ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?

ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?

赤くまんまるで可愛いラディッシュは、別名ハツカダイコンとも言われます。ラディッシュ(ハツカダイコン)は育て方も簡単です。収穫まであっという間で、連作障害も少なく家庭菜園でも人気の野菜です。今回はプランター、露地栽培(地植え)での育て方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ラディッシュ(ハツカダイコン)の概要
  2. 2.ラディッシュ(ハツカダイコン)の栽培時期
  3. 3.実際に栽培をしてみました!育て方を紹介!
  4. 4.今回は、露地栽培(地植え)とプランター栽培!
  5. 5.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培①「土作り」
  6. 6.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培②「種まき」
  7. 7.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培③「発芽」
  8. 8.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培④「間引き」
  9. 9.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑤「鳥よけ」や「虫よけ」
  10. 10.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑥「追肥と土寄せ」
  11. 11.ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑦「収穫」
  12. 12.ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方、注意点まとめ
  13. 13.露地栽培(地植え)とプランター栽培、どっちが育てやすい?
  14. 14.ラディッシュ(ハツカダイコン)、実食!
  15. 15.ラディッシュ(ハツカダイコン)の栄養素やおすすめの食べ方
  16. 16.まとめ

ラディッシュ(ハツカダイコン)の概要

Photo byannca

ラディッシュは、赤いまんまるの見た目からかぶの仲間と間違われる事もありますが、大根の仲間です。原産はヨーロッパで、西洋品種の大根の一種です。日本では、「二十日大根」をはじめ、小さい大根の事を「ラディッシュ」と呼ぶことがありますが、海外では大根全般の事を「ラディッシュ」と呼んでいます。

二十日大根って?

二十日大根(ハツカダイコン)はラディッシュの和名です。種まき後に二十日ほどで収穫できることから、日本では二十日大根という和名がつきました。

ラディッシュ(ハツカダイコン)の種類

ラディッシュは、赤い色をイメージする方が多いかもしれませんが、真っ白なもの、クリーム色、紫や赤と白グラデーションのものがあります。

写真のように、形も丸型ではなく楕円形のもの、大根をそのまま小さくしたようなものがあり、さまざまな色や形があります。

ラディッシュ(ハツカダイコン)の栽培時期

今回は、トーホク育成さんの「赤丸はつか」の種を使って実際に栽培していきます。ここからは日記方式でお楽しみください。

ラディッシュは、真夏や真冬でない限り、ほぼ一年中畑でも、プランターでも栽培ができます。種まきから、収穫まで早くて二十日ほどなので、育てやすく、家庭菜園で人気の野菜です。連作障害はほぼないですが、念の為別の畑や土を入れ替えたプランターを使えば、手軽に家庭菜園を楽しむ事ができます。

実際に栽培をしてみました!育て方を紹介!

ラディッシュの基本情報

栽培者プロフィール

Mippy88です。
家庭菜園の経験年数:約4年
ラディッシュの栽培経験:なし
栽培地:首都圏エリア
ひとこと:我が家の家庭菜園は、基本的に過剰な肥料は使わず、極力無農薬を心がけてますblush

今回は、露地栽培(地植え)とプランター栽培!

Photo byMemoryloon

今回は、3月下旬に種まきをし、露地栽培(地植え)とプランター栽培の2つで栽培比較しました。

露地栽培(地植え)とは?

露地栽培(ろじさいばい)とは、温室などを使わずに屋外で栽培する方法です。地面に直接種や苗を植える事も、露地栽培(地植え)と言います。基本的に、発芽したら土の色を見て、乾いていたら水やり程度で大丈夫です。

プランター栽培とは?

プランター栽培とは、プランターを使って野菜や花などの栽培をする事です。畑がなくても、プランターや用土があれば、ベランダ栽培なども可能で、手軽に家庭菜園が楽しめます。基本的に、毎日水やりが欠かせません。

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培①「土作り」

露地栽培(地植え)編

今回、露地栽培では、敷地内の畑の一角を使います。畑の適当な場所に、畝(うね)を作ります。連作障害があまりないと言われるラディッシュですが、畑での露地栽培の場合は、念の為に同じ場所を避け、連作障害に気をつけましょう

畝作りは苦手なので、ものすごくアバウトな畝ができましたsurprise幅60cm高さは15~20cmほどの畝です。畝を作る時は、土を濡らしながらやると崩れにくいです。

プランター栽培編

プランターは、幅80cm高さ30cmほどの家にあるプランターを使います。写真くらいの土を入れたら、土の表面をならしておきます(今回ならしに使ってるのは草切りカマです)。プランター栽培用に市販されている土のほうが肥料も混ぜ込んであって、手軽です。

プランターに入れた土をならしたら、ジョウロなどで水を優しくかけ、湿らせます。

土作りのポイント

  • 露地栽培は、連作障害を避けるために場所を選びましょう
  • プランターは、専用土を使った方が手軽で簡単
  • どちらも土を濡らしてやると、やりやすいです。

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培②「種まき」

ラディッシュの種です。ひとつひとつ、粒が小さく軽いので風が強い日は避けたほうがいいです。それでは、種まきしていきましょう。

露地栽培(地植え)編

畑の畝に、15cm~20cmほどの間隔をあけて2箇所指でなぞります。そこへ、ラディッシュの種をすじまきしていきます。

すじまきした部分に、優しく土をかぶせて種まきは完了です。土をかぶせた後にも、優しく水を撒きましょう。発芽するまでは毎日しっかり土が乾いたら水やりをたっぷりしましょう。

プランター栽培編

プランターの場合は、露地栽培の畝のように15cm以上の幅を開けられないので、プランターの真ん中を指でなぞり、パラパラと種をすじまきします。

プランターも、種まきを終えたら優しく土をかぶせて、水をあげましょう。あとは露地栽培と同様に、毎日水やりをして数日後の発芽を待ちます。

種まきのポイント

  • すじまきは、複数箇所する場合は間隔をあける
  • 指でなぞる程度にし、あまり深く掘らない
  • 種まきを終えた後も、水はたっぷりあげる
  • 発芽まで、水やりは毎日欠かさない

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培③「発芽」

露地栽培(地植え)編 種まきから8日目

種まきから8日目、ついに発芽しましたー!!地植えの場合は、あまり積極的に水やりをしないので、のんびりでした。

プランター栽培編 種まきから5日目

プランターは、なんと種まきから5日目で発芽しました。日当たりや、水やりの影響でしょうか。

発芽のポイント

  • プランターは地植えの露地栽培にくらべて発芽が早かった。

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培④「間引き」

露地栽培(地植え)編

すじまきをすると、どうしても発芽してから混み合います。混み合ってきたら間引きをする時期です。最終的には4~5cmの株間になるように間引きます。

なお、間引きというのは、苗を密集した状態から、適切な量の苗を残して残りを抜いてしまう作業のことです。

プランター栽培編

プランターも同じように、芽が混み合ってきたら間引きします。

間引きはその都度最終株間までしていく

発芽して混み合ってきたら、その都度間引きをしました。間引きを怠ると、株間が近すぎて栄養が行き届かずに、うまく生育しなかったり、株のバラつきを整える意味もあるので、積極的に行ってください。ラディッシュは、最終株間が4~5cmになればバッチリです。

間引きのポイント

  • 本葉が2~3枚になってきたら、芽が混んでいるところから間引く
  • 間引きはマメにする
  • 間隔は、最終的に株間4~5cmにする。

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑤「鳥よけ」や「虫よけ」

育てる場所や時期にもよると思いますが、我が家の周りは鳥が新芽を突きにくることがあるので、露地栽培(地植え)の方だけ鳥よけネットをしました。まだ虫が活発な時期ではなかったので、防虫ネットはしませんでした。

ラディッシュは大根の仲間なので、アブラナ科です。アブラナ科の野菜は、「アブラムシ」がつきやすく、虫が葉を食べてしまうことも。その場合は、防虫ネットなどをすることで被害が多少緩和します。

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑥「追肥と土寄せ」

今回、この工程をうっかり忘れてしまいました・・・・crying
ですので、ここでは、一般的なやり方についてご説明します。追肥と土寄せを忘れた我が家のラディッシュの写真も収穫の章に載せております。

Photo bynoir_r

追肥と土寄せは、発芽してしばらく経って間引きをするタイミングで、化成肥料を株元に撒いて、土をかぶせます。肥料を追肥し土寄せをすることで、株が安定し、実を大きく育てることができます。プランター栽培の場合は、土のかさが減っていたら足してあげましょう。

追肥や土寄せををしないとどうなる?

追肥や土寄せをしないと、栄養が不足していた場合、実らなかったり、株が不安定でヒョロヒョロの実になってしまう事があります。大きくしっかりしたラディッシュに育てたい場合は、追肥や土寄せしっかりしてあげた方が、キレイなまんまるのラディッシュになります。

追肥と土寄せのポイント

  • 間引きのタイミングに、一緒に追肥と土寄せを行う
  • 雨の日などでも、土は流れるので地植えの場合は注意する
  • プランターの場合、土のかさが減るようなら土を足してあげる

ラディッシュ(ハツカダイコン)栽培⑦「収穫」

露地栽培(地植え)編

種まきから30日、いよいよ収穫の日がやってまいりました。収穫のタイミングは、土から赤い実が顔を出し、おおよそ2~3cmになったら収穫のタイミングです。

ラディッシュの収穫は、根本をそっと持って、上に引き抜きます。収穫時期が遅くなり、育ちすぎると実割れするので、収穫タイミングを逃さない事がコツです。

プランター栽培編

ちょっと株間がせまいですが、プランターもいよいよ収穫ですlaughheart

ぷっくり、まんまるなラディッシュが収穫できました!プランターの方が間引き後の個数が少ないせいか、大きい実が採れました。収穫は、露地栽培(地植え)と同じ日に行いました。
 

露地栽培とプランター栽培の比較結果は…?

小ぶりですがたくさん収穫できました~!!大きいのはプランター、小ぶりなものは露地栽培のものです。

露地栽培で、追肥と土寄せを忘れた我が家の失敗ラディッシュ。栄養が不足しひょろひょろして、パックリ実割れしていますcrying

収穫のポイント

  • 赤い実が顔を出して、2~3cmのサイズになったら
  • 収穫が遅くなると肥大して、実割れの原因になる
  • 根本からそっと持ち上げるように抜く

ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方、注意点まとめ

露地栽培(地植え)編

露地栽培(地植え)のメリット

  • 地植えの場合、発芽後水やりは基本不要(土が多いため、保水力が違う)
  • 一度にたくさん植えられる
  • コストが安い
露地栽培(地植え)のデメリット
  • 畝作りが苦手な人は不向き
  • しっかり追肥、土寄せをした方が良い
  • 天候に左右されやすい
  • 虫や鳥の被害にあいやすい

露地栽培(地植え)は、畑があれば、用土やプランターなど購入するものは少なくコストが安く済みます。水やりは、プランターのように毎日ではなく、土が乾いたらで大丈夫です。

プランター栽培編

プランター栽培のメリット

  • 日当たりのいい場所に置く
  • 畝作りの必要がない
  • 省スペースで栽培できる
  • 虫があまりつかない
プランター栽培のデメリット
  • 間引きすると、収穫数が少ない
  • 種の袋に入ってるもの全てプランターで栽培すると、プランターの数がそれなりに必要
  • 毎日水やりが欠かせない

私の感じたデメリットは、このくらいでした。また、プランターの場合は、販売されている用土を使用したため、栄養がもともと豊富な土で栽培したおかげか、追肥や土寄せを忘れても比較的丸くぷっくりしたラディッシュが多く採れました。

露地栽培(地植え)とプランター栽培、どっちが育てやすい?

Photo bypixman_gd

実際育ててみて、ラディッシュはプランター栽培が手間が少なく育てやすかったです。それぞれの栽培のメリット、デメリットはありますが、家庭菜園を手軽にやるなら、連作障害も土を入れ替えれば気にせずに済むプランター栽培がおすすめです!

ラディッシュ(ハツカダイコン)、実食!

ラディッシュの葉も使う「胡麻和え」レシピ

葉も余すこと無く調理しました~!!これ、美味しいです!

ラディッシュ(二十日大根)の胡麻和えレシピlaugh

材料

  • ラディッシュ・・・5個
  • 塩・・・少々
  • 醤油・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 白ごま・・・お好みで
作り方
  1. ラディッシュをよく洗い、葉と実を分けます
  2. 実は薄切りにし、塩で軽く揉んでおきます
  3. 葉は沸騰したお湯で40秒ほど塩ゆでします
  4. 塩でかるく揉んだラディッシュは水っぽくなるので絞ります
  5. ラディッシュの実と葉を合わせ、ごま油と醤油、砂糖を入れ和えます
  6. 白ごまふって、完成blush

ラディッシュのぬか漬け

1日半漬けたら、なんと、ピンク色に!見た目はまるでカマボコですが、さすが大根の仲間!美味でした!

ラディッシュ(二十日大根)のぬか漬け

材料

  • ぬか床
  • ラディッシュ4,5個
作り方
  1. ラディッシュをよく洗い、葉と根本を切ったら水気を拭き取ります
  2. ぬか床に実を入れて、室温20度弱の部屋で1日半放置
ぬか床は、季節によって室温が異なり放置時間が変わるので、お好みでどうぞ。葉の部分を漬けても美味しいですよ。

ラディッシュ(ハツカダイコン)の栄養素やおすすめの食べ方

Photo by3dman_eu

ラディッシュは、葉には鉄分やビタミンが多く含まれ、実の部分にはアミラーゼという消化を助ける酵素や、赤い皮にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンは加熱すると破壊されやすいので、加熱しないサラダなどの生食がおすすめです。先程紹介したレシピも、実の部分は加熱していないので是非お試しください。

まとめ

Photo byTanteTati

いかがでしたか?ラディッシュは真夏や真冬でなければ、1年中、時期を問わずに家庭菜園もできそうですね。手軽にはじめたいなら是非プランター栽培が簡単で、おすすめです。早ければ3~4日で発芽するので、あっという間に収穫できます。連作障害もそこまでないようなので、畑がある方も是非チャレンジしてみてくださいね!

Mippy88
ライター

Mippy88

イヤイヤ期に突入した娘の育児をしながらの簡単菜園、ガーデニングを試行錯誤中。 趣味は料理、家事、園芸、DIY、掃除、写真、裁縫などなど…

関連記事

Article Ranking