月桂樹(ローリエ)の花言葉!ギリシャ神話やオリンピックとの関係とは?

月桂樹(ローリエ)の花言葉!ギリシャ神話やオリンピックとの関係とは?

月桂樹(ローリエ))花言葉にはギリシャ神話が深く関わっていることをご存知でしょうか。花言葉の由来となるギリシャ神話の切ない恋話の結末とは?輝かしい花言葉が並ぶ中なぜ「裏切り」?オリンピックの勝者に贈られる冠とは?そんな月桂樹(ローリエ)について詳しく紹介します。

記事の目次

  1. 1.月桂樹とは?
  2. 2.月桂樹の名前の由来
  3. 3.月桂樹の花言葉
  4. 4.月桂樹の花言葉「裏切り」に関して
  5. 5.月桂樹の誕生花
  6. 6.月桂樹と月桂冠
  7. 7.月桂樹とギリシャ神話
  8. 8.月桂樹とオリンピック
  9. 9.まとめ

月桂樹とは?

1年中枯れることのない常緑樹

1年中葉っぱが落ちることのない常緑樹で、緑色の葉っぱの木として見かけることが多い木ですが、春には小さな花を咲かせます。雄雌の木があり、雄は白、雌は黄色の花です。またその特徴的な香りから、古代から香料や薬材としても使われていました。カレーやポトフなど煮込み料理に使うローリエといえば聞き慣れているのではないでしょうか。

乾燥させてハーブとして料理に使う

ベイリーブスホール 100g(月桂樹、ローリエ、ローレル) トルコ産 業務用 スパイス 香辛料 ハーブ コウベグロサーズ

参考価格: 980円

出典: Amazon
Amazon980円

月桂樹(ローリエ)の葉っぱが、乾燥させると、ハーブとして料理に使うことができます。生のまま使用するハーブもありますが、月桂樹(ローリエ)の生は苦味があるため、乾燥して使うのが一般的です。月桂樹(ローリエ)は常緑樹で一年中葉っぱが取れるので、料理に頻繁に使う人は育ててみてはいかがでしょうか。庭木にも使われている、初心者でも育てやすい樹です。育つと大きくなりますが、はじめのうちは小さいので鉢植えでも育てることができます。

月桂樹の基本情報

Photo bymonicore

分類 クスノキ科ゲッケイジュ属
学名 Laurus nobilis
和名 月桂樹
別名 ローリエ、ローレル、スイートベイ、ベイツリー
英名 Laurel、Baylaurel
開花時期 4〜5月
樹高 5〜10m 常緑高木
花色 白、黄
原産地 地中海沿岸

学名の「Laurus nobilisラウルス・ノビリス」のlaurはケルト語でnobilis高貴の意味です。

月桂樹の名前の由来

月桂樹の名前の由来には2つの説があるといわれています。

由来①

Laurus nobilisを訳して月桂樹となった

1つ目は、それぞれを直訳したという説です。木が中国に渡った際にLaurus nobilisを訳して月桂樹となり、明治時代にフランスから日本に渡った際に、中国の月桂樹を日本語でゲッケイジュと読みました。このことが、月桂樹の名前の由来といわれています。

由来②

Photo byDeedster

月桂樹と日本の桂(カツラ)の木が似ていたため

もう1つ目は、中国の昔話(*1)である『月桂樹』(月の桂の木)からとったという説です。同じ「桂」の字でも、中国での桂(ケイ)は金木犀(キンモクセイ)のことを指すため、日本の桂(カツラ)とは別種となります。当時、まだ名もない月桂樹が日本に渡った際に、桂(カツラ)の木に形や香りが似ていたことから、中国の昔話にちなんで、その木に「月桂樹」と名付けたという説です。

(*1)中国の昔話『月桂樹』とは「月の桂の樹を切る男」

中国の昔話とは、『中国である男が過ちを犯し、刈っても刈っても生えてくる桂の木を斧で切り続けるという罰を受けた。』というお話です。日本では、月の模様は、月でうさぎが餅つきをしている姿が一般的ですが、中国では桂(ケイ)の木を切る男の姿といわれています。

月桂樹の花言葉

月桂樹の花言葉は、月桂樹全体と、花、葉っぱによって花言葉が異なるので、それぞれをご紹介します。

月桂樹全体の花言葉

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

『栄光』『勝利』『名誉』『輝ける未来』

ギリシャ神話に登場するアポロンは太陽神として有名ですが、詩歌・音楽、芸能・芸術の神でもあります。そのアポロンの聖樹である月桂樹からつくられた月桂冠を各分野で秀でた者に贈られたことがこの花言葉の由来です。

葉っぱの花言葉

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

『死すとも変わらず』

no change till death 。こちらもギリシャ神話でアポロンが永遠の愛の証として、ダフネの一部である月桂樹からつくった月桂冠を永遠に身に付けていたことが由来です。

花の花言葉

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

『裏切り』

花色の黄色が関係しています。次に詳しく説明していきます。

月桂樹の花言葉「裏切り」に関して

なぜ裏切り?

前章のようによいイメージがある一方で、なぜ裏切りという花言葉がついているのでしょう。

Photo byStockSnap

黄色はヨーロッパでは不吉な色

ヨーロッパでは、黄色はマイナスなイメージとして扱われることがあります。(月桂樹以外の黄色い花の花言葉も同様です。)一説では、イエスキリストを裏切ったユダが、黄色い服を着ていたから、ヨーロッパでは昔から黄色は不吉を表す色とされています。中世ヨーロッパ時代に、異端者であるユダヤ教徒を差別するために黄色い服を着させていたことも、このことと関連があるといわれています。

日本では気にしなくても

しかし、それらは全てヨーロッパでの話です。日本で黄色にそれほどマイナスイメージを持っている人は少ないでしょうから、黄色=不吉と無理に捉える必要もないでしょう。

月桂樹の誕生花

  • 2/16
  • 2/28
  • 4/10
  • 5/23
  • 10/10
  • 12/9
  • 12/18

関連記事

Article Ranking