大根の花とは?その特徴や花言葉・開花時期をご紹介!食べられる?

大根の花とは?その特徴や花言葉・開花時期をご紹介!食べられる?

大根には花が咲くことをご存知ですか?大根は花が咲く前に収穫してしまうので、あまり見る機会はありませんが、実はとても綺麗な花が咲きます。今回はそんな大根の特徴、花や花言葉、開花時期、花が食べられるかどうかまで大根の魅力を徹底的にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.大根はどんな植物?
  2. 2.大根の花ってどんな花?
  3. 3.花大根って何?
  4. 4.花大根とショカッサイの違いは何?
  5. 5.まとめ

大根はどんな植物?

フリー写真素材ぱくたそ

大根はアブラナ科ダイコン属の植物であり、日本人にとって最も馴染みのある野菜の一つです。日本全国で栽培され、その種類も数多くあります。馴染みのある白い部分はもとより、葉っぱの部分までおいしく食べられるダイコンですが、意外とその花は知られていません。

家庭菜園でも農家でも花が咲く前に収穫してしまうので、花を見ることはあまりないのです。大根は花が咲いてしまうと、根の部分にはスが入ってしまい、食べられなくなってしまうからです。スが入るというのは、大根が成長しすぎて、中に空洞ができてしまう状態のことです。

大根の特徴

Photo bykungfunamhuynhdao

大根の特徴といえば、白くて長い根ということがあげられますが、実は種類によっては赤いものやカブのように丸いものなどもあります。その他種類によっては20キロもある巨大なものや辛くて煮つけなどにはできないようなものまで多種多様です。昔から大根の種類によって調理法などもかなり変わってきます。炒め物、サラダ、煮物、大根おろし、つけものと種類を変えるだけでどんな料理にも合うのも大根という植物の特徴の一つです。

大根の種類って何がある?

Photo bysallymommatown

大根の種類といえば、一般的な青首大根、ちょっと太めの源助大根、大きい桜島大根、京都の聖護院大根、辛味大根、ミニ大根、サラダ大根、二十日大根など代表的なものだけでもこれだけあり、そのほかにも一部の地域で食べられているようなものまで合わせるとすごい種類になります。

中には大根が育つ前、間引きを行った葉を間引き菜として売っているものや葉大根と言って葉っぱを食べる大根もあります。そのほか、大根とは少し違いますが、花大根や浜大根といったものもあります。

大根の花ってどんな花?

Photo bydimitrisvetsikas1969

大根はアブラナ科なので、花もアブラナ科の花が咲きます。綺麗な白い花、もしくは薄い紫色の花で、冬に収穫するはずの大根を収穫せずに畑に放置しておくと、春に花が咲きます。とはいえ大根の花の開花時期は4月~5月なので、そこまで畑に放置することは種を採るという目的以外では稀ではないでしょうか。そのためせっかくの可憐な花ではありますが、大根の花を目にすることはあまりないのです。

大根の花言葉

Photo byOpenClipart-Vectors

大根の花言葉は「適応力」「潔白」です。「適応力」という花言葉は大根がどんな料理にも合うからとつけられました。「潔白」は見た目通り、大根の根の白さと花の色の白さが由来です。ちなみに、春の七草のひとつスズシロとは大根のことです。

大根の花は食べられるのか

Photo byulleo

それでは大根の花は食べられるのか、ということですが、大根はアブラナ科の植物ですので、同じアブラナ科の菜の花のように食べることはできます。ただし、食べるのならば花が咲く前のつぼみの状態の時に食べるようにしましょう。

次のページ

花大根って何?

関連記事

Article Ranking