父の日といえば黄色い花?父親へのギフトにおすすめの花を5つ紹介!

父の日といえば黄色い花?父親へのギフトにおすすめの花を5つ紹介!

母の日のカーネーションのように、父の日はバラの花が定番であることをご存知でしょうか。しかも日本では黄色いバラが定番とされています。今回は父の日の歴史や黄色いバラが定番とされている理由、父の日におすすめな花5種類をまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.父の日とは
  2. 2.父の日の起源
  3. 3.父の日に贈る花
  4. 4.父の日におすすめの花5選
  5. 5.父の日に贈る花①バラ
  6. 6.父の日に贈る花②ひまわり
  7. 7.父の日に贈る花③ガーベラ
  8. 8.父の日に贈る花④ユリ
  9. 9.父の日に贈る花⑤コチョウラン(胡蝶蘭)
  10. 10.まとめ

父の日とは

Photo byMoilanen

父の日とは、家族のために日々奮闘している父親に対して、感謝の気持ちと共にプレゼントや花束を贈る日のことです。日本では6月の第3日曜日に制定されています。親に感謝する日という意味では母の日と同じですが、制定されたのは母の日よりも少し後のことです。

1910年の6月19日に、父の日の最初の祝典が行われました。この時点で、母の日はすでに始まっています。

母の日が祝われた最初の日は、1908年5月10日とされているよ。1914年に正式にアメリカの記念日になったんだ。

国によって違う父の日

Photo byMichaelGaida

父の日といえば何日?

日本の場合、父の日といえば6月の第3日曜日ですね。しかし、じつは父の日は国によって異なっています。たとえばイタリアやスペインなどのカトリック信仰が盛んな国の父の日は3月19日です。3月19日がイエス・キリストの父である聖ヨセフの日であることから、この日を父の日としました。ドイツでは「昇天日」という国の休日が父の日です。

昇天日とは、キリストの復活を祝う「復活祭」の39日後の木曜日のことだよ。

キリストが復活後、天へあげられたことを記念するキリスト教の祝祭日です。ドイツのように国の休日に制定している国もあるんですよ。

父の日の起源

Photo bystempow

父の日を始めた人物は、ソノラ・スマート・ドッドというアメリカ人女性です。1909年に亡き父ウィリアムのために、父の誕生月である6月に礼拝したのが、父の日が生まれるきっかけになったといわれています。そしてそもそもの原因は、南北戦争の勃発にありました。

6人の子供を育て上げた父

Photo byKeelco23

ソノラがまだ幼かった頃、アメリカで南北戦争が勃発しました。父が戦争に召集されたため、ソノラを含めた6人の子供たちは母が1人で育てることになったのです。やがて戦争が終結し、父も家族のもとへ帰ってきましたが、母は長年の無理がたたって、まもなく亡くなってしまいました。以降は父が、再婚もせずに1人で子供たちを育てます。その父も、子供たちが全員成人した後に亡くなりました。

「母の日」のように

Photo bypixel2013

当時すでに、母に感謝する「母の日」が始まっていました。ソノラは自分をずっと守り育ててくれた亡き父を思い、牧師教会へ「母の日のように、父に感謝する日を作りましょう」と嘆願し、ついに1910年6月19日に、初めての父の日の祝典が行われます。この活動は次第に認められていき、1966年、アメリカは6月の第3日曜日を「父の日」と定め、1972年に正式に国の記念日としました。

母の日が記念日に制定されたのは1914年だったから、50年以上の差があるんだよ。

父の日が母の日に比べて影が薄いのも、この差の大きさが影響しているのではないかと言われています。

父の日に贈る花

父の日の定番は?

母の日にプレゼントする花といえば、真っ先に思い浮かぶのがカーネーションです。これは女性活動家アンナ・ジャービスが、亡き母が愛した白いカーネーションを、母の日の祝典に参加した人たちに配ったことに由来しています。一方、父の日はバラの花が定番です。これはソノラが父の墓前に、白いバラを供えたことに由来しています。

赤いバラと白いバラ

1910年に行われた最初の父の日の祝典では、YMCA(キリスト教青年会)の青年たちが父親を讃えるために、バラの花を身に着けて参加しました。このとき、父親がすでに故人である者は白いバラを、そして、父親が元気でいる者は赤いバラを身に着けていたと伝えられています。

これらの逸話から、アメリカでは父親が元気な場合は赤いバラの花束、故人の場合は白いバラの花束を贈るのが定番とされています。

日本の定番は黄色いバラ

Photo byCapri23auto

やがて日本にも父の日の習慣が持ち込まれ、毎年父の日を祝うようになりました。ところがアメリカと違い、日本で父の日といえば、黄色いバラが定番とされています。アメリカでは赤、もしくは白いバラをプレゼントするという風習が、日本では黄色いバラに変わったのには、日本ならではの理由がありました。

黄色は父の日のイメージカラー

日本で父の日が広く知られるようになったのは、1980年代以降のことです。この普及に貢献したのが、1981年に設立された「日本ファーザーズデイ委員会」という団体でした。この団体では家族の愛情や尊敬、幸福の象徴である黄色を父の日のイメージカラーとし、「父の日黄色いリボンキャンペーン」を開催しています。これがバラを贈る風習にも影響を与えました。

父の日のイメージカラーと、父の日の定番花が一緒になった結果が「黄色いバラ」なんだね。

他にも父の日に贈りたい花はたくさんありますよ。次ページで紹介します。

次のページ

父の日におすすめの花5選

関連記事

Article Ranking