5月13日の誕生花は何?育て方や花言葉、誕生石に記念日もご紹介!

5月13日の誕生花は何?育て方や花言葉、誕生石に記念日もご紹介!

5月13日の誕生花は、初夏の青空によく映えるサツキの花です。その特徴や花言葉、育て方のポイントなどを解説します。サツキ以外の誕生花、誕生石やこの日に生まれた有名人など、5月13日にゆかりのあるものもあわせてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.5月13日の誕生花は?
  2. 2.サツキの特徴3選
  3. 3.サツキの育て方
  4. 4.サツキの花言葉
  5. 5.5月13日の誕生花(サツキ以外)
  6. 6.5月13日にゆかりのあるもの
  7. 7.まとめ

5月13日の誕生花は?

5月13日の誕生花は「サツキ」

日本を原産とする常緑低木、「サツキ(皐月)」が5月13日(5/13)の誕生花です。あざやかな花色や丈夫な性質で人気が高く、古くは江戸時代から多くの園芸品種が作られました。日本を原産とする花で、育て方が簡単なのも魅力のひとつです。園芸用の乱獲や河川の護岸工事、ダムの建設などが原因で、数が減りつつあることが問題視されています。

名前 サツキ(皐月)
園芸分類・形態 庭木、花木・低木
原産地 日本
開花の時期 5月下旬~6月上旬
花の色 ピンク、白、赤、紫など
暑さ / 寒さ 強い / 強い
特徴 育て方が簡単、盆栽向き、暑さに強い

サツキの特徴3選

まずはサツキの特徴について、「名前の由来」「江戸時代から愛されている」「ツツジとの見分け方」の3つをご紹介しましょう。江戸時代の栽培ブームのころから、サツキとツツジは密接な関係があるのですね。

特徴①名前の由来は開花時期

サツキという名前の由来は開花時期です。開花時期である5月中旬~6月上旬を旧暦で「サツキ(皐月)」と呼ぶことにちなんで、この名前がつきました。また、ツツジ科の植物であるサツキはツツジの花ともよく似ています。もともと「サツキツツジ」と呼ばれていたところから「ツツジ」が省略され、現在の「サツキ」という名前になったという説もありますよ。

特徴②江戸時代から愛される花

サツキは江戸時代から記録に名前が残っており、ツツジから作られた園芸品種だという説もあります。中期にはツツジの栽培がブームとなり、その流れのなかでサツキも栽培が盛んになりました。丈夫で育て方が簡単な点も、愛されたゆえんかもしれませんね。江戸時代も現在と同じように、サツキはあざやかな花色で人々の心を和ませていたのでしょう。

特徴③ツツジとの違いは大きさと開花時期

サツキとツツジを見分けるときにまずポイントとなるのは、花の大きさです。2cm~3cmほどの小ぶりの花を咲かせるサツキに比べ、ツツジは5cm~7cmとひと回り近く大きいサイズの花を持ちます。また、開花の時期もふたつを区別するポイントです。開花はツツジの方が3月~4月と早く、ツツジが終わった5月からサツキの開花が始まります。

ボタニ子

ボタニ子

咲いている時期や花の大きさを見れば、ツツジとサツキは区別できるんだね!

ボタ爺

ボタ爺

次のページでは、サツキの育て方や花言葉について解説するぞ。

関連記事

Article Ranking