モウセンゴケの育て方!枯らさないコツや増やし方、水栽培などを解説!

モウセンゴケの育て方!枯らさないコツや増やし方、水栽培などを解説!

モウセンゴケは食虫植物です。食虫植物というと育て方がむずかしいように思えてしまいますが、ポイントを押さえていれば初心者にも栽培できます。モウセンゴケの育て方と、上手に育てるコツや注意点を紹介しますので参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.モウセンゴケとは?
  2. 2.モウセンゴケの種類
  3. 3.モウセンゴケの育て方①日常管理
  4. 4.モウセンゴケの育て方②植え替え
  5. 5.モウセンゴケの育て方③増やし方
  6. 6.モウセンゴケの育て方④長く楽しむコツ
  7. 7.モウセンゴケを枯らさないコツ
  8. 8.モウセンゴケの育て方⑤病害虫
  9. 9.モウセンゴケの水栽培について
  10. 10.まとめ

モウセンゴケの育て方③増やし方

種まき

モウセンゴケを育てているなら、種をとって種まきで増やせます。種類や環境で多少の違いはありますが、6~7月頃に花が咲くので、花が咲き終わったら花茎を切り取り種をとりましょう。モウセンゴケの種はとても小さく細かいので、キッチンペーパーのようなものを敷いた上で種をとるのがおすすめです。

種まきの仕方

とった種はすぐにまきます。種まきの仕方は、覆土をしてしまうと発芽できないので、水苔をたっぷり埋めた植木鉢にまきましょう。種まきの後は霧吹きで水やりをしていくと、大体3週間ほどで発芽します。

根ざし

モウセンゴケの増やし方としては、根ざしという方法があります。根ざしという増やし方をするのは、種から育てたモウセンゴケで太い根ができるものに限られます。根が太くしっかりとしたものなら、根ざしで増やしてみるのもいいでしょう。

ピグミーモウセンゴケの増やし方

ピグミーモウセンゴケは、むかごで増やせます。根ざしとは少し違いますが、球根のような状態になるので、むかごを外して植えるという増やし方も可能です。

葉挿し

モウセンゴケの増やし方として一般的なのは、葉挿しという方法です。葉挿しというのは、葉を切り水分を吸わせた水苔の上に置くだけです。寝かせるときは腺毛がある方を上にしましょう。葉挿しをしたら水を切らさないよう注意して、半日陰で発芽を待ちます。葉挿しの時期は4月~6月頃がいいでしょう。1ヶ月ほどで根が伸びてきます。

ボタニ子

ボタニ子

葉挿しは簡単な増やし方ですので、初めてトライするときにもおすすめですよ!

株分け

イシモチソウは、モウセンゴケでありながら球根性という特徴があります。イシモチソウの増やし方として、株分けという方法もあります。屋外で地植えしているような場合は、株分けしなくても問題ありません。鉢植えの場合は、株分けでも増やせます。株分けの際は傷つけないよう丁寧に分け、後は植え替えと同じ方法で植え付けてあげましょう。

モウセンゴケの育て方④長く楽しむコツ

剪定

モウセンゴケは多年草なので、基本的に長く楽しめます。より長持ちさせたい場合は、剪定をするのもおすすめです。剪定方法は切り戻しではなく、花茎切りで行います。花は下の方から上に向かい順番に咲くので、切り戻しは不向きです。全部の花が咲くまで置いておくと全体が弱くなる傾向があるので、2/3くらい咲いたら花茎を剪定しましょう。

ボタニ子

ボタニ子

剪定の際はうっかり切り戻ししないよう注意してくださいね!ただし増えすぎて手に負えないような場合は、切り戻しをするのもいいかもしれません。

モウセンゴケを枯らさないコツ

モウセンゴケは寒さに強いですが、極端に暑い環境は苦手です。葉にある腺毛から粘液を出すのも特徴ですが、粘液が出ていないような場合はベストコンディションではないサインと考えられます。寒さに強いですが、霜が降りるような場所では枯れてしまうことも。モウセンゴケを枯らさないコツは、温度管理に注意することです。

ボタニ子

ボタニ子

種類による違いはありますが、昼間は28℃・夜は22℃以上にならないよう注意しましょう。

モウセンゴケの育て方⑤病害虫

モウセンゴケは、食中植物なので、害虫の心配はほとんどありません。ただしカイガラムシやハダニ、アブラムシが付くことがあるので注意しましょう。害虫がほとんど付かないので、害虫が原因の病気も心配ありません。もしも害虫を見つけたら、早めに薬剤で除去してください。

モウセンゴケの水栽培について

Photo by imgdive

モウセンゴケは湿地帯に生息していることから、水栽培という育て方もあります。しかし自然の環境とは違うため、管理がむずかしくなります。水栽培用の土もありますが、雑菌が繁殖しやすいという問題点があり、万全な状態での管理はかなり大変です。気軽に育てたい場合は、水はけのいい土と水苔を使うのがおすすめです。

まとめ

モウセンゴケは虫を食べ物にするという捕虫植物で、ユニークなビジュアルをしています。種類によって形や大きさが違い、観賞用として大変人気があります。極端な暑さと寒さ、日当たりと乾燥に注意すれば、初心者にも育てやすいのでおすすめです。食虫植物に興味がある方は、ぜひ試してみてください。

monarch
ライター

monarch

母の影響でガーデニングや家庭菜園にハマっています! 愛犬と一緒に収穫した野菜を食べるのが幸せです。

関連記事

Article Ranking