マーコットとは?特徴や見分け方をご紹介!味・旬な季節・食べ方は?

マーコットとは?特徴や見分け方をご紹介!味・旬な季節・食べ方は?

マーコットは1~4月に旬を迎えるカンキツ類です。日本ではまだ知名度は低めで、産地など詳しいことはあまり知られていません。本記事では、マーコットの特徴、おいしい食べ方や、見分け方、オレンジとの違いなどについて紹介します。知られざるマーコットの魅力に迫りましょう。

記事の目次

  1. 1.マーコットとは
  2. 2.マーコットの見分け方
  3. 3.マーコットの旬はいつ?
  4. 4.日本の主な産地
  5. 5.マーコットのおいしい食べ方
  6. 6.マーコットの保存方法
  7. 7.まとめ

マーコットとは

Photo byHans

マーコットは、ミカン科の常緑低木でカンキツ類に分類されています。ミカンとオレンジを交配させた「タンゴール」という品種のひとつです。アメリカが原産で形はミカンに似ていますが、大きさや味などに違いがあります。国内で生産されているほか、産地であるオーストラリアなどの海外から輸入もされています。

マーコットの特徴

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マーコットは、小さい見た目につやのあるオレンジ色が特徴的です。手で簡単に皮がむけますが、皮が薄いため実も一緒にはがれてしまうことがあります。そのようなときは、ナイフを使って切り分ける方法がおすすめです。果肉の中には種があるため、食べるときは注意が必要です。

マーコットの味や香りは?

Photo by e_haya

マーコットからは、とてもさわやかな香りがします。味は、酸味と甘味が絶妙なバランスで、濃厚な味わいが特徴です。果汁を多く含んでおり、小粒ながら食べ応えがあります。果汁を利用してジュースを作ることも可能です。

マーコットの見分け方

Photo byPeggy_Marco

マーコットは特徴的な見た目をもつため、ほかのカンキツ類と見分け方は難しくありません。皮にはつやがあり、触り心地はつるつるとしています。カンキツ類特有の凹凸もあまり目立ちません。大きさは手のひらサイズの小ぶりで、オレンジなどと比べると一目瞭然です。

オレンジとの違いは?

Photo bypixel2013

マーコットとオレンジは、大きさのほかに、皮の厚みにも違いがあります。色もマーコットのほうが鮮やかなだいだい色です。甘味が強く、実を包んでいる袋も薄いため、むかずにそのまま食べられます。オレンジよりも食べるときが楽で、小さい子どもにも食べさせやすい点もよいところです。

ミカンとも違う?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マーコットはミカンに比べると皮がむきにくいのが難点ですが、一般的なミカンよりも果汁が濃厚で味がはっきりしています。ミカンの出荷が終わるころ、入れ替わるように店頭に並ぶため、ぜひ、食べ比べてみてください。特徴の違いがわかるでしょう。

マーコットの旬はいつ?

Photo byrawpixel

マーコットの旬は、収穫時期とほぼ同時期です。まさに食べ頃な状態のものが市場に出回っているといえます。輸入物も含めると9月頃から旬が始まります。しかし、日本で栽培されているマーコットは、収穫時期よりやや遅めの3~4月頃が旬とされています。

マーコットの収穫時期は?

Photo byaimnotboy

マーコットの収穫時期は、日本と海外では少し違いがあります。オーストラリアでは9~11月、アメリカでは1~4月が収穫の時期です。日本では1月頃に沖縄県で収穫が始まり、2~4月頃に九州で収穫時期のピークを迎えます。

収穫が遅れるとどうなる?

カンキツ類は収穫が遅くなってしまうと、傷んでしまったり、枝から落下したりします。そのほかにも「す」が入ってしまい、苦味を感じるようになってしまうのです。

おいしいマーコットの見分け方

Photo byuroburos

おいしいマーコットの見分け方は、それほど難しくありません。皮の色が鮮やかで、つやのあるものを選びます。手に持ってずっしりと重みが感じられるのも、見分ける基準のひとつです。反対に、軽くて皮に張りがなく、つやのないものは傷んでいる可能性があります。しっかりと見極めてから購入するのがよいでしょう。

おいしくないマーコットにあたってしまったら?

マーコットがおいしくないと感じられた場合、食べられるのに捨ててしまうのはもったいないことです。そんなときは、ジャムにするなど、少し手を加えるとおいしく食べられます。また、皮に含まれている成分が油汚れなどの掃除にも一役買ってくれるため、すぐに捨てずに有効活用してください。

次のページ

日本の主な産地

関連記事

Article Ranking