みかんの木の育て方!種や苗木を植えてから収穫までの歳月はどれくらい?

みかんの木の育て方!種や苗木を植えてから収穫までの歳月はどれくらい?

冬の果物で人気のみかんは、果樹のなかでも比較的育て方が簡単で、初心者向きです。みかんの木を育てて、自分で収穫してみませんか?この記事では、みかんの木の育て方や季節ごとの栽培ポイントを紹介します。種・苗木、それぞれの栽培方法も見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.みかんってどういう植物?
  2. 2.みかんの木の特徴
  3. 3.みかんの木を種から育てる
  4. 4.みかんの木を苗木から育てる
  5. 5.みかんの木の管理方法
  6. 6.みかんの木の季節ごとの栽培ポイント
  7. 7.まとめ

みかんってどういう植物?

みかん
Photo bypixel2013

冬の定番果物に、みかんを挙げる人も多いでしょう。ビタミン豊富な食べ物で、幅広い世代に愛されています。そんなみかんを、自宅で育てたいと思うこともあるでしょう。みかんは果樹にしては難易度が低く、初心者でも簡単に育てられます。種からでも、苗を購入しても育てられます。庭木としても、鉢植えのままでも収穫可能です。

みかんの基本情報

みかん
Photo by_Alicja_

みかんはミカン科ミカン属の柑橘類で、常緑性の低木です。耐暑性があるものの耐寒性はあまりないといわれていますが、−5℃程度までであれば越冬できます。原産地は日本や中国で、日本でもっともよく育てられている品種は温州みかんです。おおまかに分けると「極早生温州」「早生温州」「中手温州」「晩生温州」の4種類があります。

みかんの木の特徴

特徴①初心者でも育てやすい

みかんの木は、初心者におすすめの果樹です。ももやイチジクほど蜂などの虫が寄って来ず、柿のように大きくなるわけではないからです。さらにぶどうのように棚はいらず、りんごやなしのように袋をかける必要もありません。果樹のなかでは手間が少ないため、はじめて果樹を育てる人にはぴったりといえるでしょう。

早生がおすすめ

早生温州は、酸味と糖度のバランスのよいみかんです。皮が薄く、完熟させると非常に糖度の高いのが魅力です。実もつきやすく、ある程度の耐寒性も備えて、栽培の手間がかからないため、初心者向きといえます。

特徴②鉢植えでも庭木でも育てられる

みかんの木は、庭木でも鉢植えでも育てられます。鉢植えの場合は、木は小さく実も少ないですが、庭にスペースがなくても育てられるのが利点です。ベランダでも育てられます。寒い地域でも鉢植えなら屋内に移動でき、越冬が容易です。庭木の場合は大きく育ち、たくさん収穫できます。植え替えの手間もかかりません。温暖な地域なら、越冬にもさほど気を遣う必要はありません。ただし、害虫には気をつけましょう。

地域で適した栽培方法をとる

みかんは温暖な気候を好む果樹で、霜や雪が降ると弱ってしまいます。日本でいうなら山陽地方、四国、九州辺りが栽培に適しています。それよりも東、もしくは日本海側で育てるなら、ハウスで栽培するか、鉢植えで冬は屋内に移動できるようにするとよいでしょう。

次のページ

みかんの木を種から育てる

関連記事

Article Ranking