ゴーヤでグリーンカーテンを作る方法とは?栽培手順を詳しく解説!

ゴーヤでグリーンカーテンを作る方法とは?栽培手順を詳しく解説!

ゴーヤでグリーンカーテンを作ってみませんか?プランターや鉢植えでネットをつかって窓や壁に這わせれば夏の暑さも日差しもかなり抑えてくれる優れものです。プランターに植えたゴーヤは夏の暑さもへっちゃらで葉をたくさん茂らせてくれます。

    記事の目次

    1. 1.グリーンカーテン(緑のカーテン)とは?
    2. 2.グリーンカーテン(緑のカーテン)の利点
    3. 3.プランターでグリーンカーテン(緑のカーテン)を始めよう!
    4. 4.プランターでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作る
    5. 5.ゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)を楽しもう!
    6. 6.ゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)を片付けよう
    7. 7.まとめ

    グリーンカーテン(緑のカーテン)とは?

    Photo by ColdSleeper

    つる性植物で作るグリーンカーテン

    学校や役所、企業でプランターから伸びた植物が窓や壁を一面に覆っている姿を目にしたことがあるのではないでしょうか。つる性の植物を垂らしたネットに這わせたようすがカーテンのように見えることからそう呼ばれるようになったようです。

    グリーンカーテンを作れる植物はさまざま

    使われるつる性の植物にはアサガオや風船カズラ、ルコウソウ。ゴーヤやひょうたん、キュウリなどありますが、今回はゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)の作り方を紹介します。

    ゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)は省エネ・節約の味方

    近年、夏の気温上昇が話題に上りますが、グリーンカーテンを窓辺や壁に仕立てることでさまざまな効果をもたらしてくれます。ゴーヤは沖縄の野菜で気温のたかい夏でも元気につるを伸ばし、葉を茂らせてくれます。夏野菜ゴーヤを窓辺に垂らしたネットに這わせ栽培することで省エネでエコで美味しく楽しめます。

    グリーンカーテン(緑のカーテン)の利点

    グリーンカーテンのメリット

    • 見た目に涼しい。
    • まわりの気温をさげてくれる:ゴーヤの葉は水分を蒸発させる時に周囲の熱をさげる作用がある。
    • 夏の強い日差しを和らげてくれる。
    • 室内の温度を上昇を和らげる:窓から侵入する熱を80%もカットしてくれます。簾(すだれ)の場合は50~60%ほどエアコンの電気代も変わってきそうです。
    • ゴーヤの実を収穫できる。

    グリーンカーテンのデメリット

    • 毎日水やりが必要
    • 冬前に片づけなければならない

    プランターでグリーンカーテン(緑のカーテン)を始めよう!

    Photo by yto

    準備するもの

    必要なもの

    • ゴーヤの種またはポット苗
    • 植木鉢か野菜用プランター(目安は深さ30cm×幅65cmくらいのもの)
    • 鉢底石
    • 培養土
    • 肥料
    • ネット:10cm角のものが適当
    • 支柱
    • 結び紐(結束バンド・針金でも可)
    • レンガ(ブロック、アンカーまたは杭)

    あると便利なもの

    • 手袋
    • スコップ
    • ジョーロ

    ホームセンターなどではこの時期グリーンカーテンのセットも販売していますので、何を揃えたらいいのかわからない方はセットで購入してもいいかもしれません。

    プランターでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作る

    種を撒く

    種を撒く手順

    1. ポットに6分目まで土を入れ、種を3つ入れ上に土をかけて水をやる。
    2. 発芽は25~30℃の気温が必要なのでビニールで保温して、マメに水やりする。
    3. 発芽して本葉が2~3枚のころに元気な苗一本を残し間引く。
    4. 本葉が5~6枚になったらプランターに植え替えできる。

    種まきのポイント

    ゴーヤの種を撒く時期は4月中旬から5月中旬です。ゴーヤの種は固く直接撒くとなかなか発芽しません。種の外側の固い皮の一部を傷つけて(中の核を傷つけないように注意します。)1~2日水に浸けてから撒くと発芽しやすくなります。

    プランターに植え替える

    植え替えの手順

    1. プランタ―に鉢底石を敷き、平らにならす。培養土が流れ出るのを防ぎ、害虫の侵入を防止します。
    2. 鉢底石をしいたら培養土を8分目くらいまで入れ、元肥を混ぜ込み平らにならす。
    3. プランターの端から10cm位のところへポットの苗を植え替える。株と株の間は30cm位あける。
    4. たっぷり水やりをする。

    プランターに植え付ける苗数

    植え替えは幅65cmのプランターなら苗数は2つ。75cm幅のプランターなら苗数は3つが目安です。広く根を張る性質があるので間隔は広めにとります。また鉢植えにする場合は苗数は一鉢に一株ずつ植えます。鉢植えの鉢は大きめのものを選ぶといいでしょう。

    プランターの苗が落ち着いたらネットの準備をする

    ネットは1cm角がいい

    ゴーヤのつるを這わせるネットは10cm角のものが適しています。それより目の細かいネットになるとつるが絡まり辛くなり上手く這っていきません。その都度誘因する手間も増えます。

    ネットと支柱の使い方

    プランターに植え付けた苗が成長を始めたら、そろそろネットの準備を始めます。ネットを張るのに支柱を使いますが住まいのどこに取り付けるのかで、左右に使うのか、上下に使うのかが違ってきます。戸建ての窓枠や物干しに固定して設置する場合は支柱は上と下に使います。マンションのベランダの手すりに支柱を固定してネットを張る場合は右と左に配置してネットのたわみをなくすように使います。

    上部の固定は十分な重さを考慮する

    ゴーヤをネットに這わせ密集させるとかなりの重さになります。十分な重さに耐えられるようにしっかり固定させます。

    下部はレンガ(ブロック・アンカーや杭)を使いしっかり固定する

    夏は台風が多いことも考慮しておく

    支柱を上下に使う場合、風であおられることもあるので下部に使った支柱をレンガ(ブロック、アンカーや杭)などでしっかりと固定します。特に台風が多い季節です。せっかく育てたゴーヤのグリーンカーテンが被害にあうこともあります。マンション等では上下左右へ迷惑がかかることもありますので配慮が必要です。

    窓や壁とグリーンカーテンの間をとった方が涼しい

    グリーンカーテンを仕立てるのにネットを張りますが、室内へ差し込む日差しや熱をより和らげるには窓や壁とグリーンカーテンとの間隔をあけて日陰の空間を作る方が効果的です。

    ゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)を楽しもう!

    Photo by sayo-tsu

    さあ、プランターにゴーヤの苗を植え付けました。日々の成長を観察していきましょう。ゴーヤの苗はまっすぐ一本で上に上に伸びていきますが、ここで摘心します。摘心とはゴーヤの先端を切ることです。せっかく伸びている先端を切ってしまうのはなぜでしょう?

    育て方のポイント:摘心でわき芽を増やす

    親づる、子づるの摘心で孫づるにたくさんゴーヤがみのる

    ゴーヤの苗の先端を切ってしまうと親づるは成長が止まります。すると茎と葉の間から子づるが成長を始めます。ここでも子づるの本葉が4~5枚になった時期に先端を切ってしまいます。すると孫づるが成長を始めます。ゴーヤは親づるや子づるには実がつきにくく、孫づるに実をたくさんつける性質があります。またわき芽をたくさん出すことでグリーンカーテンの葉が密集して茂るようになるのです。

    育て方のポイント:ゴーヤのつるを誘引する

    S字に誘引でネットに均等に葉を茂らせる

    植物はまっすぐ上へ上へと伸びていきます。ネットに均等にグリーンカーテンを仕立てるにはつるをS字を描くように誘引してやるとうまくいきます。そして葉と葉が混み合ってきたら少し間引いてやるようにすると通気ができてムレる心配もなくなり、室内への風通しもよくなります。

    育て方のポイント:マンションなどでの注意点

    マンションではマナーも大切に

    繁殖力が旺盛なゴーヤが伸びすぎて上の階や左右のお宅に顔を出すことがあるかもしれません。下の階へも垂れていくことも考えられますので伸びすぎたつるはその都度剪定しましょう。

    実がつかないときは、人工授粉しよう

    昆虫を介しての受粉が難しいとき

    ゴーヤはウリ科の植物で、雄花と雌花があります。ハチや蝶などの昆虫を介して受粉されるのですが、そうした環境が整わないところ(例えば、高層マンションで虫たちがいないところ)では実がつきにくくなります。その場合、人工で受粉させてやることで結実させ、ゴーヤを収穫できるようになります。夏休みの自由研究にもなりそうですね。

    毎日たっぷり水をやろう

    毎日の水やりは欠かせません。葉の表面から水分を蒸発させることで周りの熱をうばい、気温の上昇を抑えています。そうした循環システムをうまく働かせるためにも多くの水が必要になります。

    ゴーヤがなりすぎて困らないための工夫

    植え付け前にする工夫

    混植という育て方があります。ゴーヤだけをグリーンカーテンに育てるのではなく別のつる性の野菜を育てると夏の食卓が豊かになります。もう一つには、つる性の草花を育てることもできます。

    おすそ分けという文化がある

    隣近所やお友達に収穫したゴーヤをおすそ分けすると相手に喜ばれて無駄にもなりません。自分で育てたゴーヤからコミュニケーションが広がりますね。

    ゴーヤのグリーンカーテン(緑のカーテン)を片付けよう

    秋になると元気に茂っていた葉がだんだんと黄色くなってきます。そろそろグリーンカーテンも終わりの時期になります。プランターや鉢植えのゴーヤの茎を根元付近で切ってしまいましょう。みるみる枯れていき元気だったゴーヤもかさを減らします。

    片付けのポイント

    分別法に従い処分する

    ネットをおろし絡まったつるをところどころはさみを入れて袋にまとめます。お住いの分別方法に従い処分しましょう。

    再利用できるもの

    ネットや支柱、プランターや植木鉢などはまた翌年も使えます。プランターや鉢に残った土はどうしましょう。鉢底石は再利用ができます。土は処分してもいいですが、古い根などを除いて腐葉土や肥料を混ぜ込んで秋冬の草花を植えてもいいでしょう。

    再利用できないもの

    残念ながら翌年もゴーヤを植える場合は土の使い回しは連作障害の心配があるので新しい土を使いましょう。

    まとめ

    ゴーヤを使ったグリーンカーテンを作る手順を紹介してきましたがいかがでしたか。室内から目をやるとグリーンの葉っぱから差し込む日差しの柔らかさはいいものです。毎日室内からゴーヤの成長を観察して、なった実の数を数えるのも楽しみの一つになりそうです。

    Natura
    ライター

    Natura

    寄せ鉢で季節のお花を楽しんでます。猫の額ほどの日陰の庭は手つかずのまま

    関連記事

    Article Ranking