オリーブオイルの酸化は臭いでわかる?その見分け方と酸化防止のための保存方法とは?

オリーブオイルの酸化は臭いでわかる?その見分け方と酸化防止のための保存方法とは?

身近な植物油のオリーブオイル。調理などで大人気ですが、オリーブオイルが酸化したり腐ると分かるのでしょうか?見分け方や、オリーブオイルの保存方法、万が一酸化してしまった場合の対処法、オリーブオイルの豆知識などをまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.オリーブオイルが酸化?
  2. 2.オリーブオイルが酸化するとどうなる?
  3. 3.酸化したオリーブオイルの見分け方
  4. 4.オリーブオイルの保存方法
  5. 5.酸化防止のオリーブオイル容器!?
  6. 6.オリーブオイルの種類
  7. 7.オリーブオイルの起源と歴史
  8. 8.オリーブオイルでのオススメ調理
  9. 9.まとめ

オリーブオイルが酸化?

Photo byulleo

オリーブオイルは油なので、酸化します。開封後に酸化したり、腐る事があったらどのようになるのでしょうか?この記事では、古いオイルの見分け方、防止方法をご紹介していきます。

オリーブオイルの性質

オリーブオイルは酸化する?

オリーブオイルは時間が経つと酸化をしますが、他の植物油に比べてオイル自体が変質しにくく非常に酸化しにくいのが特徴です。オリーブの果肉からできているオリーブオイルはオレイン酸が豊富なため加熱にも強く加熱調理しても問題がありません。酸化しにくいポリフェノールや、ビタミンEも豊富に含まれています。抗酸化作用もつよく、体にやさしく美容にもいいオイルです。

オリーブオイルが腐ることはあるの?

オリーブオイルは基本的にあまり腐るということはありません。そもそも腐るというのは細菌や微生物の活動により食物が分解され、腐敗臭を放つ成分や毒素が作られることをいいます。オリーブオイルは保存状態が悪いと腐ったような匂いがすることもありますが、オリーブオイルの腐敗臭は油分が酸化により分解されて腐敗臭成分と似た成分が発生するためで、実際にオイルが腐るわけではありません。ただ腐敗臭のするオリーブオイルは古くなっていることは間違いないので、調理に使う前にかならず確認しましょう。

オリーブオイルが酸化するとどうなる?

健康にとても良いと評判のオリーブオイルですが、酸化してしまったオイルを使ったら、健康被害はあるのでしょうか?

酸化したオリーブオイルを食べた場合

Photo bypau_noia0

酸化したものを摂取し続けると、ビタミンが大きく損なわれたり、発がん性の可能性があるともいわれいます。また、古いもの摂取すると下痢を起こす事もあるようです。酸化しているかどうかの見分け方を知り、古くなってしまったオイルは処分する事が大事でしょう。

酸化したオリーブオイルの食用以外の使い道

賞味期限だけが過ぎている場合はヘアオイルや、拭き取りタイプの化粧落としとして。または、滑りがよいのでマッサージオイルなどでも使用は可能です。オリーブオイルを使った石鹸作りなどもできます。ただ、匂いがキツイようならば、処分するのが一番でしょう。

酸化したオリーブオイルの見分け方

Photo byulleo

上記の通り、オリーブオイルはそもそもは酸化しにくいですが、時間の経過ともに古くなると酸化していくことがあります。その際の、見分け方としては、匂い、色、味、加熱の4点で確認が可能です。

①匂い

購入したばかりのオリーブオイルは、まるでフレッシュジュースのような爽やかな香りがします。その半面、古いオリーブオイルや、酸化したオイルはツンとした嫌な匂いだったり、古い油のような匂いがします。開封後しばらく経ってしまったら、まずは匂いを嗅いでみましょう。

②色

開封したばかりのオリーブオイルの色は、実の熟し方や絞り方によっても異なり、グリーンのものもあれば、黄色っぽい色のオイルもあります。高級なオリーブオイルだからこの色!という事もないため、必ず開封後すぐに色を確認しておいて、その色から明らかな変色が見られた場合は、酸化している可能性が高いです。

③味

開封したてのオリーブオイルは、フレッシュでほのかに苦味や辛味があります。柑橘系の酸味を感じる事もあります。味での判断は難しく、古い、酸化したオリーブオイルは鼻から嫌な匂いが抜ける事が多いです。

④加熱

揚げ物などでオイルを加熱していくと、細かい泡が出て、新しいオイルだとすぐこの泡は消えますが、なかなか消えないのも古いオイルの特徴です。また、加熱前に明らかにどろっとしていた等、形状が変わっていないかもよく確認してくださいね。

オリーブオイルの保存方法

Photo bySkitterphoto

ここまで紹介してきたように、酸化に強いオリーブオイルですが、それでも酸化の影響はあるようです。そんなオリーブオイルの開封前や開封後、特別な保存方法や酸化防止の方法はあるのでしょうか?

開封後の保存方法

オリーブオイルは、冷蔵庫での保管も可能ですが、冷蔵⇔常温の温度差で、オイル自体が凝固し、凝固を繰り返す事で風味が落ちると言われています。そのため、日光のあたらない日陰など、涼しい場所での保管が好ましいです。開封前、開封後のオリーブオイルの保存方法は、原則同じです。酸化防止のため、容器のフタもきちんと締めましょう。

オイルの保管はコルク栓?

オリーブオイルは空気に触れる事で酸化していくため、開封後の保存は購入したボトルをしっかり密閉することが原則ですが、瓶などで保管する場合、コルク栓は空気を通しやすくするため向かず、金属のキャップが酸化防止の保管には向いています。

酸化防止のオリーブオイル容器!?

ポーションタイプのオリーブオイル

今は、瓶やペットボトルの容器だけではなく、使いきりのポーションタイプのオリーブオイルも販売されています。使い切りのため、その都度フレッシュな香りと味わいが楽しめます。

スプレータイプのオリーブオイル

スプレータイプのオリーブオイルも、最近は持っている方が増えているんじゃないでしょうか?スプレーオイルだと開封後も酸素に触れず酸化防止にもなる上、ポーションタイプよりも少量のちょこっと使いができるのでとても便利です。炒めものをする際はフライパンに直接吹きかけて、過剰なオイル摂取の防止にもなり、とてもヘルシーです。

オリーブオイルの種類

Photo byjill111

オリーブオイルと言っても、どのような種類があるのでしょうか?一部を抜粋してご紹介します。

オイルの種類 酸度 等級規格 精度
エクストラヴァージンオリーブオイル 0.8%以下 ヴァージンオリーブオイルのうち風味官能検査で味や香りにひとつも欠陥がないもの ≦250
ファインヴァージンオリーブオイル 2.0%以下 ヴァージンオリーブオイルのうち風味官能検査で味や香りに若干の欠陥があるもの ≦250
ピュアオリーブオイル 1.0%以下 精製オリーブオイルとヴァージンオリーブオイルをブレンドしたもの ≦300
精製オリーブポマースオイル 0.3%以下 ヴァージンオリーブオイルを絞った後の採油カスから溶剤抽出したもの >350

オリーブオイルの表示や表記

エクストラヴァージンオリーブオイルは厳しい風味官能検査を通過した上質のオリーブオイルです。様々な表示がありますが、イタリアでは法律で厳密に分類されています。酸度は低ければ低いほど酸化しにくいと言われています。精製オリーブポマースオイルは、有機溶剤を使いオイル抽出をしていて「二番絞り」など表記のあるものもあります。

日本に輸入禁止のオイル?

日本では、食用油の品質基準は「精製」を前提としているため、ファインヴァージンオリーブオイルは日本へは輸入できません。そのため、日本で販売されているオリーブオイルは「エクストラヴァージンオリーブオイル」「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」の3等級です。

化粧品などにも使われる

Photo byMonfocus

オリーブオイルの食用意外の用途は、ヘアオイル、化粧品。保湿力が高いため、頭から足先まで使えるタイプもあります。塗料などの樹脂原料になっていたり、薬用として、他の薬効成分のものと配合して用いられる事もあり、万能オイルなんです。

オリーブオイルの起源と歴史

オリーブの栽培と、オリーブオイルの発祥は地中海沿岸と言われており、紀元前3500年ごろにクレタ島で始まったという説と、紀元前4500年にカナン人がはじめてオリーブオイルを絞ったという説もあります。2014年までのオリーブオイル生産国は、スペインがほぼ締めています。

日本のオリーブオイルの起源

日本でオリーブが初めて持ち込まれたのは、安土桃山時代、キリスト教の宣教師が持ち込んだとされており、同時期にポルトガルの宣教師がオリーブオイルを持ち込んだとされています。そして、初めてオリーブの木が植えられたのは江戸時代末期、医師であった林洞海がフランスより苗木を輸入し、横須賀に植えたとされています。明治12年には、神戸でフランス産のオリーブ栽培に成功。実も収穫され、初の日本製オリーブオイルがつくられました。

日本のオリーブ栽培の歴史

世界では、かなり古くからオリーブ栽培、オリーブオイルの利用がありましたが、日本では明治41年に、魚の油漬け加工に必要なオリーブオイルを自給するため、農商務省がアメリカから苗木を導入し、三重、鹿児島、香川と試験的に植えたところ、香川県小豆島のみ順調に育ち、現在でも国産のオリーブオイルが香川県小豆島で作られています。

オリーブオイルでのオススメ調理

フリー写真素材ぱくたそ

オリーブオイルは揚げ油としてもカラッと揚がり美味しく調理できますが、揚げる、炒める、かける、漬ける。色々な食べ方をご紹介します。

オイル漬け

加熱をした牡蠣などをオリーブオイルに漬け込み、日持ちさせたり、オイルにたっぷり浸かっているので、そのままアヒージョなどにして楽しむ事も可能です。簡単なのにリッチな味わいを楽しめます。

カルパッチョ

お刺身にオリーブオイルを回しかけたり、オリーブオイルに酢と塩を混ぜて自家製ドレッシングなどにしても美味しく召し上がれます。

シンプルにそのまま付ける

焼いたバケットなどに、オリーブオイルと塩、もしくはオリーブオイルにバルサミコ酢などを混ぜたものをディップして食べる食べ方も、シンプルなのに風味豊かで贅沢に仕上がります。調理の手間がないので、是非お試しください。

まとめ

Photo bysilviarita

いかがでしたか?フレッシュな匂いで美味しく、調理の必須アイテムと言ってもいいほど身近なオリーブオイルは、開封後に簡単な方法で酸化防止も可能です。酸化の見分け方も簡単でしたね。オリーブオイルは酸化に強く、腐ることはほぼないオイルですが、古くなってしまうと体にもよくないので、しっかり見分け方を知り、加熱調理意外にも、和える、かけるシンプルなオリーブオイル料理も楽しんでくださいね。

Mippy88
ライター

Mippy88

イヤイヤ期に突入した娘の育児をしながらの簡単菜園、ガーデニングを試行錯誤中。 趣味は料理、家事、園芸、DIY、掃除、写真、裁縫などなど…

関連記事

Article Ranking