冬の寄せ植えにおすすめの植物10選!寒さに強く、かつ、お洒落な花は?

冬の寄せ植えにおすすめの植物10選!寒さに強く、かつ、お洒落な花は?

色彩に乏しい冬の季節を、冬に咲く花や色鮮やかなカラーリーフで彩ってみませんか。寄せ植えにすれば、玄関や室内など限られたスペースを華麗に演出してくれるでしょう。今回は、冬の季節に咲く花やカラーリーフ、おしゃれな冬の寄せ植えづくりのコツなどを紹介します。

記事の目次

  1. 1.冬こそ寄せ植えがおすすめ!
  2. 2.冬の寄せ植えに向いている花とは?
  3. 3.寄せ植えにおすすめの冬の花10選
  4. 4.寄せ植えにおすすめの冬の花①:パンジー・ビオラ
  5. 5.寄せ植えにおすすめの冬の花②:ガーデンシクラメン
  6. 6.寄せ植えにおすすめの冬の花③:葉牡丹(ハボタン)
  7. 7.寄せ植えにおすすめの冬の花④:ポインセチア
  8. 8.寄せ植えにおすすめの冬の花⑤:エリカ(ジャノメエリカ)
  9. 9.寄せ植えにおすすめの冬の花⑥:スイートアリッサム
  10. 10.寄せ植えにおすすめの冬の花⑦:ヒューケラ
  11. 11.寄せ植えにおすすめの冬の花⑧:プリムラ・ジュリアン
  12. 12.寄せ植えにおすすめの冬の花⑨:シロタエギク
  13. 13.寄せ植えにおすすめの冬の花⑩:キンセンカ
  14. 14.寄せ植えのおしゃれな組み合わせのコツは?
  15. 15.まとめ

冬こそ寄せ植えがおすすめ!

出典:写真AC

鉢やプランターにいろいろな植物を植えて楽しむ寄せ植えは、室内・玄関・花壇と、場所を問わず楽しめる素敵な芸術作品です。特に色彩の乏しい冬の季節に、色鮮やかな寄せ植えが飾られていたら、とても素敵な気分になるでしょう。冬でもきれいな花を咲かせる寒さに強い植物を組み合わせて、おしゃれな寄せ植えを自分で作ってみるのもおすすめですよ。

クリスマスや正月にも活躍

フリー写真素材ぱくたそ

冬の行事というと、クリスマスや正月を思い浮かべる方は少なくないでしょう。クリスマスも正月も、家族や親しい人たちで集まって楽しく過ごすことが多いですよね。室内や玄関にクリスマスツリーや門松などを飾る風習もありますが、おしゃれな寄せ植えを飾って祝うのもよいでしょう。寄せ植えできれいに飾った玄関や室内で、親しい人たちを迎えるのも素敵ですよ。

冬の寄せ植えに向いている花とは?

Photo by amika_san

寒さに強いことは絶対条件

寄せ植えは玄関に飾ることが多いので、寒さに強いことは絶対外せません。寒さに強い植物は、園芸店やホームセンターの園芸コーナーなどでは、すでに秋から販売されています。冬の寄せ植えを作りたい方は、秋頃から準備をしたほうがよいでしょう。また、寄せ植えに使う植物を育てたい場合は、寒さだけではなく、日陰にも強い植物を選ぶことをおすすめします。寒さにも日陰にも強い植物なら、ガーデニング初心者でも育てやすいからです。

日陰に強い植物のもう一つの利点

Photo byshaderoze

日陰に強い植物がおすすめの理由はもう一つあります。それは冬の日照時間です。冬に入ると日照時間は短くなり、日差しも弱くなってしまいます。そのため日陰に強くない植物を寄せ植えに使うとすぐに萎れて、せっかくの寄せ植えの美しさを損ねてしまうことになりかねません。日陰に強い植物は、その点でもおすすめという訳です。また、開花時期が長い植物も長く楽しめるので、寄せ植えにおすすめの植物といえるでしょう。

葉色が美しい植物もおすすめ

出典:写真AC

冬の花壇を彩るガーデニングに最適な植物、玄関を飾る寄せ植えというと、カラフルな花を咲かせる植物を思い浮かべますが、美しい葉色を持つ植物もおすすめです。花にはない形状や色で、花壇や寄せ植えを美しく演出してくれます。葉色が美しい植物は草丈が低いものが多いので、お庭のグラウンドカバーとしても活躍してくれるでしょう。丈夫で育てやすい品種も多いので、ガーデニング初心者にも向いています。

寄せ植えにおすすめの冬の花10選

出典:写真AC

ここからは、冬の寄せ植えにおすすめの植物を紹介します。これらの植物たちは、ただ寒さに強いだけではありません。カラフルな花を咲かせる植物やきれいな葉色を持つ植物、秋から咲くなど開花期間が長く、長い間楽しめる植物や、ガーデニング初心者でも育てやすい丈夫な植物など、とても個性的で魅力的な植物が多いです。寄せ植えだけでなく、お庭の花壇や鉢・プランター栽培にもおすすめですよ。

寄せ植えにおすすめの冬の花①:パンジー・ビオラ

出典:写真AC

パンジーとビオラは開花期間が秋から翌年の春と、非常に長いことで知られている一年草です。花色が豊富で、冬の花壇の貴重な彩りとなるだけではなく、病害虫にも強くて育てやすいので、ガーデニング初心者にも安心してすすめられる植物でもあります。草丈が低いので、鉢やプランター栽培にもおすすめです。花壇に植える時は前方に植えるようにしましょう。

パンジーとビオラの見分け方

Photo byShokochan

見た目や性質が非常に似ているため、同一の植物のように扱われることが多いパンジーとビオラですが、見分け方はちゃんとあります。パンジーの花のほうがやや大きく、花びらの大きさが5cm以上あるのに対して、ビオラの花びらの大きさは4cm以下と、やや小さいです。どちらも寒さに強いですが、ビオラのほうが少し寒さに強い傾向があります。パンジー、あるいはビオラを購入する際は、花の大きさに注意しましょう。

パンジー・ビオラの基本データ

学名 Viola × wittrockiana
科名 スミレ科
属名 スミレ属
別名 三色菫、遊蝶花、胡蝶草
花色 白、赤、ピンク、オレンジ、黄、青、紫、茶、黒、複色
開花時期 10月下旬~5月上旬

パンジー・ビオラの寄せ植え!相性の良い組み合わせ例やコツをご紹介!のイメージ
パンジー・ビオラの寄せ植え!相性の良い組み合わせ例やコツをご紹介!
冬から初夏にかけて花壇を彩ってくれるパンジーとビオラ。じっと見ていると何だか人の顔に見え、面白い花です。丈夫でガーデニング初心者にも育てやすく、寄せ植えにしても楽しめます。今回はパンジー・ビオラと相性の良いはなやグリーンと寄せ植えのコツをご紹介します!

寄せ植えにおすすめの冬の花②:ガーデンシクラメン

出典:写真AC

ガーデンシクラメンはシクラメンの改良品種です。シクラメンよりも寒さに強いため、秋頃には園芸店などで販売される冬のガーデニングの定番植物です。赤やマゼンタといった鮮やかな花色が多いのが特徴なので、色彩の乏しい冬の花壇や鉢・プランターを華麗に彩ってくれるでしょう。ただし、品種によって寒さへの耐性にバラつきがあります。冬の寄せ植えにするなら、耐寒性が安定している赤系統の品種がよいでしょう。

シクラメンとの違いは?

Photo byCapri23auto

寒さに弱く、冬は室内栽培が必須であるシクラメンの弱点をカバーするために改良した品種が、ガーデンシクラメンです。比較的寒さに強い小型品種を選抜・交配させて誕生しました。このためシクラメンの基本種よりも寒さに強いのはもちろんですが、草丈が低く大株にはなりません。この点も寄せ植えに向いている理由です。霜に当たっても枯れませんが、-5℃以下の寒波に当たると枯れてしまうので注意しましょう。

ガーデンシクラメンの基本データ

学名 Cyclamen
科名 サクラソウ科
属名 シクラメン属
別名 豚の饅頭(ブタノマンジュウ)
花色 赤、白、ピンク、紫、複色
開花時期 10月~4月

寄せ植えにおすすめの冬の花③:葉牡丹(ハボタン)

Photo by Dakiny

冬のガーデニングの定番植物の1つである葉牡丹は、キャベツを鑑賞用に改良した品種です。色づいた葉が幾重にも重なっている姿が、牡丹の花に似ていることから「葉牡丹」という名前が付けられました。牡丹の花が縁起の良い花とされていることから、姿が似ている葉牡丹も縁起の良い植物とされています。そして冬に見頃を迎えること、牡丹よりも育てやすいこともあって、クリスマスや正月の寄せ植えに利用されるようになりました。

正月飾りの定番

出典:写真AC

葉牡丹の開花時期は春ですが、葉の観賞価値が高いので見頃は冬の正月です。そのため正月飾りの寄せ植えとして、玄関や室内に飾ることが多くなりました。これは昔、牡丹を正月に飾る風習があったことも関係しています。葉牡丹は牡丹に比べると安価で手に入りやすく、丈夫でガーデニング初心者にも育てやすい植物です。そのため葉牡丹のほうに人気が集まり、葉牡丹の寄せ植えを正月飾りにする家が増えたと言われています。

葉牡丹の基本データ

学名 Brassica oleracea var.acephala
科名 アブラナ科
属名 ブラシカ(アブラナ)属
別名 花キャベツ、牡丹菜(ボタンナ)、阿蘭陀菜(オランダナ)
花色 赤、紅、ピンク、黄、白、紫、緑、複色
開花時期 3月~5月(ただし見頃は葉が色づく11月~2月)

踊りハボタンの育て方と仕立て方!茎の伸ばし方のコツもご紹介!のイメージ
踊りハボタンの育て方と仕立て方!茎の伸ばし方のコツもご紹介!
踊りハボタンは茎のくねりを利用したハボタンの仕立て方で、踊っているかのような姿を楽しむためには踊りハボタンの茎を伸ばす必要があります。ここではハボタンの種からの育て方や仕立て方のコツ、ハボタンの種類も一緒に紹介していきます。

次のページ

寄せ植えにおすすめの冬の花④:ポインセチア

関連記事

Article Ranking