5月に植える・植えられる野菜19選!GWに種まきできる野菜は?

5月に植える・植えられる野菜19選!GWに種まきできる野菜は?

5月は肌寒い季節も終わり、外で過ごすのが気持ちよい季節ですね。野菜の価格高騰が話題になることが多い近年、家庭菜園で野菜を育てる方は数多くいます。5月に植える野菜は、とても多く選び放題です。今回は、5月に植える野菜やGW中に種まきできる野菜19選を紹介します。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.GW(ゴールデンウィーク)に種まきできる野菜(5選)
  3. 3.5月に植え付けられる定番の夏野菜(4選)
  4. 4.5月に育てやすい葉物野菜(5選)
  5. 5.夏のデザート準備に5月に植える野菜(2選)
  6. 6.おつまみにもなる5月に植える野菜(3選)
  7. 7.まとめ

はじめに

5月になると天気も安定して暖かい日が続き、野菜づくりを始めるには最適ですね。家庭菜園にチャレンジしようと考えている方もいるのではないでしょうか。気候が安定しているこの時期は、家庭菜園初心者のかたに1番おすすめです。GWを使って、家庭菜園デビューしてみませんか?

ボタニ子

ボタニ子

では、はりきって5月に植えられる野菜を紹介していくよ~!

ボタ爺

ボタ爺

まずは、5月に種まきできる野菜を紹介していくぞ。特に、GW(ゴールデンウィーク)にまくのがおすすめな野菜じゃ!

GW(ゴールデンウィーク)に種まきできる野菜(5選)

5月に植えられる野菜①カボチャ

栽培 プランター:× 畑:○
収穫時期 GWの種まきで8月から収穫が可能

カボチャはつるを伸ばして成長していくので、広い栽培面積が必要です。初心者にも育てやすく、連作が可能な野菜なので、畑で家庭菜園をしているかたにはぜひ育ててほしいですね。

かぼちゃ(南瓜)の育て方!種まきから収穫まで上手に栽培するコツは?のイメージ
かぼちゃ(南瓜)の育て方!種まきから収穫まで上手に栽培するコツは?
スーパーなどで市販されているかぼちゃの種から発芽させ、簡単に栽培できることをご存知ですか?かぼちゃはあまり手間をかけず、初心者でも育て方を知れば簡単に家庭菜園も可能な野菜です。今回はかぼちゃの育て方・栽培時の注意事項などをわかりやすくご紹介します。
かぼちゃの収穫ガイド!収穫適期の見極め方や収穫後の貯蔵方法まで解説のイメージ
かぼちゃの収穫ガイド!収穫適期の見極め方や収穫後の貯蔵方法まで解説
かぼちゃは甘い味がおいしい、子供から大人まで人気の緑黄色野菜です。そんなかぼちゃの収穫時期や収穫方法、貯蔵方法、食べごろにする方法、簡単に作れるかぼちゃの料理についてそれぞれ解説します。収穫のタイミングを覚えて、食べごろのかぼちゃを作りましょう。

5月に植えられる野菜②枝豆

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 GW中の種まきで7~8月の収穫が可能

枝豆といえばビールのおつまみですね。GW中に種まきをすれば、暑い夏に冷えたビールとおいしい枝豆がいただけます。枝豆を育てるうえで注意することは、鳥や虫に食べられないように対策することです。また、枝豆は収穫後の鮮度の落ちがはやいので、すぐ茹でられるように準備してから収穫しましょう。

枝豆の育て方!早生品種の露地&プランター栽培の方法をどちらも解説!のイメージ
枝豆の育て方!早生品種の露地&プランター栽培の方法をどちらも解説!
枝豆といえば、酒のつまみや料理にも使える美味しい野菜ですよね。そんな枝豆の育て方をご存知ですか?今回は、露地栽培とプランター栽培で実際枝豆を育てました。枝豆の栄養や品種、初心者でもわかりやすく家庭菜園での育て方や注意事項をご紹介します。

5月に植えられる野菜③シソ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 GWの種まきで6月から収穫が可能

料理のアクセントとして活躍するシソは、スーパーなどで購入するより家庭菜園で育てたほうが、たくさん収穫できるのでお得です。さらに、GWの種まきで6月から収穫できるのは早くてうれしいですね。シソは葉の部分だけでなく、花穂や実までいただけるので、長い期間収穫できます。

シソのイメージ
シソ
和製ハーブのシソ(大葉)は家庭菜園やベランダ栽培で夏に育てている方も多い植物です。いまブームの水耕栽培で育てることができれば一年中収穫できて便利ですね。水耕栽培は土の代わりに水と液肥をつかって育てるシンプルな栽培法です。シソの水耕栽培のコツを調べてみました。
赤紫蘇の育て方!家庭菜園での栽培のコツは?青じそと管理方法は違う?のイメージ
赤紫蘇の育て方!家庭菜園での栽培のコツは?青じそと管理方法は違う?
この記事では、家庭菜園で大人気である赤紫蘇の育て方について紹介します。赤紫蘇・青紫蘇それぞれの特徴をはじめ、プランターと畑での育て方の違いや種まき、植え替え、収穫のそれぞれのステージでの栽培のポイントチェックしていきましょう。

5月に植えられる野菜④インゲン

栽培 プランター:△ 畑:○
収穫時期 GWの種まきで6月中旬から収穫が可能

インゲンには、つるあり種とつるなし種があります。つるあり種は2mほどの大きさになるので、プランター栽培には向いていません。収穫期間は短くなりますが、初心者のかたはつるなし種のインゲンを育てるのがおすすめです。

つるなしインゲンの育て方!失敗しないための栽培のコツをご紹介!のイメージ
つるなしインゲンの育て方!失敗しないための栽培のコツをご紹介!
インゲン豆は春から夏にかけて、プランターでも手軽に作ることができる野菜です。また、つるなしインゲンは、つるありインゲンに比べると複雑な支柱が不要で簡単に育てることができます。そんな、つるなしインゲンの育て方について紹介します。

5月に植えられる野菜⑤トウモロコシ

栽培 プランター:× 畑:○
収穫時期 GWの種まきで8月から収穫が可能

とうもろこしを家庭菜園で栽培するときは、ひとつの品種のトウモロコシだけを育てます。風によって受粉をする野菜なので、違う種類のトウモロコシを近くで育てると、本来の甘みをもったトウモロコシができなくなりますので注意してくださいね。

スイートコーンの育て方!播種してから収穫までの栽培のコツをご紹介!のイメージ
スイートコーンの育て方!播種してから収穫までの栽培のコツをご紹介!
スイートコーンは夏らしく甘くておいしいことから、子どもにも人気が高い野菜です。スイートコーンの育て方というと畑のイメージがありますが、自宅のプランターでも育てることができます。スイートコーンの基本的な育て方と、播種から収穫までの栽培の流れやコツをご紹介します。
とうもろこしの収穫ガイド!収穫時期の見分け方や方法・回数を解説!のイメージ
とうもろこしの収穫ガイド!収穫時期の見分け方や方法・回数を解説!
黄金にかがやくとうもろこし、甘くておいしいですね。とうもろこしは収穫するとすぐに味が落ちてしまうのをご存じですか?自分の畑で作って収穫したらすぐに食べてみたい野菜です。一番おいしい収穫時期の見分け方や方法・回数をご紹介します。

5月に植え付けられる定番の夏野菜(4選)

5月定番の夏野菜①ピーマン

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月の植え付けで7月から収穫が可能

ピーマンは、夏の高温に強い野菜です。収穫期が長く、畑での栽培なら10月頃まで収穫しつづけられますよ。種から育てる場合は、3月~4月に種まきをしておく必要がありますが、苗から育てる場合は、5月の植え付けが最適な時期になります。

ピーマンのプランターでの育て方!ベランダ菜園でも多収を目指す方法!のイメージ
ピーマンのプランターでの育て方!ベランダ菜園でも多収を目指す方法!
ピーマンは料理にとても使いやすく、栄養価も高い夏野菜です。最近は家庭で菜園を作ったりプランターで栽培したりして楽しむ方も増えてきました。ここではピーマンをプランターで栽培してみたい方へ簡単な栽培法をお伝えします。夏野菜たっぷりのお料理を作ってみませんか。

5月定番の夏野菜②ミニトマト

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の植え付けで7月から収穫が可能

トマトの大きさはさまざまですが、なかでもミニトマトが育てやすいです。種から育てる場合は、3月に種まきを済ませておきましょう。苗の場合は、5月の植え付けが最適です。ミニトマトは乾燥を好み、水をやりすぎると甘みがおちるので注意してくださいね。

トマトのイメージ
トマト
ミニトマトは、子供から大人でも育て方が簡単な初心者に優しい野菜です。プランター栽培でも実が付くためマンションのベランダなど育てる場所を選びません。ミニトマトのプランター栽培において、はじめに準備すること、育て方で気をつけないといけないことをまとめてみました。
トマトのイメージ
トマト
トマトについてのまとめページです。

5月定番の夏野菜③キュウリ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の植え付けで6月から収穫が可能

果菜類の中で、成長が最もはやいのがキュウリです。夏は、冷やしキュウリにして食べるのがおいしいですね。種から育てる場合は、4月に種まきをしておく必要があります。苗の植え付けは、5月が最適ですよ。水分を多く含む野菜なので、水切れをおこさないようにすることが栽培のポイントです。

きゅうりのイメージ
きゅうり
きゅうりのコンパニオンプランツを紹介します。家庭菜園では、相性のよい組み合わせの野菜で害虫や病気を避けることができます。反対に、一緒に植えると悪影響の植物もあります。コンパニオンプランツを理解したうえで、健康なきゅうりを育てましょう。
【完全版】キュウリの育て方マニュアル!収穫まで失敗せず管理するコツは?のイメージ
【完全版】キュウリの育て方マニュアル!収穫まで失敗せず管理するコツは?
家庭菜園やプランターでも栽培する人が増えているキュウリですが、キュウリの育て方には中級レベルの栽培技術が必要なので初心者にはなかなか難しいです。そこで初心者でも収穫まで失敗せずに管理する「キュウリの育て方マニュアル」をわかりやすく解説します。

5月定番の夏野菜④ナス

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の植え付けで7月から収穫が可能

ナスは、肥料と水を好む野菜です。たっぷりあたえてあげましょう。種まきする場合は、2月~3月のまだ寒い時期にまきます。苗から育てる場合は、5月上旬に植え付けるとよいですね。また、収穫時期が長く秋まで育てられます。

ナス(千両二号)の育て方!摘心のタイミングや剪定方法を詳しく解説!のイメージ
ナス(千両二号)の育て方!摘心のタイミングや剪定方法を詳しく解説!
ナスは、古来より親しまれてきた夏野菜です。今回は、育て方の比較的簡単な「千両二号」を、家庭菜園で栽培してみました。ナス(千両二号)の植え方、育て方を写真と共に解説します。仕立て方や肥料(追肥)のタイミングなどもご紹介します。

5月に育てやすい葉物野菜(5選)

5月に育てやすい葉物野菜①水菜

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月の種まきで6月から収穫が可能

水菜は、暑すぎても寒すぎても育ちが悪くなる野菜であるため、5月に種まきをすれば夏が来る前に収穫ができます。名前にもあるとおり、水を好む野菜なのでたっぷりと水をあたえて育てましょう。サラダに使う場合は早めに収穫して、鍋の具材などに使う場合は、しっかりと育ってから収穫するとおいしくいただけますよ。

5月に育てやすい葉物野菜②クウシンサイ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月中旬の種まきで6月中旬から収穫が可能

クウシンサイは、種まきして約30日後から収穫ができるようになります。また、わき芽がどんどん出てくるので、5月の種まきで10月頃までたくさんの収穫ができます。太い茎になるとかたくなってしまうため、早めの収穫を心がけましょう。

5月に育てやすい葉物野菜③チンゲンサイ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の種まきで6月から収穫が可能

チンゲンサイは、今ではよく知られた中国野菜で、火を通しても残るしゃきしゃき感がおいしいですよね。炒め物やラーメンのトッピングとしてよく使われています。種まきは4月から可能で、収穫まで約45日となっています。

5月に育てやすい葉物野菜④小松菜

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月の種まきで6月から収穫が可能

5月に種まきをして小松菜を育てるときは、害虫がつきやすいので必ず防虫ネットを使いましょう。10日~15日ずつあけて種まきをすれば、長い期間栽培できます。しかし、広いスペースが必要なので、コンスタントに収穫したいのであれば畑で栽培するとよいでしょう。

小松菜は生でも食べられる?生での食べ方・生での冷凍方法も解説!のイメージ
小松菜は生でも食べられる?生での食べ方・生での冷凍方法も解説!
小松菜は栄養価が高く、クセのない味わいから様々な料理に合わせやすい人気の野菜です。茹でたり炒めたりする調理方法が主流ですが、生でもおいしく食べることができます。今回は、小松菜の生での食べ方や生での冷凍方法について、詳しくご紹介します。
ほうれん草と小松菜って何が違う?見た目の見分け方や調理方法を紹介!のイメージ
ほうれん草と小松菜って何が違う?見た目の見分け方や調理方法を紹介!
ほうれん草と小松菜、見た目が似た野菜のため、間違えたことがあるという人がいるかもしれません。しかし、この両種にははっきりとした違いがあるのです。ほうれん草と小松菜の特徴と合わせて見た目や栄養素など、見分け方や違いなどを紹介します。

5月に育てやすい葉物野菜⑤ほうれん草

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の種まきで6月上旬の収穫が可能

冬が旬であるほうれん草ですが、5月の種まきでも育ちます。暑さには弱いため、春のほうれん草栽培は5月の種まきがラストチャンスですよ。ほうれん草の栽培ポイントは、土づくりにあります。酸性度を嫌うので苦土石灰をしっかり混ぜておきましょう。

ほうれん草の育て方!植え付けから収穫までの管理のコツを徹底解説!のイメージ
ほうれん草の育て方!植え付けから収穫までの管理のコツを徹底解説!
ほうれん草は栄養価が高くたくさんの料理に使われています。畑でもベランダでも家庭菜園できるのが魅力ですが、育て方がわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、ほうれん草の育て方を植え付けから収穫まで管理のコツをまとめてご紹介します。
ほうれん草を長持ちさせるための保存方法とは?上手な茹で方もご紹介!のイメージ
ほうれん草を長持ちさせるための保存方法とは?上手な茹で方もご紹介!
旬の季節に関わらず、1年を通して食べられているほうれん草。栄養豊富なこともあり、ついつい買いすぎたりしていませんか?美味しいのはもちろんですが、料理に使いやすい方法で保存できたらいいですよね。ここでは、ほうれん草の上手な茹で方と保存方法をご紹介します。
ほうれん草の茹で方・下ごしらえ方法!上手にシュウ酸を取り除くには?のイメージ
ほうれん草の茹で方・下ごしらえ方法!上手にシュウ酸を取り除くには?
ほうれん草は、非常に栄養価が高くさまざまな料理に合わせることができる人気の葉野菜です。しかし、あくの元になるシュウ酸が含まれており、調理前に下茹でをする必要があります。今回は、ほうれん草の特徴や茹で方・下ごしらえについて、シュウ酸の抜き方と併せてご紹介します。

夏のデザート準備に5月に植える野菜(2選)

夏のデザート準備に5月に植える野菜①メロン

栽培 プランター:△ 畑:○
収穫時期 5月の植え付けで7月下旬から収穫が可能

家庭菜園に慣れてきたかたは、少し難易度の高いメロンに挑戦してみてはいかがでしょうか。甘くておいしいメロンは、果菜類に分類される野菜ですね。果菜類とは、果実の部分を食べる野菜のことを指します。

メロンは野菜?それとも果物?野菜と果物の違いや見分け方もご紹介!のイメージ
メロンは野菜?それとも果物?野菜と果物の違いや見分け方もご紹介!
メロンは野菜なのでしょうか?それとも果物?実はどっちに分類されるかは、立場や定義によって変わります。どのような場合にメロンは野菜に、逆に果物に分類されるのでしょうか?同じようにまぎらわしいスイカ、いちごなどともに、違いや見分け方について調べてみました。

夏のデザート準備に5月に植える野菜②スイカ

栽培 プランター:△ 畑:○
収穫時期 5月の植え付けで7月中旬から収穫が可能

小玉スイカであればプランター栽培することもできますが、基本的には畑などで栽培するのをおすすめします。高温と強い日当たりを好み、摘心が育てるうえで重要になります。また、スイカのあの模様は日当たりによってでてくるので、ときどき動かしてあげることが必要です。

スイカの収穫時期の見極め方!種類別の食べ頃の目安や保存方法を解説!のイメージ
スイカの収穫時期の見極め方!種類別の食べ頃の目安や保存方法を解説!
スイカを栽培する時など、スイカの収穫時期のベストなタイミングが気になりませんか。大玉スイカと児玉スイカで違いはあるのでしょうか。スイカの収穫時期はいつなのか、収穫までにどれくらい日数がかかるのか、食べ頃のスイカを見極めるにはどんな方法があるのでしょうか?

おつまみにもなる5月に植える野菜(3選)

おつまみにもなる5月に植える野菜①落花生

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月の種まきで9月下旬から収穫が可能

ほかの野菜より、種まきから収穫まで時間がかかるので根気がいります。収穫した落花生は、風通しの良い場所に保管しておけば、また来年育てるときに種として使うことができます。

落花生の育て方!種まきのコツや肥料のやり方から収穫方法まで!のイメージ
落花生の育て方!種まきのコツや肥料のやり方から収穫方法まで!
落花生は家庭でも育てられます。初心者でも挑戦できるよう育て方についてご紹介します。種まきや石灰・肥料のやり方を覚えましょう。植え方や水やり方法など、落花生栽培途中に出てくる育て方の疑問も解説しています。ピーナッツの美味しい食べ方にもぜひトライしてください。

おつまみにもなる5月に植える野菜②ラディッシュ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月の種まきで6月から収穫が可能

ラディッシュは、別名ハツカダイコンとよばれるほど収穫までがはやい野菜です。実際には、収穫まで約30日かかります。3月~4月でも育てられますが、気温が低い日もあるため、収穫が30日よりかかるかもしれません。5月が最適な時期でしょう。また、早めに収穫しないと味が落ちるため、早めの収穫を心がけましょう。

ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?のイメージ
ラディッシュ(ハツカダイコン)の育て方!プランターと露地栽培ではどちらが育てやすい?
赤くまんまるで可愛いラディッシュは、別名ハツカダイコンとも言われます。ラディッシュ(ハツカダイコン)は育て方も簡単です。収穫まであっという間で、連作障害も少なく家庭菜園でも人気の野菜です。今回はプランター、露地栽培(地植え)での育て方をご紹介します。

おつまみにもなる5月に植える野菜③ショウガ

栽培 プランター:○ 畑:○
収穫時期 5月上旬の植え付けで8月から収穫が可能

真夏に収穫する若いショウガを葉ショウガと呼び、新鮮なものは生で食べることができます。体を中からあたためてくれる、疲労回復効果があるショウガを育ててみてください。

生姜ご飯の作り方!効果的に栄養摂取するコツやアレンジ方法もご紹介!のイメージ
生姜ご飯の作り方!効果的に栄養摂取するコツやアレンジ方法もご紹介!
テレビやネットで話題になっている、美味しい生姜ご飯のレシピやアレンジ方法を、まとめてご紹介します。そもそも生姜の持つ栄養成分や健康効果には、どんなメリットがあるのでしょうか?生姜ご飯は食べたいけど痩せたい、でも運動は苦手だし、とモヤモヤしている方、必見です!
生姜の育て方!植え付け・追肥のタイミングや芽出しの方法をご紹介!のイメージ
生姜の育て方!植え付け・追肥のタイミングや芽出しの方法をご紹介!
生姜を自宅で栽培しようとしても、育て方が難しいというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、生姜の育て方や植え付けや追肥のタイミングをご紹介します。あわせて3つの生姜の種類もチェックしましょう。
生姜の保存方法4選!長期保存におすすめの簡単レシピもご紹介のイメージ
生姜の保存方法4選!長期保存におすすめの簡単レシピもご紹介
生姜の保存方法は冷蔵が一般的ですが、冷凍もうまく活用することで長期保存が可能です。今回はそれぞれの保存方法のポイントを解説します。また簡単に作れるレシピも紹介。生姜を大量に消費したい方、子どもと料理作りを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は19種類の5月に植える野菜を紹介しましたが、まだまだたくさんの野菜が5月に植えられます。野菜づくりは適度な運動にもなり、育てた野菜を食べることで自分の健康にもつながりますよ。まずは、自分の好きな野菜を育ててみてくださいね。

ににおん
ライター

ににおん

子育てしながらガーデニングも楽しんでいます。なかなか目が離せない時期なので、今は最小限の植物だけ可愛がっています。ミニバラが特に好きで、毎年ひとつずつ種類を増やしています。ジジちゃんがお気に入り。読みやすく、わかりやすい記事を提供します。

関連記事

Article Ranking