テントウムシの種類を解説!アブラムシの天敵として益虫にもなる?

テントウムシの種類を解説!アブラムシの天敵として益虫にもなる?

ころんとした丸いフォルムにいろんな種類の個性豊かな模様。幼い日に草むらでみつけて指の先にとまらせたテントウムシ。可愛らしい見た目からは想像もつかないほど、実は……。今回は誰もが知っているテントウムシの種類と意外な素顔を紹介します。

日本でみられるテントウムシの種類は?

引用元:写真ACより

わたしたち日本人にとって馴染み深い昆虫、誰もが知ってるテントウムシ。日本で暮らすテントウムシの種類にはどんなのもがいると思いますか?そのうちいくつの名前が言えますか?

その数なんと180種類!

フリー写真素材ぱくたそ

日本でみられるテントウムシの種類は、現在わかっているものだけで180ほど。お馴染みの赤字に黒の模様をもつもの、黒地に赤の模様のもの、黄色いもの、変わった模様のもの…とバリエーションも豊富。ここでは、代表的なテントウムシの体の色や模様の色、食べているえさや名前などを紹介していきます。

日本でみられるテントウムシの名前①星の数で分けた種類

フリー写真素材ぱくたそ

日常的に目にしていたテントウムシが180種類もいたなんて驚きですね。日本に180種類もいるテントウムシを、まずはその星の数でみていきましょう。

星の数が7つのテントウムシ

Photo byClker-Free-Vector-Images

トップバッターは、七つの星をもつテントウムシ。七つの傷をもつ男じゃないですよ。七つの星をもつテントウムシ、その名も……。

ナナホシテントウ

赤い羽根に黒色の星の数が7つ。テントウムシといったらこれですよね!小さい子供が描くテントウムシの絵も、ほとんどがこのナナホシテントウ。デザイン化されて洋服の模様やアクセサリーのモチーフなどでも見かける、誰もがイメージするテントウムシでしょう。体長約8ミリ。日本中どこでも見られ、えさはアブラムシを主食としています。

星の数が2つのテントウムシ

引用元:写真AC

仲良くならんだペアの星。つぎは星の数が2つのテントウムシを紹介します。3つ星じゃなくていいんです、レストランじゃないんですから。

フタモンクロテントウ

フタモンクロテントウは星の数が2つのテントウムシ。もともとヨーロッパでよくみれられる種類だったのが、日本に入り帰化したもの。北海道をのぞく日本全土でみられます。黒地に黄色の模様があり、からだ全体がふわっとした毛で覆われています。オスは頭の部分が黄色で、メスは黒一色という特徴も。アブラムシを好んでえさにします。

ヒメアカボシテントウ

こちらも星の数が2つのテントウムシ。ヒメと名がつく通り、体長は5mmにも満たない小ささ。日本全土でみられます。光沢のある黒地に鮮やかな赤い模様が特徴で、えさは主にカイガラムシです。

日本でみられるテントウムシの名前②黄色い種類

フリー写真素材ぱくたそ

気分を明るくしてくれる色である黄色は、自然界では警戒色として知られています。自らを黄色に染めることで、外敵に警告を発し寄せ付けなくしているのかもしれません。

キイロテントウ

体長約5ミリ。北海道をのぞく日本全土に分布。つやのある黄色の体が特徴。脱皮したばかりのナミテントウと間違われがちですが、ナミテントウはアブラムシをえさにするのに対し、キイロテントウはうどん粉病菌を食べます。

ウスキホシテントウ

こちらはウスキホシテントウ。薄い黄色の星のあるテントウムシだから、この名前なのでしょうね。大きさは3ミリから4ミリほどで、北海道をふくむ日本全土に分布しているといわれていますが絶対数が少ないようで、出会うことができたらかなりラッキーです。アブラムシをえさとします。

日本でみられるテントウムシの名前③模様が特徴的な種類

Photo byJillWellington

テントウムシの世界にもいる、個性派おしゃれさん。私たち人間でいえば、自分のスタイルを持っていて一目置かれる存在といったところでしょうか。他とちがった模様で自己主張しているかのようです。

カメノコテントウ

体長約12ミリと、テントウムシの中では大きめサイズのカメノコテントウ。北海道を含む日本全土でみられます。カメの甲羅のような特徴的な模様があります。えさは、クルミの木につくクルミハムシ限定といったこだわり派です。

ナミテントウ

上の写真はどれもナミテントウです。模様も色もまるで違いますが、実はナミテントウは黒地に赤の模様が2つのもの、黒地に赤の模様が4つのもの、黒地に赤の模様がたくさんあるもの、赤地に黒の模様があるもの、と4タイプに分かれるのですが、タイプの違う親どおしで交尾すると、生まれてくる子供の模様はどれも両方の親の模様を重ね合わせた形になるのです。北海道を含む日本全土に生息します。

草食系テントウムシ

フリー写真素材ぱくたそ

肉食なんて野蛮なことはしません。毎食ヘルシーなサラダでお腹を満たしています。人間で言ったらさしずめベジタリアンといったところ。でも、その実態は、農家さん泣かせの厄介のもなのです。

ニジュウヤホシテントウ

北海道をのぞく日本全土に分布。約6ミリと小ぶりなサイズ。8ミリ以上のオオニジュウヤホシテントウは北海道にも生息します。テントウムシの多くがアブラムシなどの虫を食べるのに対して、このニジュウヤホシテントウは葉っぱを食べます。とくにナスやジャガイモの葉をスカスカにしてしまうので、農業をしている人からみると害虫のイメージです。

トホシテントウ

ぱっと見はナナホシテントウやナミテントウにそっくりですが、よく見ると体中に細かい毛が。北海道を含む日本全土に分布。体長は約8ミリで、カラスウリの葉をえさにします。

テントウムシに働いてもらおう!

アブラムシにとって僕らは天敵。さあ今日もいっぱい食べるよ!
引用元:写真AC

手塩にかけて育てたお花や野菜。なのに、ちょっと目を離したすきにアブラムシがびっしり!ぎゃー!なんて経験ありませんか?アブラムシは黒い種類や赤い種類、羽のある種類などじつにさまざま。なかには緑色の種類もいて、手でつぶしてしまってから気づいたりすることも。薬剤はなるべく使いたくないし、かといって薄めた牛乳をスプレーしても効果はそのとき限り……。こんなときこそ、お庭の番人テントウムシさんの出番です。

意外に大食漢!頼れる益虫テントウムシ

フリー写真素材ぱくたそ

日本のどこででも見かけるナナホシテントウやナミテントウは、アブラムシにとっては恐ろしい天敵。テントウムシの成虫は一日に約100匹のアブラムシを、幼虫でも50匹ものアブラムシを食べます。意外に大食漢のテントウムシの寿命は3か月といわれていますが、実際には半年から2年もの間、元気でいるものもいるそうで、この間ひたすらアブラムシを退治し続けてくれるのです。単純計算すると、1匹のテントウムシの稼働で駆除できるアブラムシの数は半年でなんと18,000匹!

農業の救世主として注目されるテントウムシ

今から100年ほど前、アメリカでは外来種であるカイガラムシに柑橘類の葉を食い荒らされて困っていました。当時の昆虫学者ライレーはカイガラムシとその天敵の関係性をつきとめ、それを受けた政府がカイガラムシの天敵であるべダリヤテントウを輸入し農園に放したところ被害が収束したということが記録に残っています。その後日本でも同様な被害がでましたが、同じような対策をして被害の拡大を防いだとのことです。

そしていま再び注目されるテントウムシ農法

フリー写真素材ぱくたそ

2018年5月のTBSラジオで放送された番組内で、テントウムシを使ったアブラムシ駆除の紹介がされたのをご存じでしょうか。千葉県立農業大学校の生徒が、ナミテントウの背中の上にホットメルト接着剤を塗って、飛べなくしたテントウムシを商品化しているといった内容です。接着剤で羽を開かなくし飛んでいかないようにした商品ということで批判もあったようですが、接着剤の効果は2か月ほどなので交尾や産卵への悪影響はほとんどないのだとか。

飛ばないナミテントウの開発も

天敵製剤テントップ(100頭入り)(ナミテントウ剤)

参考価格: 8,690円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天8,690円

農業と食品産業の発展のための研究をおこなう農研機構では、採取したたくさんのテントウムシの中から、飛翔能力の低いナミテントウを探しだし、それらを交配することで、遺伝的に飛翔能力が低いナミテントウを育成しました。「飛ばないナミテントウ」製剤として、「テントップ」の商品名で販売中です。

自然界の食物連鎖を利用したエコ農法に期待

Photo byPublicDomainPictures

農家さんを悩ますアブラムシ。農薬をまいてしまえば退治することはできますが、同時に他の昆虫を殺して生態系を壊すことにもなりかねません。もちろん、農作物に薬剤が付着する心配もあります。テントウムシを使ったアブラムシ駆除なら、こういった心配は無用。自然にも体にも優しいといえるでしょう。

テントウムシの調達法

思ったように庭にテントウムシが集まらない場合は、捕まえに行きましょう。見つけたら、そっとつまんで虫かごなどに入れて持ち帰ります。冬になると落ち葉の下などで冬眠するので、その落ち葉ごと連れて来て、春になるまで飼育箱などで保管するのも手です。

テントウムシ捕獲スポット①公園

Photo by Kentaro Ohno

よく行く公園はありませんか?身近ないつもの公園でも、テントウムシはみつけることができます。子供と一緒に虫取り競争したら、案外短時間でたくさんとれるかも。よく日の当たる木の幹や葉っぱの裏などを探してみましょう。

 

テントウムシ捕獲スポット②コンクリートや石の上

少し涼しくなってくると、暖を求めてか塀や花壇のふちなどコンクリートのところでみつけることが多くなります。冬を越すために電信柱の日当たりのよい側にびっしりと集団でついていることもあります。

捕獲するときの注意

テントウムシを捕まえるときの注意点がひとつあります。それは、そっとつまむこと。強くつかんでしまうとテントウムシが警戒して青臭い汁を出すのです。指や服につくと黄色い色がなかなか落ちないし、臭いもしぶとく残ります。テントウムシを弱らせないということもありますが、優しく優しくを心がけましょう。

テントウムシと幼虫をみつけたら

テントウムシは4月と10月というように年2回繁殖期を迎えます。この時期、木の枝や葉の裏などに産み付けられた1ミリほどの縦長で黄色または乳白色の卵をみつけたらしめたもの。自宅の庭の木に卵がついているのをみつけたら、そのままそっとしておきましょう。気温にもよりますが卵は3日から4日ほどで孵化します。

テントウムシの天敵・コマユバチ

アブラムシにはめっぽう強いテントウムシですが、コマユバチにはかないません。いわゆる寄生バチの一種であるコマユバチは、コマユバチ科に属する蜂の総称です。コマユバチは宿主の体内を食い荒らした後、ある程度成長すると宿主の体を突き破り外へ出ると小さな繭を作り、その中でさなぎになります。当然、寄生された虫は死んでしまうことに。

てんとう虫は天道虫

ぼくは天道虫。お天道様をめざして飛んでくよ!

最後に、テントウムシの名前の由来についてのお話を少しだけ。テントウムシは上へ上へと登りつめ、やがててっぺんから空へ飛び立っていく性質があります。その姿がまるで太陽をめざして飛んでいくように見えることから、お天道様虫からてんとう虫となったのだそうです。飛び立った姿に夢中になって自分が転倒虫にならないように気をつけましょうね!

Article Ranking