3月15日の誕生花は何?特徴・花言葉や誕生石に記念日もご紹介!

3月15日の誕生花は何?特徴・花言葉や誕生石に記念日もご紹介!

3月15日の誕生花は「ジンチョウゲ」です。名前の由来や花言葉といった特徴や、育て方について見ていきましょう。ジンチョウゲ以外の誕生花や誕生石、この日に生まれた有名人など、3月15日にゆかりのあるものもあわせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.3月15日の誕生花は?
  2. 2.ジンチョウゲの特徴3選
  3. 3.ジンチョウゲの育て方
  4. 4.3月15日の誕生花(ジンチョウゲ以外)
  5. 5.3月15日にゆかりのあるもの
  6. 6.ジンチョウゲの凛とした美しさは魅力的

3月15日の誕生花は?

3月15日の誕生花は「ジンチョウゲ」

出典:写真AC

早春に開花し、甘い香りをあたりにただよわせるジンチョウゲ(沈丁花)が、3月15日(3/15)の誕生花です。夏のクチナシ(梔子)、秋のキンモクセイ(金木犀)と並んで、三大香木として親しまれています。純白で肉厚の花と、くっきりとしたグリーンの葉とのコントラストも美しいですね。花びらのように見える部分は厳密には萼(がく)で、本来の花弁ではありません。日本には、室町時代に中国から渡来しました。

名前 ジンチョウゲ(沈丁花)
別名 ズイコウ(瑞香)、リンチョウ(輪丁)
園芸分類・形態 花木・低木
原産地 中国中部から雲南省、ヒマラヤ地域
開花の時期 2月~4月
花の色 白 ※外側は紅紫
暑さ / 寒さ 普通 / 普通
特徴 香りがある、常緑性、初心者でも育てやすい

ジンチョウゲの特徴3選

特徴①香りのよさにちなんだ名前

出典:写真AC

ジンチョウゲ(沈丁花)という名前は、香木のジンコウ(沈香)とスパイスのチョウジ(丁子)にちなんでいます。それらのように花の香りが高いことから、それぞれから一文字ずつ取って「沈丁花」と名付けられました。また、学名の「ダフネ(Daphne)」はギリシャ神話が由来ですよ。そのほか、ズイコウ(瑞香)、リンチョウ(輪丁)などもジンチョウゲの別名です。

特徴②ギフトにぴったりの花言葉

出典:写真AC

ジンチョウゲの花言葉は「栄光」「不滅」「永遠」です。これはジンチョウゲが、通年で葉を茂らせる常緑植物であることにちなみます。ロマンティックな印象で、大切な人に教えたくなるメッセージですね。ギフトとして贈るなら、ミニ盆栽がおすすめです。鉢の色や材質を選ぶことで、洋風にも和風にも仕立てられますよ。

特徴③三大香木のひとつ

出典:写真AC

ジンチョウゲは強く甘い香りを持つ「三大香木」のひとつに数えられています。春のクチナシ、秋のキンモクセイ、冬のジンチョウゲと、それぞれの季節を代表します。中でもジンチョウゲは最も遠くまで香りが届くといわれ、含まれる成分は100種類以上です。香水や化粧水の香料にも人気がありますが、花びらや根には毒があることや、安定した抽出が難しいことから、アロマオイルにはほとんど使われていません。

ジンチョウゲの育て方

育て方①栽培環境

出典:写真AC

ジンチョウゲは根が切れると株が枯れてしまうため、鉢植えでの栽培には向きません。西日の当たらない半日陰に、庭植えで育てるとよいでしょう。移植せずに栽培できるように、植え付け場所はよく吟味してくださいね。有機質に富んでいて、水はけと水もちのよい土壌を好みます。弱酸性がベターです。

育て方②水やり・肥料

出典:写真AC

ジンチョウゲは根が地中深くまで伸びないため、極端な乾燥は苦手です。新芽が成長する春や、高温期の夏に乾燥させないように、たっぷりと水を与えましょう。そのほかの季節は、自然に降る雨に任せれば十分です。肥料は開花後の4月中旬・下旬と、株が充実する9月に緩効性化成肥料を施します。また1月~2月には、寒肥として有機質肥料を与えましょう。

育て方③植え付け・植え替え

出典:写真AC

ジンチョウゲを植え替えをしない前提で鉢植え栽培する場合、水はけ・水もちのいい用土を選ぶことが重要です。赤玉土の小粒と中粒、腐葉土を配合するといいですよ。庭植えの場合も大株は原則として植え替えは不要ですが、小株であれば移植に耐えます。開花後に新芽がつくられる前の3月下旬~4月か、9月下旬~10月に行いましょう。根を切らないように気をつけてくださいね。

3月15日の誕生花(ジンチョウゲ以外)

出典:写真AC

ジンチョウゲ以外にも、3月15日の誕生花はあります。ここではその中から、ふわふわとした花がまさにレースのような「レースフラワー」と、ポップスの歌詞にも登場する「スイートピー」について、特徴や花言葉を見ていきましょう。どちらも大切な人に贈りたくなる、とても素敵な花ですよ。

3月15日の誕生花①レースフラワー

出典:写真AC

レースフラワーは地中海沿岸が原産です。ドクゼリに見た目が似ていることからドクゼリモドキ(毒芹擬)とも呼ばれますが、レースフラワーに毒はありません。可憐な小花がイノセントな印象で、アレンジメントや花束などのフラワーギフトで活躍します。名脇役としての扱いがほとんどですが、あえてレースフラワーを主役にしても、ロマンティックで素敵ですね。花言葉は「繊細」「可憐な心」「感謝」です。

レースフラワーとは?切り花も楽しめる花の特徴・品種や花言葉をご紹介!のイメージ
レースフラワーとは?切り花も楽しめる花の特徴・品種や花言葉をご紹介!
「レースフラワー」という花をご存知ですか?レースフラワーは名前の通り、レースのような可憐な花なのです。そんなレースフラワーの意外な和名や花の特徴、品種、花言葉をまとめました。また、切り花や切り花以外での楽しみ方も紹介します。

3月15日の誕生花②スイートピー(白色)

出典:写真AC

春を代表するパステルカラーの可憐な花、スイートピー(白色)も3月15日の誕生花です。ひらひらとした蝶のような花びらが、アレンジメントや花束をフェミニンな雰囲気に彩ります。花言葉は色ごとにつけられていて、白は「優しい思い出」「門出」、ピンクは「繊細」「優美」です。どちらも恋人や友人へのギフトにぴったりの、優しくあたたかな印象のフレーズですね。

スイートピーとは?赤やピンクなど色別・品種別の花言葉や特徴を紹介!のイメージ
スイートピーとは?赤やピンクなど色別・品種別の花言葉や特徴を紹介!
赤やピンクなど色が豊富なスイートピー。和名ではジャコウエンドウと呼ばれることもあるスイートピーには、色別に花言葉が存在するのを知っていますか?スイートピーの特徴を知って、目的に合わせて花束を贈るのもいいですね。今回はスイートピーの花言葉や特徴を紹介します。

3月15日にゆかりのあるもの

出典:写真AC

最後は誕生石や記念日など、3月15日にゆかりのあるものを紹介します。今日が誕生日のエミール・アドルフ・フォン・ベーリングは、ドイツの細菌・免疫学者です。1901年、「ジフテリアに対する血清療法の研究」で第1回ノーベル生理学・医学賞を受賞したことでも知られます。共同研究者は「日本の細菌学の父」とも名高い、北里柴三郎ですよ。

3月15日の誕生石

出典:写真AC

3月15日の誕生石は「オレンジ・ムーンストーン」です。名前のとおりオレンジ色をしたムーンストーンで、インドやスリランカで産出されます。まるでくだものが熟したような、あたたかみのある色合いに「豊穣」や「結実」の象徴として愛されてきました。肌馴染みのよいオレンジベージュは服装や年齢を選ばず、アクセサリーとしても人気です。女性へのギフトにもおすすめですよ。

3月15日生まれの有名人

出典:写真AC

3月15日生まれ(星座はうお座)の有名人には、以下のような人々がいます。山梨県出身の竹内直子さんは、繊細なイラストで人気の高い少女漫画家です。代表作の「美少女戦士セーラームーン」シリーズはアニメや実写ドラマ、化粧品やアクセサリーなど、いろいろな商品に展開されていますね。

  • エミール・アドルフ・フォン・ベーリング(ドイツの細菌学者、免疫学者)
  • 平岩弓枝さん(小説家、脚本家)
  • 武内直子さん(少女漫画家)

3月15日の出来事・記念日

出典:写真AC

靴の記念日

3月15日は「靴の記念日」です。東京・築地の入船町に、日本で初めての西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」が開設されたことにちなみ、日本靴連盟が制定しました。これは陸軍の創始者である大村益次郎の提案によるものです。輸入された軍靴は海外仕様で大きすぎたため、日本人の脚にぴったりの靴をつくる必要があったそうですよ。

ジンチョウゲの凛とした美しさは魅力的

出典:写真AC

甘い香りで春の訪れを告げるジンチョウゲは、とても人気の高い花木です。花姿も凛としていて、庭の雰囲気をしっとりと美しいものに演出してくれます。室町時代から栽培されているため、日本の環境にもよく適応しています。枝がよく分岐し、剪定をしなくてもこんもりと整った樹形を保つのも、ガーデニング初心者には嬉しいポイントですね。

おもち
ライター

おもち

抱えきれないくらい大きなクチナシの花束をもらうのが夢。

関連記事

Article Ranking