ヤブレガサ(破れ傘)とは?特徴・見分け方から山菜としての食べ方までご紹介!

ヤブレガサ(破れ傘)とは?特徴・見分け方から山菜としての食べ方までご紹介!

春の山菜にはいろいろありますが、ヤブレガサの若芽もその一つです。春、林の中にその小さな姿が目に止まります。芽の様子は破れた傘に似ていて、食べてみるとほろ苦く印象的な味です。そんなヤブレガサの特徴や育て方、食べ方などについてご説明します。

記事の目次

  1. 1.ヤブレガサとは
  2. 2.ヤブレガサの特徴
  3. 3.ヤブレガサの育て方
  4. 4.ヤブレガサの見分け方
  5. 5.ヤブレガサの食べ方
  6. 6.まとめ

ヤブレガサとは

ヤブレガサは日本原産の植物です。北海道以外、落葉樹や広葉樹の多い林の中ややや乾いた場所、山や林の斜面に見られる多年草です。早春に発芽しますが、若い葉は綿毛に覆われいて、葉が開くと名前のとおり破れた傘のように見えます。葉が開き始める頃、収穫して葉と茎を山菜料理として食べます。育て方によっては自宅でも簡単に増やし収穫することができます。

ヤブレガサの基本情報

名前

ヤブレガサ、カラカサグサ、破れ傘

学名

Syneilesis palmata

分類

キク科ヤブレガサ属

形態

多年草

分布

日本(本州、四国、九州)、朝鮮半島

草丈

50〜100cm

開花時期

7〜9月

ヤブレガサの特徴

出典:写真AC

名前も姿も特徴的なヤブレガサは、どのような性質の植物なのか、そして名前の由来や花言葉などもご説明します。

芽・茎

春の3月ごろに芽を出し、若芽は全体が綿のような毛に覆われています。芽が出始めて少し伸び、葉が開かないくらいがちょうど収穫に適しています。茎が一本だけ伸びてきて、その先に葉を持っているのが特徴です。茎はまっすぐ伸びていき、株の生長にもよりますが、50~100cmまで伸びます。

早春に芽が出て葉も茎も綿毛に覆われていますが、茎が伸びていくと葉が開いてきて綿毛もなくなります。芽吹いたときはちょうど破れた傘をすぼめたような形です。花がつかないものは葉は1枚だけ、花がつくものには葉が2枚つきます。葉の直径は30~50cmで丸く広がり、手のひらのように7~9ヶ所深い切れ込みがあります。園芸種もあり、斑入りの葉もみられます。

夏、7~9月ごろ、茎の先に茎をスッとまっすぐ伸ばし、花の枝を交互に伸ばして白から淡い赤色の花を咲かせます。花の根元は筒状になっており、長さ9~10mmです。その先に小さな花を7~13個つけ、花の先は割れており、くるんとカールしています。葉はとても存在感があるのに比べ、花は白っぽく地味な印象です。

果実

花が咲くと蜂たちがやってきて蜜を吸います。そうやって受粉すると冠毛、つまり果実の上についている毛が伸びてきます。果実は長さ4mmくらいで茶褐色、よく見るとたくさんの縦のシワがあります。冠毛は7mmにまで伸び、白く刺があり、上を向いています。その冠毛を利用して、果実は風に乗ったり動物についたりして広がっていくのです。

名前の由来

ヤブレガサという名前の由来は、発芽した時の様子が破れてしまった傘に見えることから「破れ傘」と呼ばれているといわれています。地方によってはキツネノカラカサ、ウサギノカサ、ヨメノカサ、カラカサグサなどの呼び名もありますが、いずれも若芽が傘のような見た目であることが由来です。また、葉が開いて大きくなった葉を傘(笠)だと見立てて「破れ傘(笠)」と表現したとも言われています。

花言葉

透き通る心

なぜこの花言葉なのかは不明ですが、葉に刻みが入っていて見通しが良いところから、そう名付けられたのかもしれませんね。見通しのよい、つまり、嘘がなく透き通った心の持ち主を表現した、もしくは花の茎がすっくと一本立って咲く姿からもそのようなイメージがついたのかもしれません。

ボタニ子

ボタニ子

次のページではヤブレガサの育て方や食べ方について説明します!

次のページ

ヤブレガサの育て方

関連記事

Article Ranking