大根の葉の味噌汁と相性のいい具材は?栄養価やあく抜き方法を紹介!

大根の葉の味噌汁と相性のいい具材は?栄養価やあく抜き方法を紹介!

捨てられがちな大根の葉は、実は緑黄色野菜で栄養満点。捨てるにはもったいない大根の葉の栄養を簡単に取り入れる方法が「味噌汁」です。この記事では大根の栄養かやあく抜き方法、保存方法などをしっかり解説。大根の葉の味噌汁にあわせる人気の具材もご紹介します。

記事の目次

  1. 1.大根の葉は緑黄色野菜
  2. 2.大根の葉の味噌汁に人気の具
  3. 3.大根葉のあく抜き・保存方法
  4. 4.まとめ

大根葉のあく抜き・保存方法

Photo byulleo

大根の葉は栄養がある分、ほろ苦い味がし、あくを感じます。大根の葉を塩ゆですることで、あく抜きができます。また、塩抜きしておくとそのまま冷蔵・冷凍で保存ができて一石二鳥ですよ。

大根の葉の保存方法①冷蔵

大根の葉を冷蔵庫で保存する場合は塩茹でしてからがおすすめです。塩は水1Lに対し、小さじ1~2杯です。加熱処理しておくことで、大根の葉の中にある酵素が失活し、色が変わりにくくなります。2~3日のうちに使いきれるのであれば塩ゆでし、ジップロックなどの保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。

大根の葉の保存方法②冷凍

大根の葉が大量に手に入ったときや、1度に使いきる予定がないときは冷凍保存にしましょう。冷蔵保存と同様、塩ゆでし、保存袋に入れ、粗熱をとってから冷凍庫にいれます。あらかじめ料理に使うサイズに切り分けてから冷凍するのが扱いやすくてよいでしょう。

まとめ

大根の葉についてご紹介しました。大根の葉は緑黄色野菜で豊富に含まれるさまざまな栄養が魅力的でしたね。塩ゆでをすればあく抜きと保存の2つの効果が生まれ、一石二鳥です。ほろ苦い味が魅力の大根の葉は炒め物などにするだけではなく、味噌汁にもぴったりということがわかりました。お好きな具材の組み合わせをぜひ見つけてくださいね。

ricebridgarden
ライター

ricebridgarden

庭いじり、家庭菜園、DIYが大好きな主婦です。庭にキジがきたり、近くにはムササビもいるような田舎に暮らしています。2歳の娘と一緒に庭づくりを楽しんでいます。

関連記事

Article Ranking