「蘭の花」の育て方!植え替え方法・花後の管理について詳しく解説!

「蘭の花」の育て方!植え替え方法・花後の管理について詳しく解説!

蘭の花は華やかで美しい咲き姿が魅力的で、お祝いごとやギフトなどにも人気の植物です。熱帯地方や亜熱帯地方に多く生息しており、白色やピンク色、黄色やオレンジ色など花色もさまざまです。そんな蘭の花の特徴や育て方、花後の手入れ方法などについて詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.蘭の花とは
  2. 2.蘭の花の育て方
  3. 3.蘭の花の増やし方
  4. 4.蘭の花の病気と害虫
  5. 5.まとめ

蘭の花とは

蘭の花は白色やピンク色、黄色やオレンジ色などさまざまな花色があり、美しくて華やかな咲き姿が魅力的な植物です。素敵な花言葉をもつので、お祝いごとやギフトなどにも人気があります。そんな蘭の花の植え替え方法や花後の手入れの仕方、増やし方などをご紹介します。

蘭の花の基本情報

科名 ラン科
目名 キジカクシ目
形態 多年草
開花時期 3月〜5月
耐暑性 強い
耐寒性 弱い

蘭の花の特徴

大きく分けて「地生蘭」と「着生蘭」に分類されます。地生蘭は水を多く蓄えられるように茎が太いのが特徴です。シンビジュウムやパフィオなどの種類が地生蘭に分類されます。着生蘭は木や岩に根を張り、蘭全体を固定させて成長する品種です。水分を気根から取り込み、葉や茎に水分を蓄えているためとてもみずみずしい見た目をしています。代表的な着生蘭の種類は胡蝶蘭やカトレアなどです。

蘭の花の花言葉

蘭の花全体には「優雅」「美しい淑女」という花言葉がついています。個性的な花の形や、華やかで美しいイメージのある蘭の花にぴったりな花言葉ですね。また、ラン科に分類される胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉がついており、縁起がよいことから引っ越し祝いや開業祝いなどのお祝いごとやギフトなどによく利用されています。

蘭(ラン)の花言葉をご紹介!白・ピンクなど種類や色別の意味合いは?のイメージ
蘭(ラン)の花言葉をご紹介!白・ピンクなど種類や色別の意味合いは?
蘭の花は美しく華麗な品種が多いことから、古くから多くの人たちに愛されてきました。種類も花色も豊富なためか、花言葉もたくさんあります。今回は蘭の花言葉を、種類別、色別の花言葉も含めてまとめてみました。贈り物などの参考になれば幸いです。

蘭の花の種類

蘭の花にはたくさんの種類があり、花色や花びらの形などもさまざまです。蘭の花の種類をいくつかご紹介します。

  • 胡蝶蘭
  • カトレア
  • デンドロビウム
  • デンファレ
  • シンビジュウム
  • パフィオ
  • シラン
  • オンシジューム
  • シュンラン
  • エビネ
  • オドントグロッサム

ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、育て方をご紹介します。

関連記事

Article Ranking