10月に植え付ける花のおすすめ品種20選!各種の特徴や花言葉を紹介!

10月に植え付ける花のおすすめ品種20選!各種の特徴や花言葉を紹介!

夏の暑さも一段落した10月、花たちにとっても過ごしやすいガーデニングの季節の到来です。この記事では、10月の植え付けに最適な花を、宿根草、一年草、ハーブ、球根、花木から数種類ずつ選びました。庭植えを前提に、各種の特徴と花言葉をあわせて20品種紹介します。

記事の目次

  1. 1.10月のガーデニング
  2. 2.10月のガーデニングのメリット
  3. 3.10月に植え付ける花:宿根草5選
  4. 4.10月に植え付ける花:一年草5選
  5. 5.10月に植え付ける花:ハーブ4選
  6. 6.10月に植え付ける花:球根植物3選
  7. 7.10月に植え付ける花:花木3選
  8. 8.まとめ

10月のガーデニング

Photo bysuetot

残暑が残りつつも過ごしやすくなった10月は、ガーデニングにも適した季節ですね。庭に足を運ぶ回数が増える方も多いのではないでしょうか。春と同様に穏やかな気候は、人にとっても過ごしやすく、作業がはかどる季節です。また10月は、園芸店の品揃えが大きく変わる時期でもあります。庭のレイアウトにあわせて購入計画を立てておくとよいでしょう。

10月に植え付ける花とは

出典;写真AC

10月に植え付ける花たちは冬越しができる植物です。これからどんどん寒くなるという季節に、庭に植え付けて成長を待つため、耐寒性にすぐれた性質をもつ植物たちといえるでしょう。これには、植え付けの10月の時点ですでに開花を始めている一年草と、冬の季節を乗り越えて春に花を咲かせる植物の2つのタイプがあります。

10月に植え付けた花が咲くのはいつ?

出典:写真AC

10月に庭に植え付ける花は、基本的に寒さに強い品種ばかりです。冬の間にある程度まで成長したのち休眠状態に入り、翌年の春にまた活動を再開させます。一年草の一部にはそのまま成長を続け、冬の季節をにぎやかな花で彩ってくれる品種もあります。春の開花状態を想定してバランスのよい庭づくりを考えましょう。

10月のガーデニングのメリット

Photo byHans

ガーデニングの作業は年間を通して必要ですが、どの季節にもメリット・デメリットがあります。春先の害虫の対処、梅雨時の雑草の抜き取り、真夏の水やりなど、できれば回数を減らしたい作業も多いことでしょう。そういった点から考えても、秋はとてもガーデニング向きの季節といえます。

作業の効率が上がる

Photo byFree-Photos

炎天下での作業や、寒さの中での庭の管理といった天候に関する面でも、秋のガーデニングは優遇されているといえるでしょう。日焼け対策もさほど必要とせず、何よりも気候が穏やかということで活動しやすくなります。土の追加や庭のレイアウトの変更など、大掛かりな作業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

虫との遭遇が少ない

Photo bykoshinuke_mcfly

秋は虫たちの活動が停滞する季節でもあります。10月ぐらいであれば庭に蚊がいることもありますが、アブラムシや青虫といった食害目的の虫たちは影を潜めます。ガーデニングにはどうしても虫がつきものですが、苦手な方もいるでしょう。寒さに向かう季節であれば、比較的虫と遭遇せずにすむ利点があります。

ボタニ子

ボタニ子

それでは次のページから、10月に植え付ける花たちのご紹介です。

次のページ

10月に植え付ける花:宿根草5選

関連記事

Article Ranking