめの野菜を紹介していきたいと思います。

豆苗って、とってもすごい野菜なのね!家計の節約にもなるし、私もさっそく、再生栽培に挑戦してみるわ!

じゃあ次のページから、実際に豆苗の再生栽培をやってみた様子を見てみようか。何回くらい再収穫できるかな?

次のページ

豆苗の再生栽培日記

関連記事

Article Ranking