レースフラワーとは?切り花も楽しめる花の特徴・品種や花言葉をご紹介!

レースフラワーとは?切り花も楽しめる花の特徴・品種や花言葉をご紹介!

「レースフラワー」という花をご存知ですか?レースフラワーは名前の通り、レースのような可憐な花なのです。そんなレースフラワーの意外な和名や花の特徴、品種、花言葉をまとめました。また、切り花や切り花以外での楽しみ方も紹介します。

記事の目次

  1. 1.レースフラワーとは
  2. 2.レースフラワーの種類と品種
  3. 3.レースフラワーの花言葉
  4. 4.レースフラワーの切り花としての楽しみ方
  5. 5.レースフラワーの切り花以外の楽しみ方
  6. 6.まとめ

レースフラワーとは

レースフラワーの特徴と和名

 レースフラワーは、一般的に「ホワイトレースフラワー」のことを指します。ホワイトレースフラワーはセリ科の1年草であり、ドクゼリモドキ(毒芹擬)という和名がついています。毒々しく感じる和名ですが、花はとっても可憐。小さな花が多数ついているのが特徴であり、上から見るとひらひらとしたレースのように見えます。

レースフラワーを楽しめる季節

 レースフラワーが開花する季節は初夏の5~6月です。しかし花屋では季節関係なく周年出回っており、一年中花を楽しむことができます。

レースフラワーの種類と品種

 レースフラワーには主に3つの種類があります。「ホワイトレースフラワー」「ブルーレースフラワー」「ブラックレースフラワー」です。

ホワイトレースフラワー

 レースフラワーというと、一般的にホワイトレースフラワーを指します。ホワイトレースフラワーは、名前の通り白色の花を咲かせます。ここでは、ホワイトレースフラワーの品種の一部を紹介します。

アフリカクイーン

 ホワイトレースフラワーの中でも、一般的な品種がこちらのアフリカクイーンです。小さな白い花が数十集まってグループを作り、そのグループがさらに集まって花全体となっています。

グリーンミスト

 グリーンミストは緑がかった白色の花をつけます。爽やかな色で、初夏やブライダルの利用にもピッタリの品種です。

ブルーレースフラワー

 ブルーレースフラワーという名前ですが、花色は青色だけではなく、白色のものやピンク色のものもあります。実はブルーレースフラワーは、ホワイトレースフラワーと属が異なり、ブルーレースフラワーの白色と、ホワイトレースフラワーは違う属のものなのです。

 ややこしいですが、青色、ピンク色のレースフラワーを見かけたら、「これはブルーレースフラワーだな」と認識できればOKです。

ブラックレースフラワー

 ブラックレースフラワーは、赤紫色の花を咲かせます。ブラックレースフラワーもブルーレースフラワーと同様に、ホワイトレースフラワーとは別の属のものです。しかし、同じセリ科のため、花型はとても良く似ています。

似ている花として…

 レースフラワーと似ている花に、オルレアがあります。オルレアはセリ科オルレア属であり、レースフラワーと同じセリ科のため似た花を咲かせます。しかし、花弁をよく見るとレースフラワーよりも大きく、レースフラワーとは違う花であると簡単に識別できます。

のイメージ
シロタエギク(白妙菊)とは?育て方と上手な寄せ植えのやり方を解説!
花壇や寄せ植えに人気のシルバーリーフのシロタエギク(白妙菊)。英名ではダスティーミラーともよばれます。冬っぽさを演出することもできる白い粉をふいたような葉や茎、レース状の葉形が特徴的です。そんなシロタエギクの育て方と上手な寄せ植えの方法をまとめてみました。

次のページではレースフラワーの花言葉を紹介するよ!

関連記事

Article Ranking