サボテンの育て方・栽培方法!水やり・日当たりなど世話のコツを解説!

サボテンの育て方・栽培方法!水やり・日当たりなど世話のコツを解説!

サボテンって、とげは痛そうで育て方も難しそうな印象を持たれがちです。ですが実はサボテンはとてもたくましい植物なのです。今回はその特徴から育て方や栽培方法、入手方法、増やし方、さらには栽培にあたって知っておいてほしい情報も併せてご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.サボテンの概要
    2. 2.サボテンの花言葉
    3. 3.サボテンの育て方・栽培方法
    4. 4.サボテンの増やし方
    5. 5.サボテンの入手方法
    6. 6.サボテンの栽培にあたって知っておきたいこと
    7. 7.まとめ:サボテンの育てかた・栽培方法

    サボテンの概要

    サボテンの基本情報

    ジャンル 多肉植物
    原産地 主に北米から南米
    種類 2,000種類以上
    開花期 1月~12月
    花色 黄色、ピンク、白、赤 など
    耐湿性 弱い
    耐寒性 低い

    とげが痛そう、でもなぜか気になる。サボテンってそもそもどんな植物だと思いますか?育て方や栽培方法の前に、まずは以下で大まかな情報をご紹介します。

    サボテンってなに?

    「ギガンティア」

    サボテンを含めた多肉植物は、茎や葉に水分をたくわえることができ、乾燥地や塩分の多い地域に自生する植物の総称です。この中で、とげが生える場所(アレオーレ)を持つものをサボテンと言います。(画像では、白い綿毛のような場所がアレオーレです)とげのある植物=サボテンではありませんのでお間違いなく。とげがなく目立たないサボテンもあります。

    サボテンは多湿に弱い

    「兜丸」

    サボテンは水やりが必須です。しかし、水が多すぎると、画像のようにパンパンになっていわゆる身割れ(みわれ)や、根が水におぼれるようになって腐ってしまう根腐れ(ねぐされ)をおこすこともあります。

    サボテンは花が咲く

    「サブデヌダータ」

    サボテン自体を見たことがある人でも、サボテンの花を見たことがないという人もいるのではないでしょうか?それだけに「あ、サボテンって花が咲くんだ!」と感動する人もいます。花を咲かせるには、普段から温度の管理や水やり、日当たりを忘れてはいけません。

    サボテンの花言葉

    「赤花貴宝青」
     

    「兜丸」

    サボテンの花は、上の画像のようにいろいろな色があります。
    サボテンの花言葉は「忍耐」「燃えるような愛」「雄大・偉大」「優しさ」「枯れない愛」などがあります。マイナスなイメージの花言葉がない辺りもサボテンの魅力です。

    次は、サボテンをどのように育てたり栽培したりすればいいのかご紹介します。

    関連記事

    Article Ranking