サトイモ(里芋)の育て方!種芋の植え方から肥料や収穫のコツまでご紹介!

サトイモ(里芋)の育て方!種芋の植え方から肥料や収穫のコツまでご紹介!

「家庭菜園で里芋を作ってみたいけれど、育て方がわからない」といった方も多いでしょう。本記事では、写真や図を使いながら里芋の育て方を解説します。芽出し、植え付け時期と方法、栽培時期、発芽後の苗への水やり、土寄せ、収穫のポイントなど手順やコツをチェックしましょう。

記事の目次

  1. 1.里芋の育て方の概要
  2. 2.里芋の栽培時期
  3. 3.実際に栽培してみました!
  4. 4.里芋の植え方
  5. 5.里芋の育て方
  6. 6.里芋の収穫
  7. 7.収穫した芋の調理
  8. 8.まとめ

里芋の育て方の概要

保存したサトイモ

里芋は、霜が降りなくなる頃に種芋を発芽させ、2度の追肥と土寄せを梅雨が明けるまでに行ない、乾燥時期に草でマルチングをして秋までお世話すれば収穫できます。栽培期間が長いわりに植え方や栽培方法はシンプルです。病害虫も少なく植え方のポイントとコツさえつかめれば、満足のいく収穫を目指せるでしょう。

里芋の栽培時期

桜の時期

春作の作物の栽培時期については梅や桜の萌芽や開花を指標にするとよいでしょう。
出典:筆者撮影

里芋を育てる時期は、日本の中間地で3月~10月と長いほうです。東南アジア原産で小苗は霜に弱く、桜の花芽が膨らみ霜が降りなくなる時期に芽を出させ、霜が降りる時期までに収穫します。畑や庭で里芋を作るならば、年間の栽培スケジュールを計画するときに注意してください。里芋の大きな株が長いあいだ茂り、畑を占拠するからです。

実際に栽培してみました!

サトイモ畑

出典:筆者撮影

6年ほど畑の場所を変えながら、ほぼ同じ植え方で栽培しています。収穫した芋を冬越しさせ、種芋として植え続けています。年間で霜が降りなくなる日を調べ、その2~3週間前に植え付けるのがポイントです。初心者の頃は近所で育てている方に、畑への植え付け時期の適期や栽培方法をたずねました。

里芋1

栽培している里芋
出典:筆者撮影

芽出しや発芽がうまくいけば半分成功したといってよいでしょう。栽培場所が里芋に適していれば、2度の土寄せとともに行う追肥以外は、それほど手間がかかりません。秋の収穫は育ちのよいものから順に行いました。私が育てている在来種は親芋、子芋、孫芋どれも食べられる種類で重宝しています。

里芋の植え方

顔を出した里芋の芽

少しだけ顔を出した里芋の芽。里芋には上下があります。一般には芽のあるほうを上に向けて植え付けます。
出典:筆者撮影

植えみぞ
種芋の植え方のポイントは次の2つです。
  1. 種芋を深めに置く。種芋の上に新しい芋が生じるため
  2. 肥料を底と芋の間に置く。種芋に肥料が接するとくさりやすいため
完熟堆肥は多少種芋に触れていても構わないため、土全体によく混和しましょう。
出典:筆者作成
夏の日差しを受ける畑

それほど日あたりがよくなくても、里芋は半日でも日があたる程度で育ちます。むしろ土にある程度湿り気のあるほうを好みます。
出典:筆者撮影

土作りをしよう

下準備となる土作りです。植え付け1カ月前に予定地に堆肥100g/平方メートル、苦土石灰50g/平方メートルをまき耕します。植え付けの1週間前に、畝の中央部に鍬で幅・深さともに20cmの溝を掘り、堆肥100g/平方メートル、化成肥料(もしくは有機配合肥料)50g/平方メートルを入れて混ぜましょう。3cmほど土をかぶせ(間土)肥料をなじませます。

植え付けよう

間土の上に株間60cmで、芽を上向きにして種芋を並べます。葉が開くほど芽出しした芋ならば葉が出る深さでよいです。芋と芋の間に堆肥100g/平方メートル、化成肥料(もしくは有機配合肥料)50g/平方メートルを入れて軽く混ぜてから土をかぶせます。水やりはいりません。この方法ならば発芽まで2、3週間~1カ月です。

次のページ

里芋の育て方

関連記事

Article Ranking