ビオラ(ヴィオラ)とは?特徴や種類をご紹介!パンジーとの違いは?

ビオラ(ヴィオラ)とは?特徴や種類をご紹介!パンジーとの違いは?

寒い季節に鮮やかな彩りを与えるビオラは、冬のガーデニングで欠かせない貴重な植物です。今回はビオラの特徴や種類・品種についてまとめてみました。また、パンジーとの違いはどこにあるのでしょうか。豊富な花色を誇るビオラをご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.ビオラの概要
    2. 2.ビオラとパンジーの見分け方
    3. 3.ビオラの特徴
    4. 4.ビオラの開花時期・見頃の時期
    5. 5.ビオラの種類・品種
    6. 6.ビオラの花言葉
    7. 7.まとめ

    ビオラの概要

    Photo byArmbrustAnna

    ビオラはスミレ科スミレ属の一年草です。「ヴィオラ」と表記されることもあります。寒い季節にも色鮮やかな花を咲かせることで、大変重宝されています。花色が豊富で開花時期が長く、草丈も低いので寄せ植えにも利用できるため、ガーデニング初心者にも安心しておすすめできる、優秀なガーデニングプランツです。

    ビオラとパンジーの見分け方

    フリー写真素材ぱくたそ

    写真:パンジー

    明確な区別はほぼない

    パンジーは、ビオラや花姿と開花時期がよく似ているため、園芸の世界でもセットで紹介されることが多い植物です。以前は「花径4cm以上がパンジー、それ以下の小さい花がビオラ」という見分け方が一般的でした。ところが最近は品種改良や人工交配によって、大きい花を咲かせるビオラなどが登場し、明確な区別がつかなくなっています。

    実質的にパンジーとビオラの区別は、種袋に記載されている種類の名称や表示ラベルに頼るしかないのが現状です。

    パンジーとビオラに育て方の違いは特にないんだよね。種類とかはあまり気にしないで、好みと栽培環境に合ったものを選ぼうね。

    パンジー・ビオラの基本データ

    学名 Viola×wittrockiana
    科名 スミレ科
    属名 スミレ属
    別名 三色菫(サンシキスミレ)
    原産地 ヨーロッパ、西アジア
    開花時期 10月下旬~5月中旬
    花色 赤、白、ピンク、黄、オレンジ、青、紫、茶、黒、複色

    ビオラの特徴

    園芸品種が多い

    ガーデニングプランツとして非常に優秀なビオラは、園芸品種も多く作出されています。その数は、すでに数千種類に達していると言われるほどです。シリーズ化して流通している品種群もあります。現在も新しい品種が次々と生み出されているため、今後も増えていくでしょう。

    寒さに強いが絶対ではない

    冬の花壇に欠かせない植物とされ、耐寒性はありますが、絶対的というほどではありません。雪や霜にあたっても枯れませんが、花つきが悪くなります。地植えの場合は雪や霜のあたらない場所を選んだほうがよいでしょう。寒さに強い植物ではありますが、ものすごく強いという訳ではないので、過信は禁物です。

    ビオラの開花時期・見頃の時期

    ビオラは開花時期がとても長い植物です。環境や品種にもよりますが、11月~5月まで咲き続けます。なかでも見頃の時期は3月下旬~5月でしょう。愛らしい花姿と、赤や白、ピンクやオレンジ、紫や青といった豊富な花色で花壇を鮮やかに彩り、見る人を楽しませてくれます。

    ビオラの種類・品種

    「ビビ」シリーズ

    ビオラの「ビビ」シリーズは、豊富な花色と育てやすい差で大人気の園芸品種シリーズです。とても珍しいアンティーク調やパステル調の花色もあり、寄せ植えにも向いています。淡いブルーが魅力的な「ヘブンリーブルー」や、クラシカルな暖色系の花色が目を惹く「マンゴーアンティーク」など人気品種もあります。

    「フルーナ」シリーズ

    やや厚めの花弁が特徴の園芸品種シリーズです。ビオラは真冬になると開花が止まってしまうことが多いのですが、「フルーナ」シリーズは真冬でも花を咲かせます。さらに厚めの花弁は、霜にあたっても花弁が傷みにくいという特長を持っています。開花パフォーマンスに大変優れた園芸品種シリーズと言えるでしょう。花色は単色の他、咲き進むと花色が変わるユニークな品種もあります。

    「ソルベ」シリーズ

    コンパクトで多花性の品種が多く、秋から次々と花を咲かせる園芸品種シリーズです。花弁にヒゲに似た模様や「ブロッチ(目)」と呼ばれる模様が入る品種、日を追うごとに花色が変わる品種など、個性的な品種が多い特徴があります。個性的な美を好む方におすすめのシリーズです。

    ブラックオパール

    カナダ生まれの園芸品種で、とても珍しい黒色が最大の特徴です。丈夫で花つきもよく、寄せ植えのアクセントとして、よく利用されています。華やかでかわいい花と組み合わせると、甘さをほどよく引き締めてくれますよ。青や紫、ラベンダーなどの寒色系と組み合わせて、大人っぽくシックな雰囲気を演出するのもおすすめです。

    ビオラの花言葉

    ビオラ全般の花言葉は「忠実」「誠実」「信頼」「物思い」「少女の恋」「私のことを想ってください」です。「少女の恋」「私のことを想ってください」という、どこか切ない花言葉は、下向きに咲くビオラの花を、想いを告げられずにうつむく少女の姿にたとえています。

    のイメージ
    ビオラの花言葉!白・青・紫・赤・黄色・ピンクなど色別にご紹介!
    寒い季節に鮮やかな彩りを与えるビオラは、冬のガーデニングで欠かせない貴重な植物です。今回はビオラの花言葉についてまとめてみました。豊富な花色を誇るビオラには、たくさんの花言葉があります。贈り物の参考になれば幸いです。

    まとめ

    Photo byShokochan

    ビオラは冬の花壇を鮮やかに彩り、寄せ植えでも活躍してくれるガーデニングの強い味方です。種類も花色も豊富なので、自分の好みにピッタリな品種を選べるのもいいですね。ビオラを存分に利用して、冬のお庭を素敵に演出してみましょう。

    のイメージ
    パンジー・ビオラの寄せ植え!相性の良い組み合わせ例やコツをご紹介!
    冬から初夏にかけて花壇を彩ってくれるパンジーとビオラ。じっと見ていると何だか人の顔に見え、面白い花です。丈夫でガーデニング初心者にも育てやすく、寄せ植えにしても楽しめます。今回はパンジー・ビオラと相性の良いはなやグリーンと寄せ植えのコツをご紹介します!
    のイメージ
    パンジー・ビオラの切り戻しのコツは?適切な時期や切り方を解説!
    秋に植えると、冬から春に開花するパンジーとビオラはガーデニングにおすすめです。最初の花が開花した後、1月~2月に切り戻しをすると、3月に新芽が付き4月下旬まで開花します。パンジーとビオラの切り戻しのタイミング、やり方、切り戻す位置、徒長について解説します。
    Laylah
    ライター

    Laylah

    バラや百合のような美しくて香り高い花も好きですが、スミレやタンポポのような野に咲く可憐で強い花も好きです。

    関連記事

    Article Ranking