イタドリとは?山菜としての特徴・効能やおすすめの食べ方までご紹介!

イタドリとは?山菜としての特徴・効能やおすすめの食べ方までご紹介!

「すかんぽ」「かっぽん」「しゃっぽん」「ごんぱち」などの別名をもつイタドリは食べ方もいろいろ。天ぷらなどのお料理に大活躍、体への効能もうれしい山菜です。イタドリの栄養、食べ方、レシピの他、薬としての効能、成分、副作用などイタドリの特徴をまとめました。

記事の目次

  1. 1.イタドリとは
  2. 2.イタドリの山菜としての特徴
  3. 3.山菜としてのイタドリのおいしい食べ方と料理法
  4. 4.イタドリのおいしい食べ方①塩漬け
  5. 5.イタドリのおいしい食べ方②天ぷら
  6. 6.イタドリのおいしい食べ方③ごま油炒め
  7. 7.イタドリのおいしい食べ方④ジャム
  8. 8.イタドリのおいしい食べ方⑤みそ汁
  9. 9.薬としてのイタドリの効果と効能
  10. 10.イタドリの育て方
  11. 11.イタドリによる影響
  12. 12.まとめ

イタドリとは

出典:写真AC

イタドリはタデ科ソバカズラ属の多年生植物です。茎は筋が多く赤い斑点があり、道のわきや土手などにはえています。春の若芽の時期(4~5月)の新芽はやわらかく、天ぷらなどの栄養豊富な山菜料理として食べられます。民間薬としても親しまれ、レシピも豊富です。育て方には要注意な不思議な魅力のイタドリについてまとめました。

生育場所

イタドリは東アジア原産種で原産地は日本、台湾、中国などです。日当たりのよい土手、丘、道ばた、荒地などでもみかけます。日本では北海道西部より南の野山に広く自生しています。やや湿った土地を好み、繁殖力が旺盛でイタドリがはえると他の草木を圧倒してしまうほどなので、くれぐれも育て方を間違わないよう気をつけましょう。

植物としての特徴

出典:筆者撮影

イタドリの外観は節が多く、春の芽吹きの季節にはアスパラガスのようです。茎は円柱状で中は空洞になっています。春の茎には赤い班点が現れるのが特徴です。若いうちは水分が多くやわらかいので天ぷらとして食べられており、各地にさまざまなレシピが存在します。春が過ぎると徐々に木質化し、高さは1~2m近くにも達します。

葉の特徴

互い違いについた葉は、全体的に丸みがあり先端はとがっています。ところどころに赤い斑点があるのが特徴です。長さは10cm~15cmの卵のような楕円形、縁はかすかに波打ち、秋になると黄色く変色します。春の若くてやわらかい葉のおすすめレシピは山菜の天ぷらです。

花の特徴

イタドリの開花時期は春から秋(7~10月頃)で、お月見のころに花がよく咲きます。枝の先端に3mmほどの小さな白い花つけ、花弁は雄花より雌花が大きいのが特徴です。特に雄花は咲いてもすぐに枯れ落ちてしまいます。ときに花の色が赤みをおびることがあり、その花はベニイタドリ(名月草)と呼ばれます。

種の特徴

出典:写真AC

花が咲き終わり秋になると雄株には果実が熟し、特徴的な3枚の翼をつけたハート形の種子は風に運ばれて飛散します。春になるとこの種が芽吹き地下茎を伸ばしだすのです。種がついた状態でドライフラワーにして、観賞用のアレンジメントするのもおすすめですよ。

根の特徴

イタドリは刈り取られてもはえてくる強い繁殖力をもっています。この強い生命力の秘密はこの地下茎にあります。根は冬でも枯れることもなく、切断した根からも発芽するので栽培はおすすめしませんが、この根茎部は乾燥して漢方薬としても利用されるので、育て方を間違えないようにしましょう。

イタドリの山菜としての特徴

古くから親しまれてきた山菜

イタドリは春の芽吹きの季節に、若くてやわらかい新芽を栄養豊富な山菜として食べられてきました。北海道より南では各地で生育しているので、栄養補給やデトックス効果のあるイタドリのレシピは日本中にあります。その証拠として、イタドリには数多くの別名があり各地で呼び名が異なります。

名前の由来

イタドリの学名は“Fallopia japonica(ファロピア ジャポニカ)”、英名は”Japanese knotweed(ジャパニーズ ノットウィード)“といいます。和名のイタドリの由来は、体の痛みのある部分にイタドリをすりつぶしてつけると痛みがやわらぐことから「痛み取り」が転じて「イタドリ」になりました。

別名「虎杖」の由来

Photo by jetalone

イタドリにはさまざまな別名があります。「虎枝」と書いてイタドリと読みます。茎の赤い班点を虎の模様に見立てたのです。また葉の表面から糸状のものがでるので「糸取」と書くこともあります。「すかんぽ」も別名のひとつで、茎を折ると「ポンッ!」と音がして、酸っぱいからスカンポなのだとか。ちなみにスカンポは漢字で書くと「酸模」です。

「ごんぱち」「しゃっぽん」…まだある別名

その他にも「いたずり」「かっぽん」「ごんぱち」「しゃっぽん」「いたんぽ」「どんぐい」「すっぽん」「えったん」「だんち」「すかんこ」などなど数え切れないほどの名前が並びます。それほど身近にあって古くから親しまれてきた山菜なのです。各地に伝わる物語やレシピがある身近な山菜なのです。

ボタニ子

ボタニ子

次のページからはイタドリのおいしい食べ方や料理方法を紹介するよ!

次のページ

山菜としてのイタドリのおいしい食べ方と料理法

関連記事

Article Ranking