かいわれ大根の育て方!種からの発芽から収穫するまでのポイントは?

かいわれ大根の育て方!種からの発芽から収穫するまでのポイントは?

栄養も豊富で、簡単に育てることができるかいわれ大根。室内栽培も可能で、とても手軽に栽培ができます。かいわれ大根を育てるのに必要な用品、栽培容器の簡単な作り方、種から発芽、収穫までのポイントや注意点、かいわれ大根の栄養や美味しい食べ方をまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.かいわれ大根 育て方の概要
  2. 2.かいわれ大根の栽培時期
  3. 3.実際に栽培をしてみました!
  4. 4.かいわれ大根栽培0日目「下準備」
  5. 5.かいわれ大根栽培1日目「種まき」
  6. 6.かいわれ大根栽培2~3日目 「芽出しする」
  7. 7.かいわれ大根栽培4~6日目「日光に当てる」
  8. 8.かいわれ大根栽培7日目「収穫」
  9. 9.そして、実食!
  10. 10.かいわれ大根の栄養、食べる時の注意点
  11. 11.かいわれ大根育て方の注意点まとめ
  12. 12.まとめ

かいわれ大根 育て方の概要

かいわれ大根はぴりりと少し辛さのある、アブラナ科のスプラウトです。かいわれ大根は天候や季節を気にすることなく、簡単に育てる事ができます。栽培方法は水耕栽培です。発芽や成長も早く、種まきからおおよそ1週間ほどで収穫することが出来ます。とても簡単に育てられることが特徴ですが、今回は実際に栽培してみた感想や注意点、写真なども添えて、かいわれ大根の作り方をご紹介していきます。

スプラウトって何?

Photo byanan2523

スプラウトは直訳すると、「芽」や「新芽」の事を言います。かいわれ大根以外にも種類があり、もやし系、かいわれ系と生育方法で分類されています。もやしはマメ科のスプラウトですが、もやしは暗室で育て、発芽しても緑化させません。かいわれ系は茎が伸びるまでは暗室で育て、発芽した後に日光を当てて緑化させます。かいわれ系は、ブロッコリースプラウト、豆苗、マスタードスプラウト、レッドキャベツスプラウトなどが有名です。スプラウトは再生栽培が可能です。

再生栽培の注意点

Photo by yuzuki

かいわれ大根系の、スプラウトは再生栽培が簡単に出来ます。再生栽培とは、普段捨ててしまうような根の部分などを水に漬けて、再生してきた芽などを育てる事を言います。スプラウト以外にも、人参の茎の部分や、ネギの根の部分なども再生栽培は可能です。市販のものを食べたあと、そのまま容器に根や茎をいれ、水をあげると発芽し再生します。豆苗は3回ほど収穫が可能だと有名です。再生栽培の注意点は、

  • 毎日水やりをする
  • カビが生えたりしたらすぐ処分
  • 衛生管理が不十分なことが多いため、再生栽培したものは火を通して食べる。
こちらが、再生栽培全般の注意点です。季節によっては室内もジメジメしていて、根元にカビが生えたりする事もあり、再生栽培をする際は衛生面での注意点が増えます。

スプラウトのまとめ

  • 同じスプラウトでも、もやしは緑化しない
  • かいわれ系は再生栽培も可能
  • スプラウトは「新芽」や「芽」の事を言う

水耕栽培って何?どんな育て方?

水耕栽培とは、土を使わずに水と液体の肥料などで植物や野菜を育てるという、至ってシンプルな栽培方法です。水耕栽培は室内でも栽培できるため、天候に左右される事もなく、狭いスペースでも栽培できる事もメリットのひとつです。水耕栽培は水が常に根に接しているため、水分、液体肥料などの栄養分が行き届きやすく成長スピードも早いです。そのためたくさん収穫もできます。土を使う事もないので、土壌環境も関係なく、連作障害なども気にしなくていい上、害虫に悩まされる事もありません。そのため、初心者でも簡単に栽培する事ができます。

水耕栽培のポイント

  • 初心者でも簡単
  • 室内で栽培可能
  • 成長スピードが早く、たくさん育てる事ができる

かいわれ大根の栽培時期

◎かいわれ大根は室内栽培が可能なので季節や、高冷地、中間地、暖地など栽培エリアを気にする必要がありません。

実際に栽培をしてみました!

今回栽培する「かいわれ大根」の基本情報です。この先からは、日記方式で書いていきますね。

基本情報

作物名:かいわれ大根 科名:アブラナ科
原産地:地中海沿岸、中央アジア、中国など 日本での主な産地:福岡、大分、北海道
栽培時期:いつでも。 発芽より7日~10日ほどで収穫 栽培難易度:★☆☆☆☆

栽培者プロフィール

Mippy88と申します。
家庭菜園の経験年数:約4年
かいわれ大根栽培の経験:なし
栽培地:首都圏エリア
その他:初の水耕栽培!たのしみ!

かいわれ大根栽培0日目「下準備」

かいわれ大根の種。一晩水につけて、充分に吸水させます。

かいわれ大根の種は、かならず一晩、少なくとも6~8時間は水に漬けて吸水させた種を使います。吸水させていないと、種の発芽タイミングがズレたり、失敗の原因になります! 発芽率が変わると、それぞれの種の成長がまばらになり、失敗しやすくなるのでなるべく吸水させましょう。購入した種の裏にも吸水時間が書いてあるので、必ず確認しましょう。

下準備でのポイント

  • かならず、種は水に漬けること(購入した種の説明をチェック)

かいわれ大根栽培1日目「種まき」

一晩水に漬けた種。きもち、昨日よりふっくらしました。また、水を吸ったことで沈んでいます。

育てる容器の作り方

かいわれ大根を水耕栽培する容器の作り方はシンプルです。A4サイズのバットにコットンを敷き詰めてコットンを水に湿らせます。今回は、大判のコットンを3枚ほど重ねました。

深めの容器も使い、バットとの差を観察していきます。コットンを湿らせたら、重ならないように種を並べていきます。

種が重ならないように並べたら、発芽するまで遮光します。アルミホイルなどで容器を覆いましょう。ここまでやったら、種まきは完了です。

種まきのポイント

  • コットンを充分に湿らしておく
  • 種は重ならないように気をつけて優しくまく
  • しっかり遮光をする

かいわれ大根栽培2~3日目 「芽出しする」

種まき翌日、2日目の様子です。遮光しているので、白い芽が発芽しています。

種まきしてから3日目の朝の様子です。どんどん芽が伸びて、葉の部分が黄色になりました。

種まきから3日目の夜です。朝晩で、ここまでにょろっと芽が伸びました!laugh

コットンの湿り気を確認し、霧吹きで優しく水をやります。水やりは、必ず水道水を使ってください。アルミホイルなどで覆うことで遮光しますが、覆うことで通気性が悪くなり種が腐る事もあるので1日2回は短時間アルミホイルを外してあげるようにします。

芽出しのポイント

  • アルミホイルなど覆いは1日2回ほど外して空気を入れ替えます
  • コットンの湿り気を確認し、水やりを忘れないように
  • 覆いを取る時は、日光に気をつけて

かいわれ大根栽培4~6日目「日光に当てる」

種まきから4日目の朝です。だいぶ芽が伸びてきたので、アルミホイルの覆いを外します。

バットを横から見てみると、茎の部分が伸びた事が分かります。このくらい伸びてくれば日光に当てても大丈夫なので、4日目からは日光に当てて、緑化していきます。茎が短い状態で緑化すると、しっかり伸びてくれません

直射日光が当たる場所は控え、窓際に置きました。4日目の夕方には、このように葉が緑化し、緑色になりました。

背の高い容器に入れていたかいわれ大根も、このように成長しました。こちらは、台所のLEDライトで1日試してみたところ、同じように緑化しましたsurprise

種まきから5日目。どこをどう見てもかいわれ大根そのものの姿になりました。収穫まであと僅かですが、水を切らさないようにコットンの湿り気はしっかりチェックします。

種まきから6日目。バットを横から見た図です。だいぶ背も伸びて立派なかいわれ大根に育ちました。もう食べられる状態ですが、7日目まで待ちましょう。明日、いよいよ収穫ですwink

日光にあてる時のポイント

  • 直射日光は避けたほうが無難
  • 自然光ではなく、LED電気でも緑化はできる
  • 茎の部分がしっかり伸びたか確認して日光にあてる

かいわれ大根栽培7日目「収穫」

種まきから7日目。いよいよ収穫の日がやってまいりました!背の高い容器は、販売されているかいわれ大根のように、まっすぐピンと育ってくれました。とても美味しそうですlaughheart

バットの方も、たくさん生い茂って成長しました。容器の高さがないためか、あちらこちらへ方向がバラついてしまっています。

コットンをめくってみると、根が這っているのがわかりますsurpriseenlightened

このように、収穫は根本からキッチンバサミで刈り取ります。うまくいけば、根本からカットした種はまた再生栽培することも可能です。ひとつの種袋から簡単にたくさん収穫ができるので、収穫は量の調整をしながら、残ったかいわれ大根は水やりを忘れずに栽培し続ける事もできますblush

収穫のポイント

  • 根本から切ること。上手く行けば再生栽培も可能
  • たくさん収穫できるため、残した場合は水やりを忘れずに。
  • 葉の部分が緑になったら、いつでも収穫はできる

そして、実食!

収穫の日は鳥チャーシューを作ったので、付け合せに採れたてホヤホヤのかいわれ大根を添えました。甘いタレに、ぴりりと辛いかいわれ大根がアクセントになって、家族にも評判でした。

収穫量が多いので、別の日にはサーモンのお刺身の付け合せに。長いサーモンだったので、巻いて食べたらこちらもとても美味しかったです。

かいわれ大根の栄養、食べる時の注意点

かいわれ大根はビタミンC、ビタミンKなどのビタミン類が豊富です。少し辛味があるかいわれ大根は、肉・魚料理の付け合わせや、サラダにアクセントとして加えるのが良いでしょう。かいわれ大根の食べ方の注意点は、かいわれ大根はビタミンを豊富に含んでいます。ビタミンは熱に弱く、加熱するとビタミンが破壊されてしまう事があるので、生食がおすすめです。

かいわれ大根は大根のスプラウト(新芽)で、免疫力を高め、安眠の効果があるメラトニンが含まれます。抗酸化作用のあるβカロテンや、ミネラルも豊富です。

免疫力を高めるだけでなく、安眠効果があるのは驚きでした。

かいわれ大根は、土は使っていないものの室内栽培でホコリなどが付いていることがあるので、食べる時しっかり洗ってから食べましょうね。

かいわれ大根育て方の注意点まとめ

Photo bySuxu

かいわれ大根の栽培は、初心者向けで室内でできることから人気です。栽培容器は、おしゃれなコップなどを使えばインテリアとしても可愛く、料理に緑が少し欲しい時などとても便利です。今回、わたしが実際栽培してみて注意した方がいいな、と感じた事をまとめてみました。

今回の育て方で良かった点

  • 成長スピードがとても早く、毎日ワクワクした。
  • まいた種全てから収穫ができた。
  • 水耕栽培は、想像以上に簡単で理想的な作り方だと感じた。(普段は土耕栽培ばかり)
  • コットンは厚さ3枚分で充分だった。スポンジがなくても栽培できそう。
  • 大嫌いな虫も出ないため、気が楽だった。

今後の育て方で改善すべき点

  • 栽培容器は高さがあるタイプが良い。平たい容器は茎の高さがまばらになりがち。
  • 遮光する時、アルミホイルは結露しやすいので換気を充分にした方が良いと感じた。
  • 水耕栽培は、かなりの量収穫できるため、まとめての栽培は消費が大変。
  • 再生栽培は、うまく根本から切らないとうまくいかない

再生栽培にも挑戦してみましたが、収穫の場所が悪かったのか、残念ながらうまく発芽しませんでした。根本をキレイに切らなかったためか、水が多すぎたせいか、カビが生えとても汚い感じになってしまいましたcryingbroken heart今度、また育てた時には再生栽培も挑戦してみようと思います。

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

育て方はシンプルで簡単!

今回は、実際にわたしも栽培してみて、かいわれ大根の成長スピードの早さや、水耕栽培での作り方、魅力を体感することができました。今回、再生栽培は失敗してしまいましたが、まいた種全て発芽させることができて良かったです。栽培容器の作り方も、「コットン」と「容器」さえあれば出来ることを知り、ただ湿らせたコットンを容器に並べるだけと、作り方もとてもシンプルで家にあるものだけで育てる事ができます。

自由研究にも最適!

かいわれ大根の栽培は、注意点もそこまで多くないので、子供の自由研究などにも向いているなと思いました。畑がなくても、家の狭いスペースで簡単に育てる事ができるかいわれ大根の水耕栽培。是非みなさんも試してみてくださいね。

Mippy88
ライター

Mippy88

イヤイヤ期に突入した娘の育児をしながらの簡単菜園、ガーデニングを試行錯誤中。 趣味は料理、家事、園芸、DIY、掃除、写真、裁縫などなど…

関連記事

Article Ranking