液体肥料の使い方&選び方!花・野菜などタイプ別に人気商品を紹介!

液体肥料の使い方&選び方!花・野菜などタイプ別に人気商品を紹介!

即効性があり、水やりのついでに簡単に与えられる液体肥料は、初心者にもおすすめの園芸アイテムです。この記事では液体肥料の選び方&使い方をわかりやすく解説していきます。育てる植物別に人気商品も全10種類ご紹介するので、ガーデニングや園芸で活用してみてください。

記事の目次

  1. 1.液体肥料とは
  2. 2.液体肥料の選び方
  3. 3.液体肥料の与え方
  4. 4.人気の液体肥料を用途に分けて紹介
  5. 5.草花&野菜に使える液体肥料
  6. 6.草花専用の液体肥料
  7. 7.野菜専用の液体肥料
  8. 8.まとめ

草花専用の液体肥料

①ハイポネックスストレート液肥

ハイポネックス ストレート 液肥 観葉植物用 600ml

参考価格: 429円

出典: Amazon
Amazon429円
楽天

「ハイポネックス ストレート液肥」は、観葉植物用のストレートタイプの液体肥料です。自分で希釈する必要がなく手軽に使えるため、初心者でも失敗なく安全に使えるでしょう。コストパフォーマンスの面では原液タイプに劣りますが、小型の観葉植物だけに使用するなら、原液だと使いきれないこともあるかもしれません。その場合はこちらがおすすめです。

②メネデール芝肥料原液

メネデール 芝肥料 原液 1L

参考価格: 888円

出典: Amazon
Amazon888円
楽天

「メネデール芝肥料原液」は、芝生や苔などの下草類専用の液体肥料です。原液タイプで、窒素・リン酸・カリの三大栄養成分のほか、鉄や微量要素がバランスよく配合されています。下草類の根張りをよくし、葉色を鮮やかにするのに効果的な商品です。葉焼けの心配がなく安全に使えます。

③ハイポネックス観葉植物の肥料アンプル

ハイポネックス ハイポネックス 観葉植物の肥料アンプル 35ml×10本入り

参考価格: 285円

出典: Amazon
Amazon285円
楽天

「ハイポネックス 観葉植物の肥料アンプル」は、めずらしいアンプルタイプの液体肥料です。アンプルタイプは、観葉植物の鉢土に刺すだけで簡単に使えますが、アンプルタイプの大半は液体肥料ではなく活力剤になります。活力剤は、肥料よりも肥料成分の含有量が低いので、混同しないよう気をつけましょう。使いやすく初心者にもおすすめです。

野菜専用の液体肥料

①住友液肥1号・2号

レインボー薬品 住友液肥1号 葉もの用 800ml

参考価格: 998円

出典: Amazon
Amazon998円
楽天

「住友液肥1号・2号」は、長年プロにも使われてきた本格的な液体肥料です。どちらも野菜全般に使用できますが、1号は葉もの野菜(ほうれん草・キャベツなど)、2号は実もの・根もの野菜(トマト・大根・人参など)に適しています。いずれも原液タイプの化成肥料で、土壌散布だけでなく葉面散布にも使えます。

②メネデールやさい肥料原液

メネデール やさい肥料 原液 1L

参考価格: 736円

出典: Amazon
Amazon736円
楽天

「メネデール やさい肥料原液」は、野菜やハーブに使える液体肥料です。マグネシウムとカルシウムが強化されており、健やかに野菜を育てられます。原液タイプなので、果菜類は500倍、根菜類・葉菜類は500~1,000倍、ハーブは1,000~2,000倍に水でうすめて使用しましょう。

③ベジタブルライフA

水耕栽培用 液体肥料L(ベジタブルライフA) リビングファーム水耕栽培

参考価格: 2,200円

出典: Amazon
Amazon2,200円
楽天

ベジタブルライフAは、野菜やハーブに使える液体肥料です。水耕栽培に最適ですが、土耕栽培やプランター栽培の追肥としても使用できます。野菜の種類・生育状況にあわせて、100~200倍に水でうすめて使用しましょう。バランスよく肥料成分を配合し、鉄・銅・亜鉛・モリブデンなども含んでいます。

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

ご紹介してきた通り、液体肥料にはさまざまな種類があります。育てる植物・原料・使いやすさなどを基準にお好みのものを選びましょう。液体肥料は水やりのようにジョウロで与えられるため、簡単で初心者にも使いやすい園芸アイテムです。液体肥料を上手に活用し、ガーデニングや園芸をより楽しみましょう!

しましま
ライター

しましま

AEAJアロマテラピー検定1級所持。好きな精油はラベンダー・ティートゥリーです。植物が成長していく様子を見るのが好きで、室内やベランダなどで植物や野菜を育てています。

関連記事

Article Ranking