フィーバーフューとは?頭痛に効果がある?おすすめの摂取方法を紹介

フィーバーフューとは?頭痛に効果がある?おすすめの摂取方法を紹介

フィーバーフューとは、古代ローマ時代より万能薬として活躍してきた植物です。白く小さい見た目からは想像できない、体に効果的な成分が含まれています。今回はフィーバーフューの効果や効能を中心に、摂取の仕方なともご紹介する特集です。

記事の目次

  1. 1.フィーバーフューとは?
  2. 2.フィーバーフューの効果と効能
  3. 3.フィーバーフューのおすすめな摂取方法
  4. 4.まとめ

フィーバーフューとは?

Photo by graibeard

フィーバーフューとは、多年草の植物で、タンポポやマリーゴールドの仲間です。白と黄色のコントラストがきれいで、小さくて可愛らしい花をつけます。見た目は可憐なフィーバーフューですが、実にさまざまな効果が期待できることで注目されている植物です。今回は、フィーバーフューの内容について追っていきながら、その魅力をご紹介します。

学名 Tanactum parthenium
分類 キク科ヨモギギク科
別名 ナツシロギク、マトリカリア、ワイルドカモミール
温度 耐寒性

フィーバーフューの特徴

フィーバーフューとは、多年草の一種でキク科ヨモギギク科に属し、ヒナギクやカモミールとも似た植物です。小さくて白い花をたくさん咲かせます。その繁殖ぶりから「ワイルドカモミール」という別な呼び名もある植物で、とても強く苦い香りを放ちます。そのため、昔からフィーバーフューがある場所は、空気が清められた神聖な場所として伝えられてきました。

観賞用やハーブでも販売

フィーバーフューの形状は硬くて丸く、30~60cmくらいの滑らかな茎が直立します。切花や花壇用苗としても利用され、よく「マトリカリア」という名前でも販売されている花です。またサプリメントやハーブといった使い方もされ、お茶にして飲むことが昔から行われてきました。やや刺激がある味が特徴的です。

フィーバーフューの分布地

フィーバーフューの原産地は、セルビアやマケドニアといった国があるバルカン半島で、主に山間の低木地帯の岩の多い場所に自生していました。やがてフィーバーフューは観賞用や薬用として頻繁に栽培され、現在に至っています。ヨーロッパだけではなく、アメリカやカナダでも広く自生する姿を見ることができます。

フィーバーフューの歴史

フィーバーフューの歴史はとても古く、さまざまな不調を整える治療薬として使われてきました。古代ギリシアの時代には、すでに頭痛や関節炎、抑うつのために利用されていた植物です。その後、16世紀のヨーロッパでは、頭痛、胃の不調、歯痛、神経痛のための薬として普及していました。「奇跡のアスピリン」という名称でも親しまれながら、その成分効果は現在でも有効利用され続けているのです。

フィーバーフューの育て方

Photo by Melanie Shaw Medical Herbalist

フィーバーフューは多年草ですが、暑さには弱い特徴です。特別に難しいわけではありませんが、その育て方を押さえておくことが必要です。ここでは、フィバーフューの主な育て方について簡単に触れておきます。

フィーバーフューの最適な環境

フィーバーフューを育てる時は、なるべく風通しのよい場所で育てましょう。増えたら小まめにすいたり切り戻しを行い、蒸れるのを防ぐことがポイントです。極端な暑さには弱いので、夏の時期は病害虫の被害にも遭ってしまう恐れがあります。必ず早めに害虫対処をしておきましょう。また、冬は霜に当たると枯れてしまいます。株元を腐葉土などで覆いながら、寒さから守ってあげましょう。

ボタ爺

ボタ爺

次からはさっそくフィーバーユーの効果と効能について紹介していくぞ!

次のページ

フィーバーフューの効果と効能

関連記事

Article Ranking