猫草の育て方!季節に合わせた上手な管理方法・枯らさないためのコツは?

猫草の育て方!季節に合わせた上手な管理方法・枯らさないためのコツは?

猫が大好きな猫草は、自宅で簡単に栽培できます。猫草の育て方や、猫草が特に枯れやすい夏に、枯らしてしまわないためのコツもまとめました。育て方をご覧になり、ぜひ猫草の栽培をしてみてください。猫草の栽培キットについても紹介しています。

記事の目次

  1. 1.猫草とは?
  2. 2.初心者でも大丈夫!猫草の簡単な育て方
  3. 3.猫草の育て方のコツ
  4. 4.猫草の栽培におすすめな土を紹介!
  5. 5.再利用!猫草の栽培におすすめな容器3選!
  6. 6.猫草を簡単に栽培できる「栽培キット」
  7. 7.ペットの健康のために猫草を栽培しよう!

猫草とは?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

猫草とは、名前の通り猫の草で、主に猫のお腹に溜まった毛玉を排出させるために食べさせる草のことです。育ったものがよく販売されていますが、自分で材料を集めれば安く育てることができます。この記事では、自宅で猫草を栽培できる簡単な方法をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者でも大丈夫!猫草の簡単な育て方

Photo bybirgl

初心者でも簡単に育てることができる、猫草の育て方を紹介します。猫草の育て方は、いくつかのコツを知っていれば、難しいものではありません。これから紹介する育て方をご覧になり、猫草の栽培にチャレンジしてみてください。

必要なもの

  • 猫草の種
  • 植木鉢などの容器

猫草の育て方①容器に土を入れる

まずは植木鉢などの容器に土を入れます。後から土をまた入れるので、多すぎないようにしましょう。土は一般的な野菜用の土などで大丈夫です。

猫草の育て方②猫草の種をまく

土を入れた容器に、種をまきます。きれいに並べる必要はなく、パラパラと入れて少し多いくらいで大丈夫です。もし種の中に他のと違う色のものがあったら、取り除いておきましょう。

猫草の育て方③種が隠れるくらいに土をかぶせる

種がまき終わったら、上からまた土を入れます。種から1cmくらい上まで土を入れましょう。先ほども解説しましたが、肥料を入れる必要はありません。

ボタニ子

ボタニ子

肥料選びで悩む必要がないから、挑戦しやすいね!

猫草の育て方④水をたっぷり入れる

種と土の準備が終わったら、たっぷりと水をあげましょう。最初は土が乾燥しているので、多めに入れておくのがおすすめです。あとは種から発芽するのを待ちます。基本的に、だいたい3〜4日で発芽することが多いです。

猫草の育て方⑤風通しのよい場所に置く

発芽を待っている間は風通しがよく、直射日光に当たらないところに置いておきましょう。最初から日光に当てていると、種が腐ってしまうことがあります。ベランダに置いておく場合は日陰に、部屋に置いておく場合も直射日光が当たらないところに置きましょう。

猫草の育て方⑥水やりをしながら育てる

霧吹きを使ったり、コップなどを使って直接水やりをしたり、やりやすい方法で水やりをしましょう。透明の容器を使っていると、水の減り具合が分かるのでおすすめです。発芽したら、日光に当てて成長させましょう。たまに向きを変えて置いてあげるのもよいです。猫草はだいたい2週間もあれば十分な大きさに育ちます。

ボタ爺

ボタ爺

YouTubeに動画があるから、見てみるといいぞ。

猫草は猫以外にも!

猫草は猫の草だと思う人もいますが、鳥やうさぎ、犬でも食べることがあります。特に鳥やうさぎは好んで食べることがあるので、飼っている人はあげてみてください。鳥には豆苗もおすすめです。

ボタ爺

ボタ爺

猫の草でも、他の動物が食べることがあるんじゃな!

次のページ

猫草の育て方のコツ

関連記事

Article Ranking