金木犀の開花時期はいつ?見頃の季節や観光名所なども紹介!

金木犀の開花時期はいつ?見頃の季節や観光名所なども紹介!

金木犀は秋の香りとして知られています。最近では、四季咲き金木犀のように春と秋に2回咲く種類や、二分咲きの金木犀など香りを楽しむ機会が増えました。散った後の花もオレンジ色の絨毯のように綺麗です。本記事では金木犀の開花時期と観光名所をご紹介します。

    金木犀の開花時期とは

    金木犀の花が咲く季節は秋です。9月から10月頃に花を咲かせます。秋の風に乗って甘く爽やかな香りを感じる人も多いでしょう。街中で香りから金木犀に気付くことはありませんか。最近ではベランダで鉢植えを楽しむ家庭も多いため、頭上から香りや花びらを感じることも増えました。

    金木犀の特徴

    庭の生垣や公園などに金木犀は植えられています。金木犀と言えば香りを楽しむ花の代表格です。風に乗った香りからどこかで金木犀が咲いていると知るのではないでしょうか。常緑中高木であり、オレンジ色の小さい花をたくさんつけて咲きます。キンモクセイは、ギンモクセイの変種とされていて、日本では雄株がほとんどです。そのため、実を付けることはありません。中国では「桂花」「金桂」と表記されます。

    金木犀は三大香木の1つ

    沈丁花、クチナシ、金木犀は三大香木と呼ばれる

    沈丁花、クチナシ、金木犀は三大香木と呼ばれます。それぞれの香りには特徴があります。春に甘酸っぱい香りを振りまく沈丁花。夏にスパイシーな甘い香りを運ぶクチナシ。秋に咲くキンモクセイは、この中でも特に甘い爽やかな強い香りで引き込まれるような感覚です。

    香りの効能はリラックスやアンチエイジング

    金木犀の香りの効能は、リラックス効果が高いとされます。甘い香りを嗅いで気持ちが落ち着いたり、イライラしていた気分がスッキリしたと感じたことはありませんか。昼よりも夜に香りが強くなる金木犀は、不眠の予防効果もあるとされます。金木犀の咲く季節に寝付けない夜は、窓を開けて金木犀の香りを部屋に取り入れてみましょう。また、ダイエット効果とアンチエイジング効果、抗炎症作用、疲労回復も期待できます。

    金木犀の香りを楽しむ商品

    芳香剤の印象が強い金木犀ですが、お茶やお酒など香りの楽しみ方はたくさんあります。「桂花茶」は、金木犀の花を乾燥させてものです。お湯を注ぐとフワッと優しい香りが広がります。白ワインに漬込んだ「桂花陳酒」も女性に人気があります。花びらを砂糖漬けにしたジャム、アロマオイル、お香、石鹸、ハンドクリームなど様々なものに金木犀の香りは使われています。

    黄色の花は縁起樹

    金木犀を庭の西に植えてみましょう。黄色の花は金運アップになります。小さな花をたくさん咲かせる金木犀は金運アップの縁起樹にもなります。

    四季咲き金木犀の開花時期は2回

    自宅の金木犀が秋以外にも咲くという人も多いのではないでしょうか。これは四季咲きの金木犀です。最近は四季咲き金木犀が増えていて、こちらは年に2回咲きます。通名で四季咲きといわれていますが、開花時期は「春の終わりから初夏」と「秋」の2回です。四季咲き金木犀は花の数が少なく、香りも少し弱いのですが2度楽しめるため庭木として人気があります。

    金木犀の見頃時期は

    金木犀の見頃は開花から2~3日です。香りに気付いた時が花の見頃として、小さく可憐なオレンジ色の花を香りと一緒に楽しんで下さい。

    花の時期が短い

    金木犀の開花期間は1週間弱とやや短めです。花の見頃を見逃さないようにしましょう。また、花の咲く季節が、梅雨や秋の長雨の時期と重なります。雨が降ると金木犀は散ってしまうので注意して下さい。

    オレンジ色の絨毯も美しい

    オレンジ色の小さな花は散った後も綺麗です。たくさんの花は地面で絨毯のように一面に広がります。一つ一つの花を手に取ってよく見て下さい。星形の可愛いしっかりとした花だと気が付きます。散った後でも花は良く香ります。ここから香りの高い色々な商品が生まれていますね。

    金木犀は寒さに弱い

    金木犀は寒さにあまり強くありません。南東北エリアが北限といわれています。北海道札幌市にある「百合が原公園」のビニールハウスの中では金木犀が育っていますが、自生は出来ません。さらに金木犀は大気汚染にも弱く花付きが悪くなる理由でもあります。

    金木犀の観光スポットをご紹介

    金木犀が楽しめる観光名所をご紹介します。育てやすい金木犀は公園などでもよく見られます。皆さんも毎年金木犀の香りを心待ちにしている観光名所があるのではないでしょうか。

    おすすめ観光名所①

    東京都立川市「昭和記念公園」

    東京都立川市「昭和記念公園」です。コスモスが群生して咲く観光名所としても有名です。広大な敷地内には数多くの金木犀が植えられています。昭和記念公園の金木犀はその大きさにも見ごたえがあります。金木犀の木陰でゆっくりと香りを楽しんで下さい。開花時期は9月中旬から10月初旬です。

    おすすめ観光名所②

    福岡県飯塚市「八木山花木園」

    福岡県飯塚市「八木山花木園」です。金木犀が園内に約250本植えられています。10月の開花時期になると、園内一帯に金木犀の香りが広がります。四季折々の花木が楽しめる観光スポットとしてたくさんの観光客が通年訪れています。

    おすすめ観光名所③

    愛媛県西条市飯岡「王至森寺(おしもりじ)」

    愛媛県西条市飯岡「王至森寺(おしもりじ)」です。天然記念物に指定されているこちらの金木犀は、樹齢約1000年以上、高さ約16mの見事な枝ぶりを持つ大木です。開花時期は9月下旬から10月上旬です。2001年「かおり風景百選」にも選ばれている観光スポットです。

    おすすめ観光名所④

    熊本県上益城郡「麻生原居屋敷観音」

    熊本県上益城郡「麻生原居屋敷観音」境内にある金木犀です。天然記念物に指定された樹高18mの大木です。秋の彼岸時期に2度花を咲かせる二分咲きの金木犀です。「麻生原キンモクセイ保存会」によるお茶や郷土料理の接待も人気の観光スポットです。

    続いて、金木犀の花言葉をご紹介!

    関連記事

    Article Ranking