サボテンは枯れるとどうなる?その見分け方や理由と再生方法をご紹介!

サボテンは枯れるとどうなる?その見分け方や理由と再生方法をご紹介!

サボテンが枯れるとどうなるのか、分かりづらく判断が難しいですよね。元気がない、痩せる、根元がふにゃふにゃしている場合でも完全に枯れる前に対処してあげましょう。寿命まで育てたいサボテンの、再生可能かの見分け方や再生の方法、適切な育て方もご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.サボテンは枯れるとどうなる?
  2. 2.サボテンが根元の変色・変化で枯れる場合
  3. 3.サボテンが葉や幹の変色・変化で枯れる場合
  4. 4.サボテンの育て方
  5. 5.まとめ

サボテンは枯れるとどうなる?

サボテン
Photo byTerco

サボテンが枯れているかの判断は難しいですよね。元気がない、なんだか根元がふにゃふにゃしているなどの症状は、早めの発見で枯れる前に復活できる可能性が高くなります。見た目では判断しづらい、完全にダメか復活できるかの見分け方、再生方法、枯れる理由を部分別にご紹介します。

サボテンが枯れる状態の見分け方

サボテンが完全に枯れてしまった場合、どうなるのか。全体の色が濃い茶色などに変色し腐る場合や、灰白色になり、見た目はカサカサと乾燥して、しぼむといった状態になります。そこまでに枯死が進んでしまうと、残念ながら再生はしてあげられないので注意が必要です。

ですが、変色が部分的でまだ緑色の部分が残っている場合は、再生できる可能性があります。見分け方には根を掘り起こして状態を確認したり、胴体部分を切って中の組織が生きているかを確認する方法があります。こんな場合は再生が難しいという状態や、再生方法を見ていきましょう。

サボテンが根元の変色・変化で枯れる場合

根腐れ

サボテンが枯れてしまう原因でとても多いのが『根腐れ』です。根腐れしている場合、根元が茶色や黒っぽい色に変色し、指でつまむと柔らかく、ふにゃふにゃとした状態になります。根腐れはサボテンの内部から腐るので、徐々に表面に変化が起こり、ひどくなると栄養を吸収できずに根元が痩せて、根がグラグラと動く状態になります。

根腐れする理由

サボテンは多湿状態が苦手な植物で、水やりのし過ぎや、風通しが悪い環境にある、などが根が腐る主な理由になります。多湿は根に雑菌が繁殖し病気になる原因にもなります。サボテンは育て方が簡単で寿命も長いイメージですが、多湿によるダメージにとても弱い植物なので注意が必要です。

枯れる前の再生方法

根腐れを起こしている場合には、健康な部分を残すため腐った部分を切り落とし、新しい根を出すために『胴切り』をしましょう。刃物は腐敗菌が健康な部分につかないように、除菌用ウェットシートなどで消毒をしながら使います。棘が痛いので厚手の手袋も必須ですよ。

胴切りに必要な道具

  • 厚手の手袋・・棘が刺さらない園芸用がおすすめ
  • 刃物・・切り口を傷めないために切れ味がよいもの
  • 除菌用ウェットシート・・刃物の除菌用
  • 新聞紙・・胴切りしたサボテンを包むため

胴切り方法

変色してふにゃふにゃしている部分よりも上部を根ごと切り落とします。芯の部分に茶色や赤色に変色した部分がある場合は、菌が残り植え替えてもまた腐る可能性があるので、なくなるところまで切り落とします。

ボタニ子

ボタニ子

どこまで切っても芯が空洞だったり変色が見られる場合は復活は難しいかも・・。

切り口を除菌のために30分ほど日光にあてた後、新聞紙に包みましょう。切り口を下に向けてしっかり乾くまで風通しの良い日陰で乾燥させます。

大きさにもよりますが、切り口が5cm程度のもので一ヶ月ほど、完全に乾くまで乾燥させます。根が出てきたら、新しい土に霧吹きをして湿らせ、断面を軽く差し込みます。置き場所は涼しく風通しの良い場所を選びます。根が短いうちはあまり水分を吸収できないので、しっかりとした水やりはさらに根が出るまで待ちましょう。

11月〜3月の休眠時期はなかなか根が伸びづらいです。しっかり根が定着して安定するまで様子を見ます。

サボテンの木質化

もう一つ、茶色に変色している状態で『木質化』も考えられます。これは変色というよりも、変質です。病気ではなく、寿命の長いサボテンは長期間育てていると根元部分が木のように硬く、ザラザラとした感触になります。

木質化はそのままでも大丈夫ですが、サボテンの頂点部分まで進むことがあるので、見た目に気になる場合などは胴切りの方法で対処をしてあげてください。

ボタニ子

ボタニ子

続いて、サボテンが「葉」や「幹」の変色・変化で枯れる場合についてご紹介!

関連記事

Article Ranking