ミニトマト(プチトマト)の作り方!種まき・苗作りから収穫まで解説!

ミニトマト(プチトマト)の作り方!種まき・苗作りから収穫まで解説!

ミニトマト(プチトマト)は、かわいらしさ、食べやすさ、味のよさから活躍の場が多く、家庭菜園でも人気の野菜です。ミニトマトの種まき・苗作り、収穫までの育て方を、実際に起きた病気や害虫などのトラブルの対応と予防を交えながらご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ミニトマト栽培の概要
  2. 2.ミニトマトの栽培時期
  3. 3.ミニトマトを実際に栽培してみました!
  4. 4.ミニトマト栽培1日目:種まき
  5. 5.ミニトマト栽培10日目:発芽
  6. 6.ミニトマト栽培31日目:鉢上げ
  7. 7.ミニトマト栽培40日目:間引き
  8. 8.ミニトマト栽培53日目:定植
  9. 9.ミニトマト栽培53日目:支柱立て
  10. 10.ミニトマト栽培67日目:開花
  11. 11.ミニトマト栽培86日目:芽かき・下葉かき
  12. 12.ミニトマト栽培94日目:追肥
  13. 13.ミニトマト栽培108日目:収穫
  14. 14.ミニトマト栽培108日目:実食
  15. 15.ミニトマト栽培(番外編):トラブル・生育不良
  16. 16.ミニトマトの病害虫対策
  17. 17.ミニトマトの栽培まとめ

ミニトマト栽培の概要

ミニトマトはプチトマトとも呼ばれる、1粒が10~30グラムの小さなトマトです。200グラム以上ある普通サイズのトマトと比べると、切る必要がないため手軽に食べられ、かわいらしく、味も濃厚です。今回は病気に強く、甘いもの好きにはぴったりのイエローアイコを種から育てました。

ミニトマトの栽培時期

ミニトマト(プチトマト)は、種から育てる場合は2月~4月頃、苗から育てる場合は4月~5月頃から栽培を始めます。

ミニトマトを実際に栽培してみました!

ミニトマト(プチトマト)は家庭菜園でも人気で、種や苗は多くの店舗で販売されています。今回は種から苗作りをし、プランターに定植して栽培しました。

栽培者プロフィール

家庭菜園の経験年数:6年
ミニトマト(プチトマト)の栽培経験:苗からの栽培経験が1度あり
栽培地:静岡県

ミニトマト栽培1日目:種まき

種から苗作りを行う場合は、冬から春にかけて販売される種を購入し、種まき(播種)を行います。

種を準備するポイント

  • 新しい種の方が発芽率がよい

1日目(4月6日)

後から間引きを行うため2、3粒いっしょに播種します。

ミニトマトの種は直径2ミリほどです。直接地面に播種すると種が行方不明になったり、発芽条件を管理するのも難しくなります。室内で種から育てるためには、ジフィーセブンのような播種専用の商品を利用したり、苗作り用のセルポットやポリポットに種まき用の土を入れて播種する方法があります。

苗作りに使用したジフィーセブン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

今回はキッチンで発芽させましたので、種まきの用土には土の拡散を気にしなくて済む「ジフィーセブン」を使用しました。この商品には発芽後10日分ほどの養分も含まれています。発芽後は液肥を追肥したり、ポリポットなどに植え替えて苗作りを行います。

ミニトマト栽培10日目:発芽

10日目(4月16日)

一週間経っても発芽せず、発芽条件を見直しました。播種した容器を暗い場所に置くと、一日で発芽しました。

種まきをしてもなかなか発芽しないときは、発芽条件を再確認します。

ミニトマトがよく生長する時期は、最低気温が15度、最高気温が25度の間です。外はまだ最低気温が10度を下回る日もあるため、しばらくは室内で育てます。

ボタニ子

ボタニ子

暗い場所に置かなかったせいで、発芽が遅れてしまいました…

種から育てるのは少し大変です。4月~6月ごろに売られている苗を買えば、種まきから間引きまでの手間もかかりませんし、播種した種が思ったよりたくさん発芽して家庭菜園が窮屈になるようなこともありません。

ミニトマト(プチトマト)の発芽率を上げる方法

  • 水分
  • 20度~30度の温度
  • 暗い場所
ボタニ子

ボタニ子

発芽してひと安心です。次のページではミニトマトが成長期を迎えます。

関連記事

Article Ranking