デイリリーとは?黄金の星といわれる名前の由来や特徴・花言葉をご紹介!

デイリリーとは?黄金の星といわれる名前の由来や特徴・花言葉をご紹介!

色々な品種、花色があるデイリリーは育てやすく1年のうち長い期間、花を楽しめる四季咲きなので是非ガーデニングはじめたい方にもおすすめです。仲間にはニッコウキスゲやノカンゾウがあります。そんなデイリリーの名前の由来や花言葉、育て方、特徴などを紹介します。

    記事の目次

    1. 1.デイリリーとは?
    2. 2.デイリリーの名前の由来は?
    3. 3.デイリリーの花言葉は?
    4. 4.デイリリーの育て方は?
    5. 5.デイリリーは食べられるの?
    6. 6.まとめ

    デイリリーとは?

    デイリリーはへメロカリスともよばれる

    学名ではへメロカリスとよばれます。ユリ科、多年草の植物で約1日で花は枯れてしまいますが、次々と咲き季節を選ばず何度も花を咲かす「四季咲き」で、①朝に咲き・夕方にしぼむ「昼咲き」と、②夜に咲き・翌朝にはしぼむ「夜咲き」に分かれます。大きさは大型から小型のものまで、色は白、赤、ピンク、オレンジ、黄色と複数の種類がありいずれも耐寒性、耐暑性に強く初心者でも育てやすい花になります。寒さにも暑さも強いので地域関係なく栽培が楽しめそうですね!

    デイリリーの仲間

    ニッコウキスゲ

    別名ゼンティカ。北海道から九州まで分布されており、色はオレンジと黄色50cmから80cmほどの大型種になります。高山や草原に群生していることが多く、5月上旬から8月上旬に開花し、群生していると黄色い絨毯のようでとても綺麗です。花はラッパ状で大きさは10cmほど、花びらは6枚。朝に咲き夕方しぼむ昼咲きになります。5月から8月は登山や散歩を楽しめる時期でもありますので、黄色い絨毯を写真におさめにいってみてはいかがでしょうか。

    ノカンゾウ

    ノカンゾウは本州から沖縄、中国や台湾まで分布し、根茎は太く厚みがあります。背丈は50cmから70cm、幅1cmで、7月から8月に開花し、茎の上部から8cmほどの花を次々つけます。また、朝に咲き、夕方しぼむ昼咲きの花となります。小型で早咲きのヒメカンゾウ、観賞用などに栽培されるホンカンゾウなどが仲間で、食用で使われることもあります。なお、デイリリー(ヘメロカリス)はノカンゾウを園芸用に品種改良したものといわれています。

    デイリリーの名前の由来は?

    名前の由来

    なぜ黄金の星といわれるの?

    デイリリー(ヘメロカリス)の花は短命であり、花は1日でしぼんでしまいます。そのようにして美しい花を次々とつけていくのですが、その特徴が名前の由来となっており「デイ:day」(1日)「リリー」といわれています。また、別名の「へメロカリス」の方もギリシャ語「ヘメラ:hemera」(1日)と「カロス:callos」(美しい)の組み合わせに由来しており、意味は「デイリリー」と同じです。

    黄金の星といわれる由来

    ニッコウキスゲと見た目は似ているのですがデイリリーの品種の一つで「ステラデオロ」という小型の種類があり、イタリア語で黄金の星という意味になります。黄色い大輪の花を咲かせますで、ぴったりな名前です。特徴としては、へメロカリスでは珍しい二重咲きで花弁の先端は丸く、人気の高い品種になります。

    デイリリーの花言葉は?

    デイリリーの花言葉は「宣言、とりとめのない恋、苦しみからの解放、微笑、一夜の恋、愛の忘却、憂鬱が去る、憂いを忘れる」などです。「憂鬱が去る」や「苦しみからの解放」「憂いを忘れる」といった花言葉から、何かつらいことを成し遂げた方や今苦しんだり悩んだりしてる方にプレゼントしてみるのもよいかもしれません。

    デイリリーの育て方は?

    育て方

    四季咲きなので次々と花が咲き、開花時期は5月から9月と長めです。植え付けは春に購入した場合は3月から5月で秋に購入した場合は9月から11月初旬が、おすすめです。余程のことがない限り枯れることはない育てやすい品種ですが、あまり寒い時期に新芽が伸びると枯れてしまう危険性がありますので注意してあげてください。

    プランターで育てる場合は?

    プランターで育てる場合は、1株だと直径30cmくらい、2株だと直径65cm以上のものを選ぶとよいでしょう。あまり小さいものだと根が混み合い花付きが悪くなってしまいます。土は、あまり選ばず水はけや保水性、有機質があればよいので、市販の土で大丈夫です。もし配合するのであれば、赤玉土と腐葉土を6対4に緩効性肥料を混ぜるとよいでしょう。

    地植えはできるの?

    地植えで栽培することも可能です。日当りと水はけの良い場所に40から50cm間隔で20から30cmの深さに掘ります。土がかたい場合は、根がはりずらくなってしまうので 赤玉土や鹿沼土などをまぜます。いずれも。土が固くなり風通しが悪くなると、水はけが悪くなり害虫の発生や枯れる原因になりますので注意しましょう。

    置き場所は?

    水はけと日当たりの良い場所がおすすめです。ただ真夏は熱で株が弱る可能性があるので、午前中は日向で午後は日陰に置くことがおすすめです。半日陰に長くあると花が少なくなる危険性があります。プランターの場合は移動することが出来ますが、地植えの場合はそうもいきません。日当たりが良い場所を好みますが真夏の直射日光や西日が直接当たらない風通しの良い場所に植えるとよいでしょう。

    手入れ方法は?

    しぼんだ花はすぐに摘みましょう。(つけたままだと、次の花のための養分が取られてしまうため)水やりはプランターの場合、土が乾いているようであれば水をあげます。少し湿った状態を保つとよいでしょう。ただし、水のあげすぎは根腐れの原因になるので注意しましょう。地植えの場合は雨が当たるので、毎日水やりは必要はありません。ただ、しばらく雨が降らず土が乾いているようであれば、たくさん水をあげます。土が乾燥すると株が弱り花がつきにくくなってしまうからです。

    肥料は

    プランターの場合は地植えに比べ、肥料切れが起こりやすいです。月に1回程度、緩効性の肥料を与えましょう。地植の場合は、植え付けの際に肥料を入れておけば、3月頃と9月頃に肥料を与えるだけで問題なく育ちます。緩効性が高ければ、化学肥料でも有機肥料のどちらでも大丈夫です。もし肥料を与えすぎてしまった場合は、葉を根元から切りましょう。根から切ることによって栄養の吸収を止めることができます。

    虫はつくの?

    春になり暖かくなると、アブラムシやスリップスといった害虫対策が必要になります。葉の間から発生しアブラムシは花の形を変形させ、スリップスは花の色にむらを作る原因になりますので園芸用の殺虫スプレーを用意したり、雨降り後や水やり後にオルトランをまくとよいでしょう。また、土が湿りすぎていたり、水はけが悪い状態も害虫の原因になりますので注意しましょう。

    株分けは?

    株分けは、開花前の3月下旬から5月上旬か株が落ち着く9月から10月頃がよい時期です。根元から根を傷つけないように10cmほど刈り取り、3から5芽になるように分けます。大き目の鉢であれば株分けは必須ではないのですが、小さい鉢であれば、根が混み合うと花付きが悪くなってしまうので株分けしましょう。

    植え替えは?

    植え替えは、3月〜4月か9月〜10月頃に行うと、株へのダメージが少なくすみます。新しい場所をしっかりと用意してから、根を傷つけないように株を堀りあげ、古い土を落として根をしっかりと広げ、植え替えていきます。植え替え後は、すぐに水をあげてあげましょう。

    デイリリーは食べられるの?

    食用に利用されることも多く、花弁は歯ごたえがあり鉄分やカリウム、カルシウムなどを含んでいるそうです。中華料理や、おひたし、酢味噌和え、サラダ、パスタ、てんぷらなど色々な料理に使われています。食用にする場合は有毒な品種などもありますので、しっかり調べてから調理しましょう。

    まとめ

    今回はデイリリーの特徴や花言葉、名前の由来、育て方を紹介いたしました。デイリリーの他にもペチュニア、マリーゴールド、ゼラニューム、セントポーリアなど1年のうち何度も開花する四季咲きの花があります。長くお花が楽しめるのは嬉しいですよね!ガーデニングなどはじめる際に、どのお花を買おうか迷った時は、デイリリーなど「四季咲き」の花はおすすめです。

    鉄娘
    ライター

    鉄娘

    お花、植物がある生活はとても素敵です。 より楽しんでもらえるような記事を作成していきたいです。

    関連記事

    Article Ranking