サボテンの「胴切り」のやり方!失敗しない切り方を詳しくご紹介!

サボテンの「胴切り」のやり方!失敗しない切り方を詳しくご紹介!

サボテンを元気に育て、増やしていくには「胴切り」が欠かせません。サボテンの胴切りとは、どのようなものでしょうか。本記事では、胴切りのやり方や上手にカットするためのコツなどをご紹介していきます。サボテンの魅力に触れてみてください。

記事の目次

  1. 1.サボテンの胴切りとは?
  2. 2.サボテンの胴切りに必要なこと
  3. 3.サボテンの胴切りの流れ
  4. 4.サボテン胴切りのカットのコツ
  5. 5.胴切りのタイミング
  6. 6.胴切り後の育て方
  7. 7.まとめ

サボテンの胴切りとは?

出典 : 筆者撮影

「サボテンの胴切り」とは、文字どおりサボテンの茎の胴部分を切る処置のことです。なぜ、サボテンの胴を切る必要があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

サボテンの胴切りをする理由

サボテンは乾燥と日光を好む植物です。水のやり方を間違っていたり、日陰で湿度が高かったりすると根腐れや茎腐れを起こし、そのまま放っておくと全体が腐ってしまいます。そんなとき、元気なところを胴切りして植え替えをすることで、また新たに発根し成長するのです。また、伸び過ぎて細く長く徒長してしまったサボテンも「胴切り」をして仕立て直しすると、サボテン全体に栄養が行き届きます。胴切りは、サボテンを救うための大切な処置です。

サボテンの胴切りに必要なこと

まずは環境を整える

出典 : 筆者撮影

「胴切り」を失敗しないよう行うために、サボテンが好む環境を整えることが必要です。サボテンが好む環境とは、涼しく乾燥した場所です。また、サボテンはデリケートなため、切り口から雑菌が入らないよう、清潔な環境であることも重要といえます。

胴切りに必要なアイテム

出典 : 筆者撮影

サボテンの胴切りのときに準備しておくもの

  • 良く切れるナイフ又はカッター(大きなサボテンは包丁又はノコギリ)
  • 消毒用アルコール又はアルコール除菌ウェットティッシュ
  • 厚手のゴム手袋(トゲ防止)
  • 新聞紙
  • 新しい土(市販のサボテン用配合土)
  • 鉢(素焼きの鉢がおすすめ)
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石(根腐れを防ぐため)
  • マドラー(植え込み時に使用、割りばしでもOK)

サボテンの胴切りの流れ

出典 : 筆者撮影

次の手順で、涼しく乾燥した場所で胴切りを行ってください。

  1. 刃物の消毒(刃物はこまめに消毒する)
  2. サボテンの胴切り
  3. 切り口を整え、殺菌する    
  4. 涼しい場所で乾燥させる
  5. 植え替える

次のページ

サボテン胴切りのカットのコツ

関連記事

Article Ranking