8月に植える・植えられる野菜12選!真夏でも植え付けできる野菜は?

8月に植える・植えられる野菜12選!真夏でも植え付けできる野菜は?

8月は暑さが厳しい季節です。しかし、そんな中でも家庭菜園で育てられる野菜はあります。猛暑の時期をうまく避けて管理すれば秋以降においしい野菜を収穫できます。中には夏に植える方が簡単な野菜もあります。そんな8月に植える・植えられる野菜を12種類ご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.8月に畑に植える野菜4選
  3. 3.8月にプランター植える野菜4選
  4. 4.8月に種をまき、苗を作って植える野菜
  5. 5.まとめ

はじめに

Photo by __U___

自宅でおいしい採れたて野菜が食べられると人気の家庭菜園ですが、真夏である8月は管理が難しそうと避ける方も多いのではないでしょうか。しかし、意外に夏に植えた方が管理が楽な野菜や、夏でも植え付けられる野菜はあります。そんな家庭菜園で育てる8月に植え付けがおすすめな野菜をご紹介しましょう。

8月に植える野菜の特徴

Photo by T.Kiya

8月に植える野菜は暑さに強い野菜の種類や品種であることが条件です。通年で野菜を栽培している場合は、7月に収穫を終えたらすぐに土づくりに入る必要があります。これは、土に混ぜた石灰や堆肥の効果が出るまでに時間が必要だからです。また、8月初旬に植える野菜で栽培期間が短いものは9月に収穫できるので、早いうちに秋植えの準備が出来ます。あなたのライフスタイルに合わせて適した品種を選びましょう。

8月に植える野菜の注意点

Photo byConmongt

8月に野菜を栽培するときに気をつけることは熱い時間帯に作業をしないということです。例えば、水やりを日中にすると水分が温まってしまい、根を傷めることになるのです。そのため、朝か夕方の涼しい時間帯に水やりしましょう。また、熱中症対策としても涼しい時間帯の作業はおすすめです。暑い時間帯を避け、帽子などで直射日光を防ぎ、こまめな水分補給を心がけることが大切です。くれぐれも無理をしないようにしましょう。

連作障害とは

Photo by __U___

同じ場所や土で同じ科の作物を続けて栽培すると連作障害を起こすことがあります。発育が悪くなったり、病気になったりするのです。これは土の状態のバランスが悪くなることによって起きます。連作障害を防ぐために他の科の野菜を育てたり、土を休ませたりする方法があります。野菜を栽培するときは植え付け前にその土が前に何を育てたのか、確認しましょう。

8月に畑に植える野菜4選

Photo by __U___

プランターと違い、多くの土から栄養を得られるのが畑で野菜を栽培する利点の一つです。ニンジンなどの根を食べる野菜は大きく育てられ、葉の部分を食べる野菜、茎に実がなる野菜も、栄養分が多いのでプランターよりも畑のほうが多くの収穫を得られます。ここでは8月に植える野菜で畑で育てられる野菜をご紹介しましょう。

①ジャガイモ

Photo byCouleur

植え付け時期(夏の場合) 8月末~9月初旬
収穫時期(夏の場合) 11月~12月
連作制限 3年~4年
ナス科

ジャガイモは春植えの方が初心者向きですが温暖な地域であれば真夏の時期を避けて夏植えもできます。おすすめの品種は育てやすい「男爵」や味の上でもうワンランク上の「インカのめざめ」などです。日当たりがよく、通気性、排水性のよい土壌を好みます。

②ニンジン

Photo byklimkin

植え付け時期(夏の場合) 8月上旬頃に種まき
収穫時期(夏の場合) 12月頃
連作年限 なし
セリ科

ニンジンは春植えもできますが夏植えの方が栽培は簡単です。ただし、種をまいてから発芽するまでが難しく、上級者向きです。土は排水性、保水性の良いものを選び、温度変化の少ない場所で育てましょう。

③らっきょう

Photo by wasabinouta

植え付け時期(夏の場合) 7月中旬~10月頃
収穫時期(夏の場合) 翌年6月~7月頃
連作年限 なし
ヒガンバナ科

らっきょうはよほどやせた土地でなければ肥料なしで育てられる野菜です。栽培期間が長く、一番早くて植え付けた翌年の6月頃に葉が完全に枯れる前に収穫します。もう一年待ってから収穫する「2年堀」という収穫方法もあるのです。植え付けるときの深さによってらっきょうの大きさは変わり、深く植え付けた方が大きくなります。

④水菜

出典:写真AC

植え付け時期(夏の場合) 8月下旬に種まき
収穫時期(夏の場合) 9月下旬頃
連作年限 1年~2年
アブラナ科

水菜は基本的に冷涼な気候を好むので、夏に栽培する時は猛暑を避けて8月下旬からです。水菜は発芽率がよく、土質を選ばずによく育ちます。主に関西地方で栽培され、京菜とも呼ばれ、壬生菜(みぶな)、広島菜などの品種もあります。生で食べられる柔らかい早生種から鍋物に使われる晩生種までさまざまです。

次のページ

8月にプランター植える野菜4選

関連記事

Article Ranking